読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

沙村広明

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
さむら・ひろあき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1970年生まれ、千葉県出身。93年、アフタヌーン四季賞に『無限の住人』を投稿し四季大賞を受賞。同作をその後19年にわたり連載。97年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、2002年に米国でウィル・アイズナー漫画業界賞最優秀国際作品賞を受賞。月刊誌『アフタヌーン』にて『波よ聞いてくれ』を、隔月刊誌『ネメシス』にて『ベアゲルター』を連載。

「沙村広明」のおすすめ記事・レビュー

【ダ・ヴィンチ2017年4月号】目次をチェック!

【ダ・ヴィンチ2017年4月号】目次をチェック!

●特集1 デビュー20周年! スガ シカオに捧ぐ!

◎撮り下ろし! @さいたまスーパーアリーナ ◎ダ・ヴィンチ登場から20年。 スガ シカオ ロングインタビュー&読書遍歴 ◎「私の愛するスガ シカオ」 浦沢直樹/鈴木有布子/もすこ ◎[書き下ろし小説] 森 晶麿 ◎スガフェス!企画 ◎[特別対談]新海 誠×スガ シカオ  ポルノグラフィティ×スガ シカオ ◎[インタビュー] 稲川淳二 ◎[アンケート] スガ シカオのここが好き!

●特集2 連載19年の大作時代劇『無限の住人』が映画化! 世界(マンガ)は女が回してる 沙村広明

◎映画『無限の住人』インタビュー 木村拓哉(主演)/三池崇史(監督) ◎沙村広明が描く「理想の女」 ①『無限の住人』モノクロアートギャラリー ②『波よ聞いてくれ』 鼓田ミナレ [インタビュー]藤岡みなみ ③『ベアゲルター』 必殺4人娘 [インタビュー] 森田哲矢(さらば青春の光) ◎沙村女子ナンバーワン決定座談会 ◎沙村広明1万字インタビュー

●特集3 夢をみるのには、理由がある── 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』3月1…

全文を読む

沙村広明、中村明日美子のトークショーも!4月、アニメイト新宿で「楽園祭2017」の開催が決定!

沙村広明、中村明日美子のトークショーも!4月、アニメイト新宿で「楽園祭2017」の開催が決定!

 「恋愛欲を刺激する」がテーマのコミックアンソロジー『楽園 Le Paradis(ル パラディ)』。毎号ご愛読感謝の意を込めて、「楽園祭2017」が2017年4月15日(土)にアニメイト新宿で開催される。同誌で漫画を掲載している沙村広明や中村明日美子をゲストに招いてのトークショーとサイン会が開かれる予定だ。

 同イベントに参加するには、2017年2月28日(火)に発売される『楽園 Le Paradis』23号を全国のアニメイト各店で購入し、ゲスト作家の対象コミックスを1冊購入して応募券をもらおう。

 また4月16日(日)には、『蟹に誘われて』、『枕魚』の作者「panpanya」のサイン会、3月31日(金)に発売される新刊『不条理なあたし達』の作者・竹宮ジンのサイン会が5月7日(日)に開かれることが決定した。詳しい情報は特設サイトに掲載されているのでチェックしよう。

■「楽園祭2017」トークショー ゲスト:沙村広明、中村明日美子 ※参加者限定の「スペシャルなお土産」を用意 開催場所:アニメイト新宿 B2F animate hall SHINJUKU …

全文を読む

最新刊刊行が迫る! 恋愛系コミックの最先端『楽園』期間限定で無料公開も

最新刊刊行が迫る! 恋愛系コミックの最先端『楽園』期間限定で無料公開も

 今、読みたい作家を集めた1冊。楽園はここにある。恋愛系コミックの最先端『楽園 LeParadis(ル パラディ)』。中村明日美子・シギサワカヤ・木尾士目・黒咲練導・水谷フーカ・沙村広明など、充実の執筆陣が集った第10号は、2015年6月30日(火)まで期間限定まるごと無料キャンペーンを実施中だ。  楽園コミックスの最新刊情報も届いたのでお届けしよう!

