読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山下和美

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
やました・かずみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1959年、北海道生まれ。80年デビュー。88年、『天才 柳沢教授の生活』の連載を開始し、2003年に第27回講談社漫画賞一般部門を受賞。01年から発表を続ける『不思議な少年』は、もう一つのライフワーク。『ランド』『続 数寄です! 女漫画家東京都内の数寄屋で暮らす』を連載。

「山下和美」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

山下和美『ランド』最新3巻発売! 山下作品キャラクターズの多彩な魅力

山下和美『ランド』最新3巻発売! 山下作品キャラクターズの多彩な魅力

 今、大きな話題を集めている山下和美さんの最新作『ランド』。待望の最新3巻は7月に発売されたばかりだ。奇妙に閉じられた世界の物語に山下さんが込めたのは、3・11以降の日本に感じる“不安”だった。

『ランド』(1〜3巻) 山下和美 講談社モーニングKC 800〜900円(税別)

 山に囲まれた奇妙な閉鎖空間「この世」に暮らす少女・杏。物語は、杏が鳥の落とした種を拾ったところから動き始める。山の向こうの「あの世」から飛んできた鳥。そこには、知命で死んだ人しかいけないはず。杏は思う。外の世界には誰か住んでいるの? それは、決して抱いてはいけない問いだった。なぜなら、神への畏れと厳しいしきたりで隠してきた「この世」の本来の形が見えてしまうから。彼女は知る。「この世」の外の世界には、超高層ビル群が広がっていることを。  山下和美さんは、人間と社会の観察者だ。山下さんが『ランド』に込めたのは、3・11以降の日本を見て、感じた“不安”。都合の悪い問いの隠蔽、異質な者の排除、起こり得る民衆の扇動……。「この世」の有り様は、日本のそれと重なるだろう。  しかし、『ラ…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2016年9月号】山下和美特集番外編

【ダ・ヴィンチ2016年9月号】山下和美特集番外編

編集T

 山下和美さんは本当に「人間」がお好きなマンガ家さんです。  大学在学中に少女マンガ誌でデビューをしてから現在に至るまで、「恋愛」、「音楽」、「歴史」、「建築」……とジャンルを問わず幅広いテーマの作品を発表されてこられましたが、いつもその主題の核には「人間」が、もっと言えば「人間のふしぎ」があったのではないかと思います。インタビューで数寄屋造りのご自宅にてお話を伺った際も「この人は、どうしてそう思うんだろう?」、「あの人は、なぜあんなことしたのだろう?」と、素朴だけれど、実ははっとさせられてしまうほど核心を突く「ふしぎ」が沢山あふれていました。

 特集の前半では、『天才 柳沢教授の生活』と『不思議な少年』という、そんな山下さんの好奇心を象徴する二つの偉大なライフワークを中心に、これまでの作品を振り返っていきました。

 そして、最新作『ランド』。四方を4体の強大な「神」によって閉ざされた、とある村を舞台にした本作は、作風も、画法も、舞台も、登場する人物たちも、これまでの作品とは一線を画しています。一体、山下さんは『ランド』で何を描こうとしている…

全文を読む

次にくる「恋愛マンガ」はコレ!

次にくる「恋愛マンガ」はコレ!

 マンガを語るうえで欠くことのできない王道ジャンル・恋愛マンガ。ダ・ヴィンチ3月号の「次にくるマンガ」特集が選んだ、次にくる有力作品は下記の通り。

■『アオハライド』(1~3巻)咲坂伊緒 集英社マーガレットC ■『14歳の恋』(1巻)水谷フーカ 白泉社 楽園C ■『ライアー×ライアー』(1~2巻) 金田一蓮十郎 講談社デザートC ■『脳内ポイズンベリー』(1巻) 水城せとな 集英社クイーンズC

『アオハライド』『14歳の恋』『ライアー×ライアー』は、大人もキュンとする恋愛ストーリー。好きな人を想う不自由で、でも少しウキウキする恋心が丁寧に描かれている。一方『脳内ポイズンベリー』は、少し変化球。恋愛マンガの武器“モノローグ”を、“脳内会議”で表現。「声をかける? 何を話す? オバサンって言われた……」。迷いと自虐的妄想は、恋につきもの。“大人の恋愛あるある”ともいえる、新感覚の作品だ。

 恋愛マンガで最も重要な要素は、主人公のキャラクターだ。昭和の時代、その魅力は、容姿、頭脳、才能など外面から語られることが多かった。しかし現代、それらはあまり重視さ…

全文を読む

落語に将棋・・・今マンガ界のブームは「和モノ」

落語に将棋・・・今マンガ界のブームは「和モノ」

『ちはやふる』の大ヒット以来、「和モノ」マンガが一ジャンルを為している。ダ・ヴィンチ3月号の「次にくるマンガ」特集では、次にくる有力「和モノ」マンガとして下記の作品を推している。

■『昭和元禄落語心中』(1~2巻) 雲田はるこ 講談社KC×ITAN ■『ひらけ駒!』(1~4巻) 南 Q太 講談社モーニングKC ■『数奇です!』(1~2巻) 山下和美 集英社愛蔵版C ■『路地恋花』(1~3巻) 麻生みこと 講談社アフタヌーンKC

歴史モノとは異なり、こちらは現代に息づく和の世界を、たとえば『ちはやふる』や『とめはねっ! 鈴里高校書道部』のように部活を通じて描き、『昭和元禄落語心中』や『ぴんとこな』のように芸事を通じて描くものだ。

 その一大勢力といえば将棋であろう。 『3月のライオン』や『ハチワンダイバー』などのビッグタイトルのみならず、本誌読者には『ひらけ駒!』にもぜひ注目してほしい。作中ことさらに言及されることはないが、ここで描かれるのは今日的なシングルマザーの家庭である。しかし本作は「母子家庭」のステロタイプとも、将棋の古臭さとも無縁だ。ただ…

全文を読む

「山下和美」のおすすめ記事をもっと見る

「山下和美」の本・マンガ

  • ランキング

ランド(10) (モーニング KC)

ランド(10) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2020-03-23
ISBN
9784065189214
作品情報を見る
ランド(9) (モーニング KC)

ランド(9) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2019-09-20
ISBN
9784065171349
作品情報を見る
ランド(8) (モーニング KC)

ランド(8) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2019-03-22
ISBN
9784065149560
作品情報を見る
ランド(7) (モーニング KC)

ランド(7) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2018-09-21
ISBN
9784065128015
作品情報を見る
杉原千畝 命のビザ (講談社 火の鳥伝記文庫)

杉原千畝 命のビザ (講談社 火の鳥伝記文庫)

作家
石崎洋司
山下和美
出版社
講談社
発売日
2018-07-22
ISBN
9784065124468
作品情報を見る
ランド(6) (モーニング KC)

ランド(6) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2018-03-23
ISBN
9784065110935
作品情報を見る
不思議な少年(6) (講談社漫画文庫)

不思議な少年(6) (講談社漫画文庫)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2017-11-10
ISBN
9784065106044
作品情報を見る
不思議な少年(5) (講談社漫画文庫)

不思議な少年(5) (講談社漫画文庫)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2017-11-10
ISBN
9784065106051
作品情報を見る

「山下和美」人気の作品ランキングをもっと見る