読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いくえみ綾

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
いくえみ・りょう

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1964年10月2日、北海道生まれ。くらもちふさこ氏の作品を好み、ペンネームは同氏の作品「小さな炎」「白いアイドル」「糸のきらめき」に出てくる登場人物に由来する。1979年「別冊マーガレット」(集英社)にて「マギー」でデビュー、同誌で活躍。1981年に「初恋ゴールの向こうがわ」(集英社・マーガレットコミックス)、1982年に「女の子ラプソディー」(集英社・マーガレットコミックス)、1991年に「スターダスト3年め」(集英社・マーガレットコミックス)が発売。短編を得意とする。

1997年に第1巻が発売された「バラ色の明日」(集英社・マーガレットコミックス)は、2000年に発売された第6巻までのシリーズ作品。2000年に「第45回 小学館漫画賞」を受賞。2004年から「Cookie」(集英社)にて連載をスタートした「潔く柔く」は、同年にコミックス第1巻(集英社・マーガレットコミックス)が発売、2009年に「第33回 講談社漫画賞」の少女部門を受賞した。2010年に発売された同コミックス第13巻にて完結、2013年に映画化された。奥田民生氏のファンとしても知られ、2008年発売の「スカイウォーカー」(小学館・ヤングサンデーコミックススペシャル THE IKUEMI RYO B)では同氏の楽曲を漫画でトリビュートした。2010年より「Cookie」にて「プリンシパル」を連載開始。2011年にコミックス1巻(集英社・マーガレットコミックス)が発売、2013年発売の同コミックス7巻にて完結。2018年に「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」にて映画化。

2012年に1巻が発売された「あなたのことはそれほど」(祥伝社・Feelコミックス)は、コミックスと電子書籍にて累計100万部を突破し、2017年発売のコミックス6巻にて完結。同年TBS系列にてテレビドラマ化。2013年には公式ファンブック「いくえみ綾 名言集 いくえみ男子 ときどき女子 Bitter Sweet Voices」(ホーム社・集英社ホームコミックス)が発売。「ココハナ」(集英社)にて連載していた「G線上のあなたと私」は、2014年にコミックス第1巻(集英社・マーガレットコミックス)が発売、2018年発売の第4巻にて完結。2019年にTBS系列にてテレビドラマ化。愛猫家としても知られ、2016年よりWEBサイト「ねこねこ横丁」にて「かわいいにもほどがある」を連載開始。著作にはほかに「私・空・あなた・私」(幻冬舎コミックス・バーズコミックス スピカコレクション)「そろえてちょうだい?」(祥伝社・Feelコミックス)など多数。

「いくえみ綾」のおすすめ記事・レビュー

いくえみ綾「『あなそれ』とは全く違う方向の主人公」『G線上のあなたと私』が波瑠主演でドラマ化決定!

いくえみ綾「『あなそれ』とは全く違う方向の主人公」『G線上のあなたと私』が波瑠主演でドラマ化決定!

『G線上のあなたと私』4巻(いくえみ綾/集英社)

 いくえみ綾の漫画『G線上のあなたと私』が、波瑠主演でドラマ化されることが明らかに。共演者には中川大志と松下由樹が名を連ね、「バイオリン弾く波瑠さんすごく気になる」「キャスティングがみんなぴったり!」と期待が寄せられている。

 同作は、大人向けバイオリン教室から始まる物語。主人公の小暮也映子は、婚約者にフラれたショックを紛らわせるために酔狂でバイオリンを習い始めた。教室で出会ったのは、大学生の加瀬理人、主婦の北河幸恵、そして講師の久住真於。年齢も立場もバラバラな4人は、教室でのレッスンを通して少しずつ恋や友情を育んでいく――。

 ドラマで也映子を演じる波瑠は、いくえみの漫画を原作としたドラマ「あなたのことはそれほど」で注目を集めた女優。いくえみは今回のドラマ化について、「前回の『あなそれ』とは全く違う方向の主人公を波瑠さんに再び演じてもらうことになりまして、今回の共感型の主人公、どのようになるのかとても楽しみです」とコメントしている。一方で波瑠は、「私の人生でまさかバイオリンを弾くとは思ってもいなか…

