読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

堺雅人

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
さかい・まさと

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1973年生まれ、宮崎県出身。92年旗揚げの劇団東京オレンジに参加。2004年、大河ドラマ『新選組!』で注目され、10年『ジョーカー 許されざる捜査官』で連続ドラマ初主演。出演作に、映画『鍵泥棒のメソッド』『その夜の侍』『大奥』など。

「堺雅人」のおすすめ記事・レビュー

堺雅人&高畑充希、初共演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」予告編に期待の声「一気に引き込まれた」

堺雅人&高畑充希、初共演映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」予告編に期待の声「一気に引き込まれた」

 西岸良平の人気マンガを実写映画化した「DESTINY 鎌倉ものがたり」の予告編が公開された。VFXをふんだんに盛り込んだ映像に「なにこの映像すごく楽しそう!」「妖怪とか神様がいっぱい出てきてワクワクする!!」と大きな反響が起こっている。  原作マンガ『鎌倉ものがたり』は人間が“妖怪”や“神様”、“幽霊”などといった存在と共存する世界を描くファンタジー。鎌倉に住む作家・一色正和と、東京から正和の妻として嫁いできた亜紀子を主人公に、鎌倉の“不思議な世界”が描かれ、映画では一色夫婦を堺雅人と高畑充希が演じている。

 公開された予告編では、江の島をバックに正和が車を運転しながら「鎌倉は不思議なところでね、東京と時間の進み方が違う」と亜紀子に説明。軒先をカッパが小走りに駆け抜けていき、「いまのなに?」と驚く亜紀子に対して、正和はあっけらかんと「ただのカッパだろ?」と答える。「ここは鎌倉だぜ?」という言葉通り、予告編には“人ならざるもの”が大挙して登場。「こんなファンタジーが観たかった!」「映像がすごくて予告編の段階で一気に引き込まれた」「カッパや物の怪たち…

全文を読む

2016年は“戦国兜”ブーム到来!? 完全保存版の戦国武将“変わり兜”大全集

2016年は“戦国兜”ブーム到来!?  完全保存版の戦国武将“変わり兜”大全集

 2015年12月2日(水)に発売された『戦国武将「変わり兜」大全集』は、戦国武将たちがこだわり抜いた兜や甲冑が楽しめる、完全保存版の1冊。  堺雅人が主演をつとめ、『新撰組!』に引き続き2度目のNHK大河ドラマの執筆となる三谷幸喜作とあって注目を集める『真田丸』。多くのファンをもつ戦国時代が舞台ということで、歴史マニアや、歴史が好きな女子“歴女”からも注目を集めている。

 真田が生きた戦国時代は、戦いが日常的かつ大規模になり、防具としての兜や甲冑が発達した時代でもあった。特に兜は戦場で目立つため、また自分が何者であるかを知らしめるために、勇壮かつ奇抜なデザインの変わり兜が登場した。変わった兜として、直江兼続の「愛」の前立て(兜の前につける飾り)が付いた兜をまっ先に思い浮かべる人も多いだろうが、これに匹敵する変わり兜が山ほどあったのだ!

 “越後の龍”と謳われた上杉謙信は、風で折れた形の鳥帽子をかたどり、大胆に金箔をあしらった兜を所有。戦場で使用するもの以外にも、透かし細工のものなど、凝った兜を製作していた。また、姫路城城主であった黒田考高の兜は…

全文を読む

堺雅人で大河決定の武将・真田幸村 実は超ブサイク!?

堺雅人で大河決定の武将・真田幸村 実は超ブサイク!?

