読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高畑充希

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たかはた・みつき

プロフィール

最終更新 : 2018-09-07

1991年、大阪府出身。2005年、ミュージカルのオーディションに合格し女優デビュー。07年から12年までミュージカル『ピーターパン』の主演を務める。映画やドラマへと活動の場を広げ、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年)では主演に抜擢。映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

「高畑充希」のおすすめ記事・レビュー

「イケおじ好きにはたまらない!」高畑充希主演ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話に反響続出

「イケおじ好きにはたまらない!」高畑充希主演ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話に反響続出

『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』(加藤実秋/KADOKAWA)

 2019年1月11日(金)に、ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話が放送された。1つ屋根の下で暮らす個性豊かな元刑事たちは、「面白いオジ様ばかりで最高!」「イケおじ好きにはたまらないドラマ」と話題になっている。

 同ドラマの原作は、加藤実秋の推理小説『メゾン・ド・ポリス』シリーズ。第1話で描かれたのは、公園で焼死体が発見された事件。事件の犯行手口が5年前に起きた「デスダンス事件」と酷似しており、新米刑事の牧野ひより(高畑充希)は当時事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)に話を聞きに行くことに。

 夏目が住んでいるという高級住宅街にある古びた洋館を尋ねると、ひよりを出迎えたのは5人のおじさん達。元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、そして元警務課の高平厚彦(小日向文世)は、「メゾン・ド・ポリス」と呼ばれるこの館でシェアハウスをしていた。

 使用人として彼らと生活している夏目は、捜査に協…

全文を読む

大泉洋がワガママを連発! 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」特報に大反響

大泉洋がワガママを連発! 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」特報に大反響

 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」が2018年12月28日(金)に公開決定。特報映像とティザービジュアルも解禁され、「こんな人がいたら大変だけど絶対楽しい!」「映画館で笑い止まんなそうwww」と大反響が巻き起こっている。

 渡辺一史による『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』が原作の同映画。医学生・田中は筋ジストロフィーを患ったワガママ男・鹿野靖明と知り合うが、余りの“王様ぶり”にてんてこ舞い。しかし鹿野は病気に向き合い素直に生きており、どこか憎めない存在だった。そんな中、新人ボランティア・美咲に惚れた鹿野は、ラブレターを渡すため田中に代筆を依頼することに。だが田中は美咲と付き合っており、奇妙な三角関係は様々な人を巻き込んでいき―。

 鹿野役には大泉洋が抜擢され、田中役を三浦春馬、美咲役を高畑充希が務める。また田中の父親で、大手病院の院長・田中猛を佐藤浩市が演じることも発表された。

 公開されたティザービジュアルには、バナナを持っている鹿野、美咲、田中が登場。「ワガママ、おしゃべり、自由すぎ!」「でも、まっすぐ生…

全文を読む

星野源、高橋一生、高畑充希出演!『引っ越し大名三千里』映画化に大反響!

星野源、高橋一生、高畑充希出演!『引っ越し大名三千里』映画化に大反響!

『引っ越し大名三千里』(土橋章宏/角川春樹事務所)

 土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』が星野源主演で映画化することが決定。共演者には高橋一生や高畑充希の名前も連なり、「源さんと一生さんとか嬉しすぎる!」「3人ともいい演技してくれそうで楽しみ!」と歓喜の声が上がっている。

 同作は、生涯に7回も国替えを命じられた大名・松平直矩をモデルに生み出された物語。国替えとは大名として納める土地を移ることであり、松平は国替えのたびに大規模な引っ越しを余儀なくされる。映画では度重なる国替えで借金まみれとなった松平の元に、今までで一番遠方へ国替えするように命令が。資金不足に悩んだ松平は、姫路藩書庫番の片桐春之介に白羽の矢を立てた―。

 星野が演じる片桐は、書庫番としていつも書庫に引きこもっている“引きこもり侍”。人と接するのが苦手なため周囲からは「かたつむり」と呼ばれているが、松平により“引っ越し奉行”に仕立て上げられて奮闘することになる。星野は今回の役について、「“引きこもり侍”だと聞き、楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました」とコメント。高橋は片…

全文を読む

大泉洋が最強のワガママ&愛され男役に! 笑いと涙の実話『こんな夜更けにバナナかよ』実写映画化!

大泉洋が最強のワガママ&愛され男役に! 笑いと涙の実話『こんな夜更けにバナナかよ』実写映画化!

 渡辺一史の『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』の実写映画化が発表された。笑って泣ける感動作として注目を集めた同作の映画化に、ファンの間では「実写化されるの!? キャストも中々いい感じ」「これは中々熱い展開だな」と話題になっている。

 主人公は体が不自由で、ボランティアや家族に支えられながら暮らしている鹿野靖明(大泉洋)。夜中に「バナナが食べたい!」と言い出すなど王様のようなわがままぶりだが、自分に素直な姿が憎めない愛される存在だった。そんなある日、鹿野は新人ボランティアの安堂美咲(高畑充希)に惚れ、同じボランティアの田中久(三浦春馬)にラブレターの代筆を依頼。しかし、久と美咲はつき合っていて……。

 モデルとなった鹿野は、12歳の時に「筋ジストロフィー」という筋肉が徐々に衰える難病を発症。今回の役柄について大泉は「脚本を読ませて頂いて、まず鹿野靖明という人の生き様に衝撃を受けました」とコメントし、鹿野が愛された理由を考えながら真摯に演じたいと語っている。

