読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「斎藤環」の関連記事

姉と弟。二人の同居でニートはなぜ「治った」のか? 【対談】精神科医・斎藤環×マンガ家・沼津マリー/後編

姉と弟。二人の同居でニートはなぜ「治った」のか? 【対談】精神科医・斎藤環×マンガ家・沼津マリー/後編

ニートでネトゲ廃人だった弟を実家から引き取り、更生まで導いたマンガ家・沼津マリー。その顛末をコミカルに描いたエッセイマンガ『実家からニートの弟を引きとりました。』が発売。ひきこもり診療の第一人者であり、ゲームやアニメなどオタク文化にも造詣が深い精神科医・斎藤環さんとの貴重な対談、後編です!(前編はコチラ→//ddnavi.com/news/276322/) 斎藤 環 さいとう・たまき●1961年、岩手県生まれ。筑波大学社会精神保健学教授。専門は思…

もっと見る

姉と弟。二人の同居でニートはなぜ「治った」のか? 【対談】精神科医・斎藤環×マンガ家・沼津マリー/前編

姉と弟。二人の同居でニートはなぜ「治った」のか? 【対談】精神科医・斎藤環×マンガ家・沼津マリー/前編

ニートでネットゲーム依存だった弟を実家から引き取り、更生まで導いたマンガ家・沼津マリー。その顛末をコミカルに描いたエッセイマンガ『実家からニートの弟を引きとりました。』の発売にあわせ、ひきこもり診療の第一人者であり、ゲームやアニメなどオタク文化にも造詣が深い精神科医・斎藤環さんに、同作を読んだうえで語り合って頂いた。 斎藤 環 さいとう・たまき●1961年、岩手県生まれ。筑波大学社会精神保健学教授。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学。著書は『社会的ひ…

もっと見る

精神科医・斎藤環 「ハルヒ」世界観は作者の震災経験と分析

精神科医・斎藤環 「ハルヒ」世界観は作者の震災経験と分析

5月25日に発売された最新刊『涼宮ハルヒの驚愕』が大ヒットを記録中の涼宮ハルヒシリーズ。精神科医でサブカルチャー評論でも活躍する斎藤環さんに、その魅力を聞いた。   「『ハルヒ』がここまでヒットしたのは、やはりキャラクターの強さにあると思います」と斎藤さん。なかでも、小説内の語り手であり、男性主人公のキョンをこう分析する。    「キョンは非常に空虚な存在ですね。他のSOS団員と違って特殊能力がなくて身長も低い。劣等感を持たずに自分を重ねられるキャラ。つまり、読者にとっ…

もっと見る