『戦国武将の履歴書 時代劇ではわからない意外な過去』(クリエイティブ・スイート/宝島社)

 2016年の大河ドラマ『真田丸』で、主人公の真田幸村を堺雅人が演じることに決まり、腐女子、歴女たちが歓喜している。幸村といえば、徳川家が豊臣家を滅ぼすために行った大阪の陣での活躍が有名で、忠義を尽くし、華々しく散ったイメージが強いが、その生き様に魅せられた女子も多い。また、幸村には彼に仕える10人の家臣「真田十勇士」がいたという話もあり、それが腐女子たちの妄想を掻き立てるポイントにもなっていたようだ。『戦国無双』や『戦国BASARA』といったゲームも、幸村の女子人気に大きく影響している。これらのゲームでは、幸村が主人公やそれに準ずる扱いで、スラッとした長身のイケメン武将として描かれている。赤揃えの武具に十文字槍、六文銭の家紋がトレードマークで、熱血漢の若い武将として描かれることも多く、そのイメージが定着しているのだろう。とにかく、女子からは圧倒的な人気を誇っている武将なのだ。

 『真田丸』では、そんな幸村の物語が三谷幸喜の脚本で描かれることになった。しかも、…

全文を読む

葛藤を真正面から描く! 池井戸潤ワールドが日本中の心をつかむ理由

葛藤を真正面から描く! 池井戸潤ワールドが日本中の心をつかむ理由

『果つる底なき』(池井戸潤/講談社)

いまやテレビ業界にとってなくてはならない存在となった小説家・池井戸潤。『オレたちバブル入行組』などバブル組シリーズを原作にした『半沢直樹』が驚異的な大ヒットを果たし、原作本はシリーズ累計100万部を突破した。今季ドラマではなんと『ルーズヴェルト・ゲーム』『花咲舞が黙ってない』の2作品が池井戸作品を原作としているという人気ぶりだ。『ダ・ヴィンチ』6月号「文庫ダ・ヴィンチ」では、そんな池井戸作品を特集。書店員、番組プロデューサーのインタビューと共に、好評放送中のドラマについても魅力を分析している。

しかし池井戸作品が映像化と相性がいいのは、いまに始まったことではない。都市銀行内の不祥事を描いたデビュー作『果つる底なき』は渡辺謙主演で単発ドラマとして放送された。三菱自動車のトラック脱輪による事故やリコール隠しをベースに大企業の闇を描いた『空飛ぶタイヤ』、ゼネコンの入札にからむ談合の実態を新米社員の眼差しを通じて描いた『鉄の骨』など、社会において我々が大なり小なり直面する葛藤を「仕事」「企業」を通じて鋭く真正面から扱う池…

全文を読む

リーガルハイ 堺雅人、脚本家との対談でホンネ「ほんとうにつらい(笑)」「早く3期をやりたい」

リーガルハイ 堺雅人、脚本家との対談でホンネ「ほんとうにつらい(笑)」「早く3期をやりたい」

『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記』(角川マガジンズ)

 堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』。人気ドラマの2期ということもあり、堺本人はどのような気持ちで古美門研介役に挑んでいるのか。11月21日に同作の公式ブック第3弾として発売された『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記』(角川マガジンズ)に収録されている堺と脚本を担当している古沢良太氏の対談から探ってみた。

----------- 堺:まさに、現場でもチャレンジしてますよ。理想をいうと、今回は1話完結のキレ味と、連続ドラマの次が気になる継続性を両立させたいんです。裏を返すと、どっちもダメになってしまう怖さもある。ドキドキもしないし、スッキリもしないという。実は、ものすごいところに踏み込んでいるんですよ。

古沢:確かにそうですね。

(中略)

堺:その上、1期はキレ味が持ち味だったので古美門もキレ味を鋭くすれば良かったけど、2期は人間関係がグニュグニュ変わっていくのでそうもいかない。1期では“異物”でよかった古美門が、2期では“異物”ではなくなる瞬間がある。誰かの芝居を受けな…

全文を読む

今、最も注目の俳優 堺雅人のエッセイ2冊が緊急電子化!

今、最も注目の俳優 堺雅人のエッセイ2冊が緊急電子化!

