読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

佐藤亜紀

職業・肩書き
作家
ふりがな
さとう・あき

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1991年
『バルタザールの遍歴』第3回日本ファンタジーノベル大賞
2003年
『天使』平14年度芸術選奨文部科学大臣新人賞
2008年
『ミノタウロス』第29回吉川英治文学賞新人賞

「佐藤亜紀」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

立場や時代に翻弄されてもしなやかに生きる人々の、輝ける魂を描き出す──佐藤亜紀最新作『喜べ、幸いなる魂よ』

立場や時代に翻弄されてもしなやかに生きる人々の、輝ける魂を描き出す──佐藤亜紀最新作『喜べ、幸いなる魂よ』

『喜べ、幸いなる魂よ』(佐藤亜紀/KADOKAWA)

 世界が感染症の流行に振り回されて、もう2年ほどになる。仕事で会議をしたくても、友人と食事をしに出かけたくても、なかなかままならない状況だ。ふとそんな日々に疲れていることを自覚したときに、手に取ってほしい書籍がある。『喜べ、幸いなる魂よ』(佐藤亜紀/KADOKAWA)という作品だ。

 舞台は18世紀ベルギー、主人公のヤン・デ・ブルークは、亜麻糸商だった亡き父の相棒ファン・デール氏に引き取られ、フランドル地方の小都市シント・ヨリスに移り住んだ。ファン・デール氏には、恐ろしく頭のいい子供がいた──未晒しの亜麻糸のような髪をお下げにした少女、ヤネケだ。彼女の知的好奇心は、数学、生物学、経済学など多岐にわたって発揮され、血液循環の確認のために指のつけ根を糸で縛り上げるなど、みずからの身体を使った実験をするまでに至った。

 彼女の視線は目の前の兎に向けられている。(中略)  エデンの園で、とヤネケは言い始める。「兎は交尾をしなかったのかな」 「したんじゃないの。増えろって言われていたんだから」 「だったら、ア…

全文を読む

「佐藤亜紀」のレビュー・書評をもっと見る

「佐藤亜紀」の本・小説

スカートのアンソロジー (光文社文庫)

スカートのアンソロジー (光文社文庫)

作家
朝倉かすみ
北大路公子
佐藤亜紀
佐原ひかり
高山羽根子
津原泰水
中島京子
藤野可織
吉川トリコ
出版社
光文社
発売日
2022-08-09
ISBN
9784334794019
作品情報を見る
朝倉かすみリクエスト! スカートのアンソロジー

朝倉かすみリクエスト! スカートのアンソロジー

作家
朝倉かすみ
北大路公子
佐藤亜紀
佐原ひかり
高山羽根子
津原泰水
中島京子
藤野可織
吉川トリコ
出版社
光文社
発売日
2021-08-24
ISBN
9784334914202
作品情報を見る
皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

作家
皆川博子
綾辻行人
有栖川有栖
石井千湖
井上雅彦
伊豫田晃一
宇野亞喜良
岡田嘉夫
恩田陸
佳嶋
北原尚彦
北村薫
日下三蔵
久世光彦
倉田淳
黒田夏子
小森収
近藤史恵
今野裕一
齋藤愼爾
坂野公一
佐藤亜紀
篠田節子
篠田真由美
新保博久
須賀しのぶ
千街晶之
竹本健治
建石修志
垂野創一郎
千早茜
中川多理
西崎憲
服部まゆみ
鳩山郁子
東雅夫
深緑野分
松田青子
宮木あや子
門賀美央子
柳川貴代
山科理絵
山田正紀
山本ゆり繪
島村理麻
光森優子
小口稔
鈴木一人
小塚麻衣子
古市怜子
戸井武史
秋月透馬
河出書房新社編集部
林由紀子
出版社
河出書房新社
発売日
2018-05-24
ISBN
9784309026749
作品情報を見る
ミノタウロス (角川文庫)

ミノタウロス (角川文庫)

作家
佐藤亜紀
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-18
ISBN
9784041117798
作品情報を見る
戦争の法 (新潮文庫)

戦争の法 (新潮文庫)

作家
佐藤亜紀
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784101317120
作品情報を見る

「佐藤亜紀」人気の作品ランキングをもっと見る

「佐藤亜紀」の関連画像・写真

「佐藤亜紀」の関連画像・写真をもっと見る