読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高橋葉介

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
たかはし・ようすけ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1956年、長野県生まれ。77年「江帆波博士の診療室」でデビュー。『夢幻紳士』『学校怪談』、『もののけ草紙』などのシリーズで人気に。独自の「怪奇幻想マンガ」を描き続ける。2013年には『文藝別冊/KAWADE夢ムック 総特集高橋葉介 怪奇幻想マンガの第一人者』が発売された。

「高橋葉介」のおすすめ記事・レビュー

おぞましくも魅力的な恐怖の世界 「クトゥルー神話展」開催

おぞましくも魅力的な恐怖の世界 「クトゥルー神話展」開催

H・P・ラブクラフトによって生み出された「クトゥルー神話」。その独特の世界観は、いままで多くの小説や映像作品などに影響を与えてきており、最近ではライトノベルにもその世界を取り入れた作品が生まれ、多くの支持を得ているなど、根強い人気を持つ。

今回、その魅力的な恐怖を、個性豊かな作家たちが表現する「クトゥルー神話展 Cthulhu Mythos Exhibition 2014」が、2014年5月13日(火)より、東京・銀座スパンアートギャラリーで開催される。

ガンダムシリーズのプラモデルパッケージや、ウルトラシリーズなどの特撮作品の映像ソフトパッケージなどで知られ、「怪獣絵師」ともよばれる開田裕治氏キュレーションの元、平面、立体、さらにはジャンルを超えた活動を行う、さまざまな作家が集う展覧会となっている。

《平面イラストレーション》 アオガチョウ、浅沼テイジ、開田裕治、添田一平、高橋葉介、槻城ゆうこ、Deino、とやまみーや、長尾紘子、永野のりこ、西川伸司、藤ちょこ、丸山浩、緑川美帆、山本タカト、夢路キリコ

《立体造形》 CLICK CRACK(中澤忠幸)、…

全文を読む

漫画家・高橋葉介さんが初の個展を開催

漫画家・高橋葉介さんが初の個展を開催

 怪談専門誌『幽』で好評連載中の漫画家・高橋葉介さんの初の個展が、2012年11月20日(火)から、東京・銀座スパンアートギャラリーで開催される。  個展では、書き下ろし原画や貴重な漫画原稿、ネームなどが展示され、会場ではポスター、ポストカードなども販売される。

 また11月24日(土)には同会場でサイン会が開催される。参加希望者にはサイン会当日展覧会場にて新刊書籍、ポスター、ポストカードなどを購入すると整理券が配布される。

●個展概要 「高橋葉介 個展」 会期:2012年11月20日(火)~12月1日(土) 日曜休廊 時間:11:00~19:00 (最終日17:00まで)  会場:東京・銀座スパンアートギャラリー    ●サイン会概要 日時:2012年11月24(土) 16:00~19:00 参加方法:サイン会当日展覧会場にて新刊書籍、ポスター、ポストカードなどを購入すると整理券が配布される

⇒「高橋葉介 個展」詳細ページ(スパンアートギャラリー) ⇒高橋葉介公式サイト

全文を読む

「高橋葉介」のおすすめ記事をもっと見る

「高橋葉介」のレビュー・書評をもっと見る

「高橋葉介」の本・マンガ

夢幻紳士 回帰篇

夢幻紳士 回帰篇

作家
高橋葉介
出版社
早川書房
発売日
2009-10-23
ISBN
9784152090799
作品情報を見る
怪盗ミルク

怪盗ミルク

作家
高橋葉介
出版社
早川書房
発売日
2012-01-01
ISBN
9784152092694
作品情報を見る

「高橋葉介」人気の作品ランキングをもっと見る

「高橋葉介」の関連画像・写真

「高橋葉介」の関連画像・写真をもっと見る