『文・堺雅人 』(堺雅人/文藝春秋)

 文藝春秋は、11月29日、堺雅人著『文・堺雅人』『文・堺雅人② すこやかな日々』を、電子書籍化し、緊急発売する。

 『半沢直樹』が大ブレイク、放送中の『リーガル・ハイ』も大人気、今最も旬の俳優、堺雅人氏。そのエッセイは日常を語るのではなく、「演じるときに考えていたこと」を綴るスタイルで読むと役者の頭の中をのぞき見るような感覚になるという。撮り下ろし写真やオフショット写真も満載のファン待望の1冊だ。

■書誌情報■ 『文・堺雅人』(680円) 『文・堺雅人② すこやかな日々』(1100円) 主要販売電子書店/Kindleストア、iBooks、楽天kobo、Reader Store、紀伊國屋書店、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他電子書籍を販売している主要書店 【関連サイト】http://hon.bunshun.jp/articles/-/1717

よく読まれている堺雅人関連ニュースはこちら! ・堺雅人&菅野美穂夫妻は同じベクトルの語り系!? ・いよいよ終盤戦! 『リーガルハイ』がさらに…

全文を読む

いよいよ終盤戦! 『リーガルハイ』がさらに面白くなる小ネタ集

いよいよ終盤戦! 『リーガルハイ』がさらに面白くなる小ネタ集

『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記』(角川マガジンズ)

 第7話をむかえてもなお、安定して高い視聴率をキープしている堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』。物語もいよいよ佳境に入り、目が離せない展開に次回の放送を待ち遠しく感じている人も少なくないはず。ここでは、同作を楽しむための小ネタを『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記』(角川マガジンズ)から紹介します!

■主人公、古美門研介の服装は半沢直樹を意識している!?  と、いっても半沢直樹と同じようなスタイルにしている…というワケではありません! スタイリスト・登地勝志さんによると、半沢直樹ではシャツとネクタイの色と柄は“ホワイトカラー”だったので、差別化をはかりチェックやストライプの色物、ネクタイは無地で通しているのだそう!  第1話で飛び出した「倍返しだ!」のパロディも痛快でしたね!

■事務員・服部さんは住み込みじゃなく通い  数々の特技と経歴を併せ持ち、古美門を優しい目線で全力サポートする里見浩太朗さんが演じる事務員の服部さんですが、なんと住み込みじゃなく、わざわざ家から…

全文を読む

コミュ障の人にこそオススメ! 「リーガルハイ」に学ぶ会話術

コミュ障の人にこそオススメ! 「リーガルハイ」に学ぶ会話術

『an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方』(マガジンハウス)

 昨年放送されたパート1が評判を呼び、現在パート2を放送している堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』。13日に放送された第6話の平均視聴率が17.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、快進撃を続けている。個性的なキャラクターやハイテンションの応酬が続く法廷シーン、豪華なゲスト陣など、視聴者が夢中になる要因は多いが、その中でも“計算し尽くして考えられたセリフ”はこの作品の最大の魅力。

 物語の主人公は、偏屈で毒舌、裁判で勝つためには手段を選ばないという剛腕ぶりで反感を買いやすい弁護士・古美門(堺)と、彼に「朝ドラのヒロイン」と揶揄されるほど“クソ真面目”で友だちすらいない黛(新垣結衣)という人付き合いがおおよそ上手とは言えない2人。だが、互いに憎まれ口をたたき合いながらも自分の意志を伝え、コミュニケーションをとっている姿は、人間関係に悩む視聴者にも参考になる。今回は、『リーガルハイ』パート1をまとめた『an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方』…

全文を読む

「堺雅人」のおすすめ記事をもっと見る

「堺雅人」のレビュー・書評をもっと見る

「堺雅人」の本・小説

  • ランキング

文・堺雅人2 すこやかな日々

文・堺雅人2 すこやかな日々

作家
堺雅人
出版社
文藝春秋
発売日
2013-07-11
ISBN
9784163765006
作品情報を見る
文・堺雅人 (文春文庫)

文・堺雅人 (文春文庫)

作家
堺雅人
出版社
文藝春秋
発売日
2013-07-10
ISBN
9784167838713
作品情報を見る
文・堺雅人

文・堺雅人

作家
堺雅人
出版社
日本工業新聞社
発売日
2009-08-28
ISBN
9784819110624
作品情報を見る

「堺雅人」人気の作品ランキングをもっと見る

「堺雅人」の関連画像・写真

「堺雅人」の関連画像・写真をもっと見る