読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いしいしんじ

職業・肩書き
作家
ふりがな
いしいしんじ

「いしいしんじ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

人、動物、音、香り… さまざまな“齢”を通して〈永遠〉を描く、渾身の27編

人、動物、音、香り… さまざまな“齢”を通して〈永遠〉を描く、渾身の27編

『よはひ』(いしいしんじ/集英社) 表紙には、枠をはみ出る勢いでのびのびと書かれた「よ」「は」「ひ」の三文字。著者いしいしんじの5歳になる息子、「ひとひ」君の手によるものだ。日本経済新聞(2015年12月27日)に寄せたエッセイの中でいしいさんは、ひとひ君の「うまれてはじめてかくひらがな」がマス目や行を前提とせず、〈横に、縦に、ななめに、どんどん溢れ〉る様子を見て、〈五歳児は、書いたかわりになにかを求めない。書くこと、そのものが「贈る」こと「渡す」ことだ。物書きとして、いつかは到達したい境地だと、ぼんやり見あげている〉と語る。『よはひ』(いしいしんじ/集英社)で描かれる27編は、「おはなし」好きのおとうさんとその息子ピッピを通して、誰もが幼い頃持っていた感覚を呼び覚まし胸を打つ作品だ。

ピッピが目をあける。色が、光が、爆発します

ピッピの視点から見える世界を描いて鮮やかなオープニングを飾る「二歳五ヶ月のピッピ」。続く各章のタイトルを見ると、「六十二歳の写真家」「小学四年の慎二」など、なるほど「よはひ=“齢”」に関わる物語が続く。“齢”があるのは人間だ…

全文を読む

『いしいしんじの音ぐらし』発売記念イベント開催! ゲストは湯浅学

『いしいしんじの音ぐらし』発売記念イベント開催! ゲストは湯浅学

『いしいしんじの音ぐらし』(いしいしんじ/シンコーミュージック)

 作家・いしいしんじの新刊『いしいしんじの音ぐらし』の発売を記念し、トーク&サイン会が、5月29日(金)、東京・ブックファースト新宿店で開催される。ゲストには音楽評論家の湯浅学が登場。

 本書には、ビートルズからボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、ピンク・フロイド…クレイジーケンバンドまで、いしいしんじがこよなく愛する古今東西の“音楽”が綴られている。デジタル版『ミュージック・ライフ+』に連載された人気コラム「いしいしんじの音ぐらし」の18編に、書き下ろし他を追加した珠玉のエッセイ集だ。

【イベント詳細】 ゲスト:湯浅学(音楽評論家) 日時:5月29日(金)19時スタート(開場:18時45分) 会場:ブックファースト新宿店 地下2階Fゾーンイベントスペース

ブックファースト/イベント&フェア情報はこちら

全文を読む

注目の新刊 『その場小説』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

注目の新刊 『その場小説』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

京都の書店では一冊の本が全裸の女に変わり男と交歓し、東京の寺ではビルマのジャングルに飛んだ男がトラを見て小便を漏らす……。呼ばれたらどこにでも出かけ、観客の前で即興で小説を書き、読むという独自のスタイルで小説を発表してきた著者の、54の物語が一冊に!

全文を読む

注目の新刊 『ある一日』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

注目の新刊 『ある一日』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

こんどこそ、生まれてきてくれる――。京都、鴨川にほど近い町屋に暮らす40代の夫婦のもとに、待ちに待った赤ん坊が誕生する。陣痛の苦しみに塗りこめられる妻と、励ましつつ寄りそう夫。人生最大の一日を克明に描きだした、胸を揺さぶる「出産小説」。

全文を読む

「いしいしんじ」のおすすめ記事をもっと見る

「いしいしんじ」の本・小説

麦ふみクーツェ (新潮文庫)

麦ふみクーツェ (新潮文庫)

作家
いしいしんじ
出版社
新潮社
発売日
2005-07-28
ISBN
9784101069227
作品情報を見る
ヒミツのヒミツの猫集会

ヒミツのヒミツの猫集会

作家
沖昌之
池澤春菜
いしいしんじ
前田司郎
今泉 忠明
出版社
天夢人
発売日
2019-02-14
ISBN
9784635820851
作品情報を見る
恋するように旅をして (講談社文庫)

恋するように旅をして (講談社文庫)

作家
角田光代
いしいしんじ
出版社
講談社
発売日
2005-04-15
ISBN
9784062750431
作品情報を見る

「いしいしんじ」人気の作品ランキングをもっと見る

「いしいしんじ」の関連画像・写真

「いしいしんじ」の関連画像・写真をもっと見る