読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

黒田夏子

職業・肩書き
作家
ふりがな
くろだ・なつこ

「黒田夏子」のおすすめ記事・レビュー

その日、受賞者たちの心境は? 第148回芥川賞・直木賞会見レポート

その日、受賞者たちの心境は? 第148回芥川賞・直木賞会見レポート

 16日、第148回芥川賞・直木賞(日本文学振興会)の選考が行われ、芥川賞に黒田夏子氏『abさんご』(早稲田文学)、直木賞に朝井リョウ氏『何者』(新潮社)と安部龍太郎氏の『等伯』(日本経済新聞出版社)が選ばれた。

選考の会場となったのは、東京・築地の料亭「新喜楽」。はじめに芥川賞の結果が発表され、選考委員の堀江敏幸氏が講評をおこなった。

芥川賞 黒田夏子『abさんご』

「今回の選考は議論としても非常に楽しく、濃密な時間だった」と振り返った堀江氏は、受賞した黒田夏子氏の『abさんご』について、「横書きを用いることで、ひらがなの暴力性があらわれ、(読者を)何度も文章の前に立ち止まらせる力のある、非常に洗練された美しい作品である」と評価し、話題となっていた最年長受賞者であることについては、「不思議と話題になることはなかった。作品についてはむしろみずみずしいという評価もあった」と語った。

「(私の作品のように)他にもたくさんの隠れている作品を見つけられるきっかけになるのなら、それが私の役割なのかもしれないと思い、喜んでお受けいたしました。生きている間に見つけて…

全文を読む

第148回芥川賞は黒田夏子『abさんご』、直木賞は朝井リョウ『何者』と安部龍太郎『等伯』が受賞

第148回芥川賞は黒田夏子『abさんご』、直木賞は朝井リョウ『何者』と安部龍太郎『等伯』が受賞

(写真右・黒田夏子氏)

 第148回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は黒田夏子氏『abさんご』に、直木賞は2作品選ばれ朝井リョウ氏『何者』と安部龍太郎氏『等伯』にそれぞれ決定した。

 芥川賞選考委員の堀江敏幸氏は受賞作『abさんご』について「非常に洗練された小説だった」と語り、直木賞選考委員の北方謙三氏は、朝井リョウ氏の『何者』について「きわめて現代的な青春小説だった」、安部龍太郎氏の『等伯』については「この受賞をきっかけに大きな変化があるだろう」と語った。

 授賞式は2月に都内で行われる予定。

 直木賞受賞の2作品は単行本がすでに発売されている。芥川賞の『abさんご』は1月19日に単行本化され文藝春秋より刊行される。

【第148回 芥川賞・直木賞】

芥川賞

『abさんご』  黒田夏子/文藝春秋/1260円

75歳の「新人女性作家」のデビュー作。蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて、「早稲田文学新人賞」を受賞した表題作「abさんご」。全文横書き、かつ「固有名詞」を一切使わないという日本語の限界…

全文を読む

「黒田夏子」のおすすめ記事をもっと見る

「黒田夏子」のレビュー・書評をもっと見る

「黒田夏子」の関連画像・写真

「黒田夏子」の関連画像・写真をもっと見る