KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今市子

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
いま・いちこ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

4月11日生まれ。富山県氷見市出身。血液型はAB型。東京女子大学文理学部卒業。愛鳥家としても知られる。森川久美などのアシスタントを務めた後、1993年に「コミック・イマージュVol.6」(白夜書房)にて『マイ・ビューティフル・グリーンパレス』(コミック・イマージュ)で漫画家デビュー。1995年から漫画雑誌「ネムキ」(朝日ソノラマ)のVOL.23にて『百鬼夜行抄』の連載をスタート。「ネムキ」は2013年に1月号で終了したが、2013年4月に創刊された「ネムキ」の後継誌となる「Nemuki+(ネムキプラス)」(朝日新聞社)で引き続き連載を継続。2013年の時点で、コミックス累計発行部数460万部を突破し人気シリーズとして知られている。

『百鬼夜行抄』は、妖怪が見える主人公がテーマのストーリーで、シリアスでありながらユーモラスに描かれているのが特徴。2006年に「第10回文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門にて優秀賞を受賞、緻密に計算された会話などに独自の時空間があること、絵の技術や構成力などを評価された。2002年にドラマCDが発売、2003年と2006年に舞台作品が生まれ、2007年にはTVドラマ化された。朝日コミック文庫から文庫版も出版。

また、漫画雑誌「花音」(芳文社)にて『あしながおじさん達の行方』や『楽園まであともうちょっと』を連載するなど、BL作品も多く執筆している。そのほか、代表作のひとつである『文鳥様と私』は、ペットの文鳥について描いたエッセイコミックで、2019年3月に第19巻が発売。『幻月楼奇譚』も大人気シリーズ。コミックスのほかドラマCDも販売されている。

「今市子」のおすすめ記事・レビュー

『ダ・ヴィンチ』2月号「作家生活20周年 島本理生の祈り」特集番外編

『ダ・ヴィンチ』2月号「作家生活20周年 島本理生の祈り」特集番外編

編集M

「えっ島本さんってもうデビュー20周年なの!?」と驚いた方が多いと思います。私も企画しながらびっくりしました。たしかに振り返ってみれば、島本さんの小説を初めて読んだのはまだ高校生の時でした。いつか自分もこんな切実な恋をするのだろうか、と妄想していた日々……。

 島本さんは、デビュー2作目の『リトル・バイ・リトル』が芥川賞にノミネートされて以降、純文学とエンターテインメント小説どちらの賞の候補にもなりながら、2018年に直木賞を受賞された、非常に稀有な作家さんです。

 作家人生を振り返ったロングインタビューでは、ご自身を追い込んでいた20代の頃や、小説のジャンルに対する意識、これから学びたいことや現在進行中の新企画について、たっぷり語っていただきました。

 20周年お祝いコメントからは、島本さんの幅広い活動が明らかに! 小説家業はもちろん、作家ライブイベントに出演されたり、写真集でコラボレーションされたり。それぞれ違った切り口のメッセージを通して、島本さんのいろいろな顔が見えてきます。

2月には直木賞受賞作『ファーストラヴ』の実写映画の公開が控え…

全文を読む

今、どんな絵本が生まれてる? 大人も子どもも絵本が好き!

今、どんな絵本が生まれてる? 大人も子どもも絵本が好き!

編集S.K.

 子どもの頃読んでもらった懐かしい絵本、子どもだけでなく大人も楽しめる絵本……。毎年たくさんの絵本が店頭に並びます。私は40代なのですが、残念ながら身近に絵本対象年齢の小さな子がいなくて、毎年たくさんの新作が刊行されているにもかかわらず絵本の世界から遠ざかっていました。知人におめでたい話があり、プレゼントは絵本がよい、と言われたとき、あれ?今ってどんな作家さんの作品が刊行されているんだろう?と急いで本屋さんに偵察にいったのです。  そこは私の知らない素敵な作品がたくさん……!! 私も子どもの頃読んだロングセラー作品はもちろん、いまの子どもたちのために描かれたたくさんの絵本が、子どもたちを待っていました。  今回は、そんな現在活躍中の絵本作家さん、新進気鋭の絵本作家さんからお話を伺っています。それぞれの絵本から1点イラストをお借りして、インタビューとともに掲載させていただきました。絵本がどうやって生まれたのか、というお話とともにイラストも堪能していただければと思います。  たくさんの新しい才能が、子どもたちのために作品を描いています。…

全文を読む

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」

編集M

 今号の第2特集はTravis Japan!

 メンバーには、好きな本を手に表紙も飾っていただきました。

 さて、この特集番外編では、なぜTravis Japanの特集を組むことになったかの経緯を少しお話させえもらえたら幸いです。

 きっかけは昨年秋に遡ります。

 ある日上司から突然「『虎者』の取材にいかない?」と提案されました。『虎者』は「Travis Japan」の主演舞台。

……トラヴィス・ジャパン……!??