全文を読む

荒川弘、いくえみ綾、海野つなみ、冬目景が語る『漫画の仕事』

荒川弘、いくえみ綾、海野つなみ、冬目景が語る『漫画の仕事』

『漫画の仕事』(インタビュー、構成:木村俊介/幻冬舎コミックス)

 漫画と読者を繋ぎ続ける“見えない糸”の正体を探る創作読本『漫画の仕事』が、2018年3月28日(水)に発売された。

 同書は、荒川弘、いくえみ綾、海野つなみ、冬目景という少年誌・青年誌・女性誌で読者の心を刺激し続けている4人の女性漫画家のインタビューを集めた一冊。タイトルは「漫画“家”の仕事」ではなく『漫画の仕事』で、彼女たちが漫画で伝えてきた“仕事”をインタビュアー・木村俊介が聞き書きのカタチでまとめている。漫画家としての「仕事論」にとどまらず、彼女たちの“手の痕跡”から読者の心を掴み続けるものの正体に迫っていく。

『トーチソング・エコロジー』より

 普段あまり語られることのない部分を巧みに引き出す木村。同書には、「漫画家」という過酷な仕事を選択した女性たちの創作秘話から仕事に対する考え方まで、生の言葉が詰まっている。

 登場する4人のファンだけにとどまらず、“ものづくり”に携わる人にとって“仕事論”として楽しめる言葉と要素が盛りだくさん。彼女たちが常に考え続けている“伝える”という…

全文を読む

キャリア初となる原画展のコンセプトは“手紙”-くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展「“あたしの好きな人”へ」

キャリア初となる原画展のコンセプトは“手紙”-くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展「“あたしの好きな人”へ」

手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞したくらもちふさこ、『あなたのことはそれほど』がドラマ化され話題になったいくえみ綾。少女マンガをけん引し続ける二人の初となる原画展が開催される。お互いへの尊敬と信頼が色濃く反映された展示コンセプト、展示内容を紹介する。

展覧会「くらもちふさこ・いくえみ綾二人展『“あたしの好きな人”へ』」 会期:2月9日(金)~25日(日) 場所:パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7階) 開場時間:10:00~21:00(入場は閉場30分前まで) *最終日のみ18時閉場 *21日(木)は休館日 入場料:700円 http://www.parco-art.com 200点を超える原画には初めて展示されるものも。どの世代のファンもときめく展示内容になっている。  

尊敬しあう二人の少女マンガ家の私的な思いがつまった原画展

くらもちふさこといくえみ綾。その名前を聞いただけで、熱心な少女マンガ読者でなくとも、それぞれの心に大切な作品が浮かんでくるだろう。 共に70年代にデビューして以来(くらもちふさこ72年、いくえみ綾79年)、時代ごと…

全文を読む

『あなたのことはそれほど』涼太のその後を描いた番外編が話題「これはさらに続きが読みたくなってしまう…!」

『あなたのことはそれほど』涼太のその後を描いた番外編が話題「これはさらに続きが読みたくなってしまう…!」

『FEEL YOUNG』10月号(祥伝社)

 ドラマで話題になった『あなたのことはそれほど』の番外編が、2017年9月8日(金)発売の『FEEL YOUNG』10月号に掲載されている。番外編では美都と離婚した後の涼太のエピソードが描かれ、「いくえみさんらしいお話でよかった」「これはさらに続きが読みたくなってしまう…!」とファンは大喜びだ。

 同作は、主人公・美都が涼太と結婚したあと、偶然再会した初恋相手・有島とも関係を持ってしまうというW不倫を描いた恋愛漫画。許されない恋に溺れていく美都や嫉妬のあまり狂気的な行動に出る涼太、そして静かに夫を追いつめる有島の妻・麗華などそれぞれの思惑が複雑に絡み合うストーリーが人気を博し、2017年4月に放送されたドラマは「怖すぎるのにどんどん引き込まれてく」「登場人物の狂気に満ちた演技が迫力ある」とかなりの話題に。