●『楽園』からのコミックス第69弾! 『あまあま』4巻 2015年8月31日(月)発売 著:志摩時緒 「いちゃラブ」コミック決定版! クラスメイトに秘密の関係な二人に転機が…。目が離せない最終章です。「すきな人ができました」も完全収録。

●『楽園』からのコミックス第70弾! 『アパルトめいと』2巻 2015年9月30日(水)発売 著:犬上すくね ほんわかラブコメを得意の著者がリミッター解除、で描くオトナなラブコメ。メチャ甘な完結編です。「100×200」も完全収録! ■『楽園 LeParadis(ル パラディ)』第18号 発売:2015年6月30日(火) コミック:472ページ 判型:B5判 定価:8…

全文を読む

特別出展「多賀新×江戸川乱歩」本の世界へ見るものを誘う「ビブリオテカヴァニラ」開催

特別出展「多賀新×江戸川乱歩」本の世界へ見るものを誘う「ビブリオテカヴァニラ」開催

 本を読んでいると、その世界が頭の中に浮かんでくる。それは絵だったり、写真だったり、映像だったりと様々ではあるが、脳内を「芸術」が支配していることは間違いない。それだけ、本と芸術は切っても切れないものとなっている。  GWに開催される「Bibliotheca Vanilla(ビブリオテカヴァニラ)」がまさに「本」と「美術」をテーマにした展覧会だ。「本」とそこに記された「物語」をモチーフにした作品を、画廊内に設置した巨大な本棚に展示。本に記された物語にインスパイアされた挿絵や、立体作品をはじめ、本にまつわる作品が並ぶ「幻想の書架」、「夜の書架」とそれぞれ異なる書架が立ち上がり、本の世界へ見るものを誘う。

「Bibliotheca Vanilla」の目玉が多賀新×江戸川乱歩。最近、春陽堂書店から、多賀新がカバー絵を手がける「江戸川乱歩文庫」が再販され話題を呼んでいる。おどろおどろしくも繊細で目を惹く印象的な銅版画作品だ。多賀は、「無意識の中であたかも江戸川乱歩と共作しているのではないかと思うほど、子供の頃に読んだ江戸川乱歩が原点になっている」と述べる…

全文を読む

【イラスト公開!】『ダ・ヴィンチ』10月号 で夢のコラボ! 豪華作家11名が『進撃の巨人』キャラクターを描く

【イラスト公開!】『ダ・ヴィンチ』10月号  で夢のコラボ! 豪華作家11名が『進撃の巨人』キャラクターを描く

 『ダ・ヴィンチ』10月号(9月5日発売)では「進撃の巨人が終わる日」と題し、社会現象と化した『進撃の巨人』を42ページにわたり大特集。作者・諫山創の素顔に迫った「1stインタビュー」や、物語の結末について語られた「2ndインタビュー」のほか、なんと諫山のご両親も登場。故郷・大分の自室や幼少期の貴重な写真が公開されている。

 大ボリュームでお届けする『進撃の巨人』特集だが、その中に11人の豪華作家陣の協力を得て実現した『進撃の巨人』とのコラボレーション企画がある。ここで、あずまきよひこ、大暮維人、沙村広明、押切蓮介ほか錚々たる作家陣が描いた『進撃の巨人』キャラクターを特別に公開! なお本誌では、原寸のイラストを掲載するほか、作家陣が寄せたキャラを描いてみての感想も読むことができる。特集の全貌はぜひとも『ダ・ヴィンチ』10月号で確かめてほしい。

  リヴァイ by 大暮維人

 

(c)factory EDIE 腹筋の陰影や立体機動装置のディティール、トレードマークの鋭い眼光…「人類最強の男」であることをオーラで感じさせる1枚。

&nbs…

全文を読む

「沙村広明」のおすすめ記事をもっと見る

「沙村広明」のレビュー・書評をもっと見る

「沙村広明」の関連画像・写真

「沙村広明」の関連画像・写真をもっと見る