 原作は、「第35回大宅壮一ノンフィクション賞」と「第25回講談社ノ…

全文を読む

福士蒼汰の相棒“猫”の声は高畑充希に! 映画「旅猫リポート」特報解禁に大反響

福士蒼汰の相棒“猫”の声は高畑充希に! 映画「旅猫リポート」特報解禁に大反響

 2018年10月26日(金)から公開される映画「旅猫リポート」のティザービジュアル&特報が解禁され、ファンから「特報だけで涙が止まらない」「今年1番楽しみな映画になりました」と大反響が巻き起こっている。

 同映画の原作は2012年に発表されて以降、舞台・ラジオドラマ・絵本・朗読劇とメディアミックスされてきた有川浩の同名小説。映画化では、心優しい青年・悟と彼に救われた元野良猫・ナナが“ある事情”を理由に旅へと出かける姿が描かれていく。今回の情報解禁に合わせて、女優・高畑充希がオス猫ナナの“心の声”を務めていることも発表された。

 特報では、福士蒼汰演じる悟から声をかけられて振り向くナナの姿からスタート。一見仲良しのように見える1人と1匹だが、ナナが「甘ったれるな」という心の声とともに悟の足元から歩き去る“ツンデレ”な場面も。また、「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」というナナの心の声に続いて、映像の最後は菜の花畑でナナを抱きしめた悟の「俺の最後の猫がナナで良かった」という意味深なナレーションで幕を閉じている。

 ティザービジュアルでは悟とナナの姿がフ…

全文を読む

テレ東が新年から飯テロ! 高畑充希主演で『忘却のサチコ』ドラマ化決定にファン歓喜!

テレ東が新年から飯テロ! 高畑充希主演で『忘却のサチコ』ドラマ化決定にファン歓喜!

(C)阿部潤・小学館/「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」製作委員会

 阿部潤の人気マンガ『忘却のサチコ』が高畑充希主演でスペシャルドラマ化され、2018年1月2日(火)に放送されることが分かった。この発表にファンからは「最高のお年玉キタコレ!」「充希ちゃんの目力に引き込まれる~」と大きな反響が巻き起こっている。

 主人公の佐々木幸子は、常に冷静で完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と一目置かれる存在。結婚も決まり、仕事も私生活も完璧になるはずだったが結婚式当日に新郎・俊吾が“逃亡”してしまう。幸子は逃げた新郎の事を「忘れるため」に美味しいモノを探し求めて奔走。同作は“生真面目アラサ―文芸誌編集者”が全力で「美味いモノ」と向き合い、時に暴走する絶品グルメ・コメディーとなっている。

(C)阿部潤・小学館/「ドラマスペシャル 忘却のサチコ」製作委員会

 サチコを演じるのは、絶大な支持を受け第一線を走り続ける女優・高畑充希。テレビ東京のドラマ初主演にして、新たな“グルメドラマ”に挑む高畑は同作の見所について「食べている時のナレーションのテンポとテンションの高さが好…

全文を読む

堺雅人&高畑充希、初共演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」予告編に期待の声「一気に引き込まれた」

堺雅人&高畑充希、初共演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」予告編に期待の声「一気に引き込まれた」

 西岸良平の人気マンガを実写映画化した「DESTINY 鎌倉ものがたり」の予告編が公開された。VFXをふんだんに盛り込んだ映像に「なにこの映像すごく楽しそう!」「妖怪とか神様がいっぱい出てきてワクワクする!!」と大きな反響が起こっている。  原作マンガ『鎌倉ものがたり』は人間が“妖怪”や“神様”、“幽霊”などといった存在と共存する世界を描くファンタジー。鎌倉に住む作家・一色正和と、東京から正和の妻として嫁いできた亜紀子を主人公に、鎌倉の“不思議な世界”が描かれ、映画では一色夫婦を堺雅人と高畑充希が演じている。

 公開された予告編では、江の島をバックに正和が車を運転しながら「鎌倉は不思議なところでね、東京と時間の進み方が違う」と亜紀子に説明。軒先をカッパが小走りに駆け抜けていき、「いまのなに?」と驚く亜紀子に対して、正和はあっけらかんと「ただのカッパだろ?」と答える。「ここは鎌倉だぜ?」という言葉通り、予告編には“人ならざるもの”が大挙して登場。「こんなファンタジーが観たかった!」「映像がすごくて予告編の段階で一気に引き込まれた」「カッパや物の怪たち…

全文を読む

神山健治監督初のオリジナル長編『ひるね姫』公開記念!「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」…神山監督作品勢ぞろいの「神山祭」開催中!

神山健治監督初のオリジナル長編『ひるね姫』公開記念!「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」…神山監督作品勢ぞろいの「神山祭」開催中!

(C)2017 ひるね姫製作委員会

 「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」など重厚な世界設定を構築し、人間ドラマを描いてきた神山健治。同氏が原作・脚本・監督を担う初の劇場オリジナルアニメーション映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」が、2017年3月18日(土)に公開される。

 同作の公開を記念して、「神山祭」と題して1月1日(日)~3月31日(金)の間、対象の動画配信サイトで神山が手掛けてきた傑作の数々が一挙配信されることが決定した。  すべてを知るために、私は眠る―。岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なことは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。そして2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はい…

全文を読む

「高畑充希」のおすすめ記事をもっと見る

「高畑充希」のレビュー・書評をもっと見る

「高畑充希」の本・小説

高畑充希写真集『ユメクイサバク』

高畑充希写真集『ユメクイサバク』

作家
高畑充希
高橋ヨーコ
出版社
宝島社
発売日
2016-12-22
ISBN
9784800263865
作品情報を見る

「高畑充希」人気の作品ランキングをもっと見る

「高畑充希」の関連画像・写真

「高畑充希」の関連画像・写真をもっと見る