読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

阪本順治

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
さかもと・じゅんじ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

映画監督

「阪本順治」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「震災以降、日本人すべてが“このままじゃダメなんだな”ということをうっすらわかってる」――『人類資金』対談 福井晴敏×森山未來

「震災以降、日本人すべてが“このままじゃダメなんだな”ということをうっすらわかってる」――『人類資金』対談 福井晴敏×森山未來

『人類資金』(福井晴敏/講談社)

 原作・福井晴敏、監督・阪本順治という『亡国のイージス』コンビの最新作『人類資金』。物語の鍵となるのは占領下時代にGHQによって運用されたとされる 。本作は、時価数10兆円といわれるその金を盗み出すというバリバリのエンターテインメントでありつつ、“それを生きた金として、人類のために役立てると何ができるのか”という強いメッセージが込められた作品でもある。『ダ・ヴィンチ』10月号では、福井晴敏と、映画で、謎の男・Mの腹心となる石優樹を演じた森山未來との対談が実現した。

【福井】 この映画の脚本を書いてる途中で3・11があって、一度はもっと震災以降ってことに振り切れた脚本になったりしたんですよ。でも、だんだん自分たちの腹の中に落ちてくるにつれ、そういうことじゃないなって。経済を維持していくことと、人間の幸せを追求していくことのそりが合わなくなっている。この間の震災で、それが非常にわかりやすくなったと思うんです。

【森山】 確かにそうですよね。

【福井】 これまで「世界はこういう状況だから、ルールを変えよう」と言うためには、まず…

全文を読む

書き下ろし文庫毎月刊行&今秋映画化――福井晴敏が『人類資金』に込めた“提案と願い”とは?

書き下ろし文庫毎月刊行&今秋映画化――福井晴敏が『人類資金』に込めた“提案と願い”とは?

『人類資金』(福井晴敏/講談社)

 10月19日から公開される映画『人類資金』。原作は福井晴敏、監督は阪本順治という『亡国のイージス』コンビが選んだ今回のテーマは「経済」。かねてから、M資金を映画の題材にしたいと考えていた阪本から福井にオファーがあったのは2006年3月。リーマン・ショック、東日本大震災という日本を揺るがす大激震を経て、いま描くべきものは「金」と、福井は自らの提案も盛り込んだ初めての経済小説に挑んだ。福井のプロットから、映画の製作、小説の執筆がスタート。本作を通して、彼らが問いたかったものとは一体なんなのか。『ダ・ヴィンチ』10月号では『人類資金』を特集、福井晴敏にインタビューを行っている。

 敗戦直前、旧日本軍の手によって隠匿された金塊などの財宝が、占領下の時代、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収され、極秘に運用されてきた。その名を。映画の題材としてM資金に魅力を感じていた阪本から一緒に作品をつくることをもちかけられた福井だったが、偶然にもデビュー前の習作で描いたことがあったという。

「といっても、脇役のひとりにM資金詐…

全文を読む

特集番外編2 2013年10月号

特集番外編2 2013年10月号

『人類資金』はエンターテインメントでありながら、強いメッセージが込められた作品。映画では、森山未來さんの熱演にご注目ください。 編集I  映画『亡国のイージス』でタッグを組んだ阪本順治監督と作家の福井晴敏さんが挑んだ、7年越しのプロジェクトが『人類資金』である。  かねてから、戦後最大の闇といわれる「M資金」を映画の題材にしたいと考えていた阪本監督から、福井さんにオファーがあったのが2006年3月。リーマン・ショック、東日本大震災という日本をゆるがす大激震を経て、福井さんがいま書くべきテーマとして選んだのは「金とは何か」。現在の経済状況について危機感を覚えた福井さんは、自らの提案も盛り込んだ初めての経済小説に挑んだのだ。  福井さんが作成したプロットから映画の製作、小説の執筆がスタート。今年の8月から、文庫での小説刊行がはじまり、10月19日(土)から映画公開となる。

「10兆円で世界のルールは変えられるか?」。これが映画『人類資金』のキャッチコピー。10兆円とはM資金の時価総額。ある人物の依頼でこれを盗み出した真舟という主人公が、10兆円という…

全文を読む

「阪本順治」のおすすめ記事をもっと見る

「阪本順治」の本・小説

  • ランキング

『エルネスト』オフィシャルブック〈もう一人のゲバラ〉

『エルネスト』オフィシャルブック〈もう一人のゲバラ〉

作家
阪本順治
出版社
キノブックス
発売日
2017-09-22
ISBN
9784908059780
作品情報を見る
大阪に東洋1の撮影所があった頃 (新なにわ塾叢書)

大阪に東洋1の撮影所があった頃 (新なにわ塾叢書)

作家
安井喜雄
笹川慶子
芦屋小雁
橋爪紳也
船越幹央
藤井康生
増田周子
阪本順治
大阪府立大学観光産業戦略研究所
関西大学大阪都市遺産研究センター
大阪府
新なにわ塾叢書企画委員会
秋山高廣
鈴木一誌
上村隆博
出版社
ブレーンセンター
発売日
2013-04-30
ISBN
9784833907057
作品情報を見る
カメレオン OFFICIAL PHOTO BOOK

カメレオン OFFICIAL PHOTO BOOK

作家
藤原竜也
阪本順治
水川あさみ
黒澤 満
丸山昇一
轟夕起夫
『カメレオン』製作委員会
出版社
太田出版
発売日
2008-06-17
ISBN
9784778311339
作品情報を見る
ビリケン (扶桑社文庫)

ビリケン (扶桑社文庫)

作家
阪本順治
丹後 達臣
豊田 利晃
出版社
扶桑社
発売日
1996-07-01
ISBN
9784594020354
作品情報を見る

「阪本順治」人気の作品ランキングをもっと見る

「阪本順治」の関連画像・写真

「阪本順治」の関連画像・写真をもっと見る