読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山際淳司

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
やまぎわ・じゅんじ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

スポーツ・ノンフィクション・ライター

「山際淳司」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

日本のスポーツノンフィクションを変えた、記念碑的名作

日本のスポーツノンフィクションを変えた、記念碑的名作

スポーツノンフィクションの名作。いや、名作などという言葉では追いつかないな。スポーツノンフィクションを語るとき必ず引き合いに出される、ひとつのモニュメントとも言える作品集だ。初版は1981年。入手は難しかった。著者の山際氏は、1995年に46歳という若さでこの世を去っている。新作が読めないなら、せめて既刊の佳作を広く勧めたい──それが今年6月に文庫の新装改版が発売、そして同時に電子書籍になった。これは嬉しい。

掲載されているのはぜんぶで8編。「八月のカクテル光線」は1979年夏の甲子園での星稜対箕島(と書いただけで「ああ、あれか!」とすぐに思い出す人も多いだろう)、「江夏の21球」は昭和54年の広島対近鉄の日本シリーズでの出来事(これもタイトルだけであの場面を思い出すファンは多そうだ)といったメジャーな出来事がある一方で、独学でボート競技でのオリンピックを目指した青年の「たった一人のオリンピック」、プロ入り後打撃投手に転向した投手を描く「背番号94」、ボクサーの美意識を追求した「ザ・シティ・ボクサー」、スカッシュの10年連続日本チャンピオンを追った…

全文を読む

「山際淳司」のレビュー・書評をもっと見る

「山際淳司」の本・小説

みんな山が大好きだった

みんな山が大好きだった

作家
山際淳司
出版社
中央公論新社
発売日
2003-05-23
ISBN
9784122042124
作品情報を見る
そして今夜もエースが笑う (角川文庫)

そして今夜もエースが笑う (角川文庫)

作家
山際淳司
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784041540541
作品情報を見る

「山際淳司」人気の作品ランキングをもっと見る

「山際淳司」の関連画像・写真

「山際淳司」の関連画像・写真をもっと見る