(特集でマンガを描いていただきましたすぎやまさんと同じ状態)

 私は弊誌で主に芸能を担当しておりますが、当時、以前弊誌で連載してくださっていた、A.B.C-Zの担当の編集者が別にいたこともあり、いわゆる「アイドルグループ」を全く知らない編集でした。

「了解です~」と取材日当日、会場でお会いできたのがメンバーの一人、川島如恵留さんでした。当時金髪の彼は、全身銀色の衣装に身を包み、すっと伸びた姿勢がきれいだったことを覚えています。また川島さんは弊誌をよく読んでくださっているらしく、取材が本当にうれしいです! と何度も何度もお話してくださいました。…

全文を読む

デビュー50周年! 山岸凉子「まだ見ぬ自分を求めて」特集番外編

デビュー50周年! 山岸凉子「まだ見ぬ自分を求めて」特集番外編

「マンガは私そのもの」と語る、その人生とは 編集I

1969年に21歳でデビュー、少女マンガ界にさまざまな変革をもたらしてきた山岸凉子さんが、今年デビュー50周年を迎えました。

山岸さんは『ダ・ヴィンチ』誌上で2000年11月号から約10年にわたって『テレプシコーラ/舞姫』を連載、本作は『アラベスク』以来の長編バレエマンガとして話題を呼び、2007年に手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。その後も数種の長短編を『ダ・ヴィンチ』で発表、その作品は雑誌のカラーにも影響を与えてきました。 山岸さんにはこれまでも種々のインタビューや対談にご協力をいただいてきましたが、特集は『テレプシコーラ/舞姫』の第一部完結記念として企画した2007年3月号以来、約12年半ぶりということになります。

 本特集の内容は――。

1)川上未映子さん、穂村弘さんによる『日出処の天子』対談 山岸ファンのお二人が、代表作『日出処の天子』について、多種多様な観点から分析した濃密な対談。1980年に発表された本作が、少女マンガ史における大傑作として多くの読者を魅了しつづけている、その理由がわかり…

全文を読む

注目の新刊 『鏡花あやかし秘帖 鏡花迷宮』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『鏡花あやかし秘帖 鏡花迷宮』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

時は明治、ほの暗い時代の不思議な事件を、作家・泉鏡花が解き明かしてゆく——。大人気「鏡花あやかし秘帖」シリーズ待望の最新刊。ドラマCD化を記念した小説「幽冥の館」に加え、今市子の描き下ろしコミック「乱れる花の吐息にも似て」も収録。

全文を読む

妖マンガの決定版!妖魔と青年・律の出会いの物語

妖マンガの決定版!妖魔と青年・律の出会いの物語

『百鬼夜行抄』が今、盛り上がっている。1995年の連載開始当初から大人気作品なわけだが、とくにこの10月はすごいのである。 まず、10月12日発売の『Nemuki+11月号』で連載100話を達成。8日には待望の最新22巻も発売。そして、今市子もデビュー20周年だ。 それを記念して、特装版やサイン会など楽しみな企画もいっぱい。本誌も『百鬼夜行抄』の魅力を、あらためてたっぷりご紹介したい。

律と妖魔の澄んだ心 そして家族の歴史に触れる

(c)今 市子/朝日新聞出版

 言うまでもなく『百鬼夜行抄』は妖マンガの最高峰の一つだ。連載18年にして、ついに連載100話を達成。もちろんマンネリズムとはほど遠く、今市子の描く世界はつねに美しく濃密だ。  妖魔を見、その心を感じることのできる青年・飯嶋律。さまざまな妖魔と彼の出会いがこの作品の主軸だ。なぜ妖魔はそこにいるのか? 何を求めて嘆くのか? そして何を愛するのか? 恐ろしいホラー、巧妙なミステリー、ときに喜劇……物語は多彩に展開する。  律は強い霊力を持つが、妖魔を退治するわけではない。探偵でもない。むしろ優れた…

全文を読む

2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

昨年下半期によく読まれた人気レビューランキング。 今回はコワ~いホラー・怪談小説、漫画を紹介するラコよ! ぶっくらこは3位の『しりこだま』に登場する 河童の川太郎にシンパシーを感じちゃうラコ~。

  2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

相当えぐい…! でも結末は哀切な、 鬼才の連作怪談集  

『怪奇無尽講』 飯野文彦/双葉社/630円 (レビュアー:朝宮運河) えぐいんだろうなあ、飯野文彦さんだもんなあ、怖いんだろうなあ、と思って読んだら実際にえぐくて怖かった、という1冊。 貧しい農村の独身男のもとに嫁いできた女は、身長180センチ強、体重110キロを超える巨体の持ち主でした。顔は猿の尻のように赤黒く、どこに目鼻があるか解らないくらいにむくんでいます。そのあまりにも異様な風体に、村人たちは呆気に取られ…(続きを読む)

(=・오・=)<えぐいのは苦手ラコ…

  

「鳥葬」食べやすいように遺体を切り刻む男達… 圧倒的な筆致で描かれた短編集  

『鳥葬の山』 夢枕獏/文藝春秋/368円(レビュアー:中國卓郎) 本書「鳥…

全文を読む

「今市子」のおすすめ記事をもっと見る

「今市子」のレビュー・書評をもっと見る

「今市子」の本・マンガ

百鬼夜行抄 21

百鬼夜行抄 21

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-02-28
ISBN
9784022929457
作品情報を見る
百鬼夜行抄 19 (朝日コミック文庫)

百鬼夜行抄 19 (朝日コミック文庫)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2022-02-18
ISBN
9784022690807
作品情報を見る
百鬼夜行抄 18 (朝日コミック文庫)

百鬼夜行抄 18 (朝日コミック文庫)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-03-06
ISBN
9784022690791
作品情報を見る
月影の長城 (eyesコミックス)

月影の長城 (eyesコミックス)

作家
今市子
出版社
ホーム社
発売日
2018-06-25
ISBN
9784834264135
作品情報を見る
百鬼夜行抄 12 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

百鬼夜行抄 12 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2007-10-01
ISBN
9784022130464
作品情報を見る
百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (29) (Nemuki+コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-10-20
ISBN
9784022143310
作品情報を見る
百鬼夜行抄 (31) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (31) (Nemuki+コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2024-04-05
ISBN
9784022143938
作品情報を見る
百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)

百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-10-07
ISBN
9784022671974
作品情報を見る

「今市子」人気の作品ランキングをもっと見る

「今市子」の関連画像・写真

「今市子」の関連画像・写真をもっと見る