 中でも注目を集めたのは、涼太を演じた東出昌大の演技。東出は美都を想うあまり束縛が激しくなっていく涼太をにこやかな表情で演じてみせ、その表情は“東出スマイル”と呼ばれるように。視聴者の恐怖を煽るようなキ…

全文を読む

夫の不倫を公認!「不倫モノ」のその先へ――新しい夫婦のカタチを描く『1122』

夫の不倫を公認!「不倫モノ」のその先へ――新しい夫婦のカタチを描く『1122』

『1122』(渡辺ペコ/講談社)

 昨今、不倫モノはメディアを問わず大ブーム。あまりの多さに「もういいよ!」と思う人も多いはず。

 そもそも「不倫」モノは、80年代にレディースコミック台頭とともに常に書かれてきた古くて新しいテーマだ。激情したり、ダブル不倫に発展してさらにドロドロしたり…今も昔もお約束の展開だが、最近はある意味もっと恐ろしい。

 例えば、ドラマでも話題になった『あなたのことはそれほど』(いくえみ綾)は、不倫という事実を淡々と受けとめつつも、胸中、穏やかでない登場人物たちの心理描写、「不倫」がどのように生活や感情を蝕んでいくのかがリアルだった。

 そして、現在『月刊モーニングtwo』に連載中の『1122』(渡辺ペコ)もまた新境地。セックスレスの夫婦の物語で、主人公・一子は夫の不倫を公認している。女性の性の問題に切り込み、家族のあり方の多様性を描く今日らしい作品だが、やはり割り切れない一子の感情の揺れが生々しい。不倫マンガに食傷気味の人も、本作は手にとるべき!

文=倉持佳代子

全文を読む

ドラマ「あなたのことはそれほど」第9話、山崎育三郎演じる小田原の衝撃のカミングアウトに視聴者騒然

ドラマ「あなたのことはそれほど」第9話、山崎育三郎演じる小田原の衝撃のカミングアウトに視聴者騒然

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)

 ドラマ「あなたのことはそれほど」の第9話が2017年6月13日(火)に放送されたのだが、山崎育三郎演じる小田原の衝撃のカミングアウトに「小田原くんの切なさがずっと尾を引いてる」「あまりにも切なくてドラマの見方が変わった」と視聴者が衝撃を受けている。

 第9話では、美都(波瑠)と涼太(東出昌大)が暮らすマンションに美都の不倫を中傷するビラがばらまかれ、美都はマンションのほかの住人の好奇の目に晒される。美都は涼太の友人である小田原の協力を得てマンションから出ていく準備を進めるのだが、小田原の過剰なまでの親切心に疑問を持ち始める。そしてその疑問を小田原にぶつけると、小田原は「俺が考えてるのは、涼太の幸せだけですよ」「俺は、涼太が好きなんです。あなたよりもずっと、ずっと前から」と、秘めていた涼太への想いを打ち明けた。

 2人の会話は部屋の外にいた涼太にも聞かれており、涼太の姿を見た小田原は自分の想いが報われないことを理解していると語り、「人の気持ちを一生欲しがるなんてどんだけ欲張りなんだよ!」と2人に向か…

全文を読む

ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話、東出昌大演じる涼太が見せた涙が話題に

ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話、東出昌大演じる涼太が見せた涙が話題に

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)

 ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話が2017年6月6日(火)に放送されたのだが、これまで狂気的だった涼太(東出昌大)が突然見せた涙に「めっちゃかわいそうでもらい泣きした」「完全に狂ってるけどむしろ応援したくなった…」と同情の声が続出した。

 美都(波瑠)は涼太に離婚届を渡した後、別れて暮らすための物件を探していた。しかし物件はなかなか見つからず、涼太もわざと途中で止めたり字を書き間違えたりとまともに離婚届を書いてくれない。さらに物件探しの途中、たまたま目に留まったポスターの日付をきっかけに自分が妊娠しているのではないかと疑問を持ち始めるが、確かめる勇気はなく、相手として心当たりのある有島(鈴木伸之)に告げることも出来ずにいた。

