読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「三宅乱丈」のレビュー・書評

ホラーからギャグまで。鬼才・三宅乱丈の珠玉短篇集

ホラーからギャグまで。鬼才・三宅乱丈の珠玉短篇集

いやあ、すごくおもしろかったです。鬼才・三宅乱丈の珠玉短篇集『ユーレイ窓』。ホラーからギャグまで、厳選された7作品が一気読みできる、お買い得本です。 あらためて、多才な氏の、無尽蔵な引き出しに驚かされます。貧乏寺を専門学校化したシュールギャグのデビュー作『ぶっせん』しか読んでいない人は、三宅乱丈をギャグ作家だと思っているでしょうし、記憶の世界をイマジネーション豊かに描いたシリアスなファンタジー作『ペット』や、現在進行中の壮大なファンタジー巨編『イムリ』しか読んで…

もっと見る

お前も意思がない蝋人形のように侵犯術で奴隷化してやろうか!

お前も意思がない蝋人形のように侵犯術で奴隷化してやろうか!

タイトルの予備知識なしで手軽に購入できるのも、電子書籍の功罪であったりします。「読んでみたい」と思ったら数回のタップでデータをダウンロード完了。さて、表紙買いの今回は当たりかハズレか。 中世貴族のような服装の表紙に、「ベルばら」のような話かと決め込んでいたのですが。冒頭の数ページを読んで出てくる言葉は、「星を凍結」「4千年の歴史」「戦争の記憶を風化」「星への帰還」など、漂いまくるハードSF臭。かと思いきや、そのうち「呪師」「彩輪」「侵犯術」など、次から次に出てく…

もっと見る

異才の味を、こってりぎゅぎゅっと詰め合わせ。特上幕の内弁当のような短編漫画集

異才の味を、こってりぎゅぎゅっと詰め合わせ。特上幕の内弁当のような短編漫画集

「イムリ」や「ぶっせん」で知られる三宅乱丈さんの初期短編ギャグ漫画集。 やー、ドキドキしちゃった。なぜって、ページをめくるまで、物語の先が読めないのです。いわば、行き先の知らされないジェットコースター! 登場するのは、弁当を顔面に押しつけられたい男子高校生だったり、母親にかまってもらいたいティーンだったり。それぞれにひと癖ふた癖あって、思わずにやり。でも、なんだかへらへら笑ってもいられない気分になるのですよね。 ギャグに突っ走りそうでいて、ふいにホラーへ向…

もっと見る