読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三崎亜記

職業・肩書き
作家
ふりがな
みさき・あき

「三崎亜記」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

著名作家による小説、コラムが無料で読めるWEBマガジン「コフレ」創刊

著名作家による小説、コラムが無料で読めるWEBマガジン「コフレ」創刊

 

祥伝社は、WEBマガジン「コフレ」を2014年8月1日に公開した。月2回(1日・15日)更新で著名作家の小説やエッセイ、コミックなどが読めるウェブサイトだ。

パソコン・スマートフォンどちらにも対応しており、すべてのコンテンツが無料で閲覧できる。

創刊号に掲載されるのは、小説作品では『切羽へ』で第139回直木賞を受賞した井上荒野、「東京バンドワゴン」シリーズで知られる小路幸也のほか、彩瀬まる、木下半太、佐藤青南、関口尚の各作家による連載がスタート。栗田有起の小説にはデザイナーの池田進吾がイラストを添える。

辛酸なめ子は、新たな角度で恋愛の名作を読み返すというテーマでイラスト入りのコラムを連載、創刊号では一挙に2話公開されている。マンガ家の町田洋は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞した「夏休みの町」を制作する為に描かれたスケッチを9月1日まで毎日更新するなど、読み応えのある創刊号となっている。

「コフレ」とは宝石などを入れる「小箱」を意味する言葉という。今後は連載のほかに、インタビューやイベントのお知らせなどの記事も掲載していくというこ…

全文を読む

KDDI「ブックパス」、幻冬舎オリジナル小説の配信を開始

KDDI「ブックパス」、幻冬舎オリジナル小説の配信を開始

月額590円で対象作品が読み放題の「ブックパス」

 電子書籍ストア「ブックパス」では、10月16日からオリジナル小説の独占配信を開始する。オリジナル小説の第1弾を手がけるのは、デビュー作『となり町戦争』(集英社)をはじめ、『失われた町』(同)、『鼓笛隊の襲来』(光文社)、『玉磨き』(幻冬舎)などの著者、三崎亜記氏。電子のみでの連載という珍しい形となる。

 「ブックパス」はKDDIのスマートフォン向けサービスで、キャリアを問わず利用可能。月額590円(税込)で、Android端末であれば7000冊以上、iOS端末であれば2400冊以上の小説、マンガ、写真集、雑誌などを楽しめる「読み放題プラン」と、好きなタイトルを1冊ずつ購入する「アラカルト購入」の2プランが用意されている。

 16日から三崎氏が発表するのは、最新小説『イマジナリー・ライフレポート』。本作は「読み放題プラン」内で連載され、全12回で、6タイトルを前後編で掲載。毎月上旬に新しい回が追加され、終了は2014年12月を予定している。

 『イマジナリー・ライフレポート』は、前作『玉磨き』と同様、架…

全文を読む

注目の新刊 『玉磨き』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

注目の新刊 『玉磨き』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

玉をひたすら磨き続ける伝統産業の「玉磨き」、通勤用観覧車を手掛ける只見通観株式会社、水底に沈んだ町で、商店街組合を一人守り続ける男など、6つの仕事を追った架空のルポルタージュ風小説。働くとは?生きるとは? そんな人生への問いが満ちている。

全文を読む

まったく部活になりえないものを、部活にでっちあげてしまおう

まったく部活になりえないものを、部活にでっちあげてしまおう

「掃除」がスポーツ!しかも熱血!? その陰にはなぜか国家の存在も―― 『となり町戦争』の三崎亜記がおくる新境地「スポーツ」小説!!  突然「コロヨシ」と言われてもピンとこない? ならば「頃良し」ではどうだろう。頃、良し。機は熟した。三崎亜記の“頃良し”な新境地は、なんと今までの印象をガラリと変える青春スポーツ小説だ。しかも主人公が夢中になるスポーツが「掃除」って!? 

三崎亜記 みさき・あき●1970年福岡県生まれ。熊本大学文学部史学科卒業。2004年に『となり町戦争』で第17回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。18万部のヒットとなった同作は映画化され、直木賞にもノミネートされた。近著に『廃墟建築士』『刻まれない明日』などがある。

「最初の依頼は青春小説を、とのことだったんですけど。でも私が既存のスポーツを取材して描いても、それは三崎亜記が書く必要はない。じゃあ、まったく部活になりえないものを、部活にでっちあげてしまおうと考えました」  出発点は競技それ自体の創作。さまざまな構想を練る中で、ふっと「掃除」が候補に挙がった。 「境内を箒で掃いている…

全文を読む

「掃除」と国家と青春と!? 異色にして王道な熱血小説の続編

「掃除」と国家と青春と!? 異色にして王道な熱血小説の続編

前作の特集記事を読んで作品世界をつかもう!

世界を呪うよりは、それを踏み台にして新しい世界へ行けばいい

掃除とは「頃良しっ!」の一声と共に空中高く舞い上げた塵芥を長物で華麗に操るスポーツ競技である──。そんな摩訶不思議なもうひとつの日本を舞台に、三崎亜記が高校生の青春を描いたらどうなる?  奇想天外にして実は王道な青春小説として話題を呼んだ『コロヨシ!!』。続編にあたる『決起! コロヨシ!!2』が約2年を経て刊行された。  前作では主人公にして掃除部のエース・藤代樹の先輩や後輩、顧問、ライバル関係など、学校内での出来事を中心に物語が外へ外へと広がっていったが、さて続編は何処へ? 「風呂敷を広げるだけ広げたから、今度は畳むというよりも出来上がった箱をどう上手く包むか、という感覚で考えていきました。今回のストーリーの要となっているのは、前作で登場した人々がガラッと様相を変えて樹に対峙してくるところでしょうか。 指導者が立ち向かう相手になったり、敵だと思っていた人間がある局面では味方になったり、自分を翻弄していた人を逆に導くことになったり……。それぞれの関…

全文を読む

「三崎亜記」のおすすめ記事をもっと見る

「三崎亜記」の関連画像・写真

「三崎亜記」の関連画像・写真をもっと見る