 意を決して美都は涼太が何度書き間違えてもいいように離婚届を束で渡し、妊娠のことも告白。すると涼太は「大丈夫だよ、ぼくがみっちゃんを守るから」と言って離婚届の束を燃やし、僕の子どもとして育てると言い張った。唖然とする美都を差し置き、離婚届を捨てた涼太は何事もなかったよう…

全文を読む

ドラマ「あなたのことはそれほど」第7話、仲里依紗の追い詰める演技が話題に「瞬きひとつしないの怖すぎ」

ドラマ「あなたのことはそれほど」第7話、仲里依紗の追い詰める演技が話題に「瞬きひとつしないの怖すぎ」

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)

 ドラマ「あなたのことはそれほど」の第7話が2017年5月30日(火)に放送されたのだが、夫を追い詰める麗華(仲里依紗)の演技が「追い詰め方がゾクゾクする」「瞬きひとつしないの怖すぎ」と反響を読んでいる。

 涼太(東出昌大)から逃げるために家出した美都(波瑠)は、有島(鈴木伸之)と逃げることも叶わず母の悦子(麻生祐未)のスナックを手伝い始める。しかしスナックに涼太が現れてしまい、連れ戻された美都はついに離婚を要求。一方有島は、麗華の「外で食事でもしたい」というわがままを叶えてデートに出かけた。

 麗華は有島に連れてこられたレストランで、自分の母が父の女好きで苦労していたことと比較し、今の自分は幸せだと有島に感謝を述べる。しかしそんな麗華の様子を見て、有島は自分の行為を見透かされていると思い込み不倫を白状しかける。それに対し麗華は「何の話?」と有島の話を遮り、「私が知ってるのは、渡辺という女が訪ねて来た」「日を置いて、私の前に二度現れた男も渡辺といった」「あなたは私に聞かれて困ることがあると、ちょっと…

全文を読む

「いくえみ綾」のおすすめ記事をもっと見る

「いくえみ綾」のレビュー・書評をもっと見る

「いくえみ綾」の本・マンガ

アイネクライネナハトムジーク (下) (バーズコミックス スペシャル)

アイネクライネナハトムジーク (下) (バーズコミックス スペシャル)

作家
伊坂幸太郎
いくえみ綾
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2019-08-24
ISBN
9784344844971
作品情報を見る
みつめていたい (2) (マーガレットコミックス (1852))

みつめていたい (2) (マーガレットコミックス (1852))

作家
いくえみ綾
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088498522
作品情報を見る
まるごとねこっけ~雲田はるこ「いとしの猫っ毛」 トリビュートブック~ (シトロンコミックス)

まるごとねこっけ~雲田はるこ「いとしの猫っ毛」 トリビュートブック~ (シトロンコミックス)

作家
雲田はるこ
いくえみ綾
カシオ
雁須磨子
河内遙
草間さかえ
彩景でりこ
紗久楽さわ
志村貴子
蛇龍どくろ
竹内佐千子
田中相
金田淳子
たなと
釣巻和
ニイマリコ(HOMMヨ)
依田沙江美
新田祐克
日高ショーコ
秀良子
福田里香
藤生
三浦しをん
会田薫
桃山なおこ
もろづみすみとも
ヤマシタトモコ
山田参助
ふみふみこ
四宮しの
青山十三
竹田昼
遠藤
青木光恵
阿仁谷ユイジ
泉知佳(阿仁谷組)
糸井のぞ
宇野ジニア
えすとえむ
出版社
リブレ出版
発売日
2014-04-23
ISBN
9784799714775
作品情報を見る
いくえみ綾読みきり傑作選 2 (集英社文庫―コミック版)

いくえみ綾読みきり傑作選 2 (集英社文庫―コミック版)

作家
いくえみ綾
出版社
集英社
発売日
2008-07-18
ISBN
9784086187626
作品情報を見る

「いくえみ綾」人気の作品ランキングをもっと見る

「いくえみ綾」の関連画像・写真

「いくえみ綾」の関連画像・写真をもっと見る