KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今村夏子

職業・肩書き
作家
ふりがな
いまむら・なつこ

ジャンル

「今村夏子」のおすすめ記事・レビュー

第161回芥川賞は今村夏子の『むらさきのスカートの女』に、注目の直木賞は大島真寿美の『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』に決定!

第161回芥川賞は今村夏子の『むらさきのスカートの女』に、注目の直木賞は大島真寿美の『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』に決定!

 第161回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月17日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川龍之介賞」は今村夏子の『むらさきのスカートの女』に、「直木三十五賞」は大島真寿美の『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』に決定した。

【第161回芥川賞受賞作品】

『むらさきのスカートの女』(今村夏子/朝日新聞出版)

【あらすじ】 近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない“わたし”は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』、『星の子』が芥川賞候補となった著者による新作中篇。

【プロフィール】 今村夏子(いまむら なつこ)●1980年広島県生まれ。2010年「あたらしい娘」で太宰治賞を受賞。「こちらあみ子」と改題、同作と新作中短編「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』で2011年に三島由紀夫賞受賞。2017年『あひる』で河合隼雄物語賞、『星の子』で野間文芸新人賞を受賞。

【第161回直木賞受賞作品】

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島真寿美/文藝春秋)

【あら…

全文を読む

「今村夏子」のおすすめ記事をもっと見る

「今村夏子」のレビュー・書評をもっと見る

「今村夏子」の本・小説

木になった亜沙 (文春文庫)

木になった亜沙 (文春文庫)

作家
今村夏子
出版社
文藝春秋
発売日
2023-04-05
ISBN
9784167920227
作品情報を見る
父と私の桜尾通り商店街 (角川文庫)

父と私の桜尾通り商店街 (角川文庫)

作家
今村夏子
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-01-21
ISBN
9784041118962
作品情報を見る

「今村夏子」人気の作品ランキングをもっと見る

「今村夏子」の関連画像・写真

「今村夏子」の関連画像・写真をもっと見る