読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山崎ナオコーラ

職業・肩書き
作家
ふりがな
やまざき・なおこーら

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1978年、福岡県生まれ。2004年、『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞しデビュー。『美しい距離』で島清恋愛文学賞受賞。ほか、『論理と感性は相反しない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』など著書多数。エッセイ集に『かわいい夫』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2004年
『人のセックスを笑うな』第41回文芸賞

「山崎ナオコーラ」のおすすめ記事・レビュー

山崎ナオコーラさんと柚木麻子さんが金曜夜に語った! 女性の仕事と生活のホンネ

山崎ナオコーラさんと柚木麻子さんが金曜夜に語った! 女性の仕事と生活のホンネ

(左)柚木麻子さん(右)山崎ナオコーラさん

 3月8日(金)の夜、吉祥寺の書店BOOKSルーエの主催で、山崎ナオコーラさん作家デビュー15周年を記念するイベントが開催された。山崎さんはこのたび小説『趣味で腹いっぱい』(河出書房新社)とエッセイ『文豪お墓まいり記』(文藝春秋)を同時刊行。トークゲストに柚木麻子さんを迎え、年齢も近くともに小説家であるふたりが、女性の仕事と生活のあり方について語り合った。

山崎ナオコーラさん(以下、山崎) 柚木さんとは、作家仲間とのお花見やホームパーティーで知り合ったんですよね。最近ではご自宅にも遊びに行かせていただきました。

柚木麻子さん(以下、柚木氏) まさか来てもらえると思わなくてびっくりしましたよ。私、作家デビューする前からナオコーラさんの大ファンで、スクラップブックにいれていたくらいなので。

山崎 私も見せてもらいましたが、あのスクラップブック、すごい熱気ですよね。欲しい靴とか作家の写真とかいろんなものが混在していてシュールで。

柚木 そのときに好きなものや憧れているものをソニープラザのシールとともにひたすら貼りつ…

全文を読む

初めての赤ちゃん、そして育児―父親視点で見ると……? 思わず笑っちゃう、ヨシタケシンスケの育児エッセイ

初めての赤ちゃん、そして育児―父親視点で見ると……? 思わず笑っちゃう、ヨシタケシンスケの育児エッセイ

『ヨチヨチ父 とまどう日々』(ヨシタケシンスケ/赤ちゃんとママ社)

 生まれたばかりの赤ちゃんにとって、この世の全てが初めて。そしてそれと同時に、母親も父親も、「赤ちゃんを育てる」という初めてに出くわす。生まれる前から我が子を感じている母親と違って、父親は、生まれてきて初めて“我が子”という生き物に触れることになる。『ヨチヨチ父 とまどう日々』(ヨシタケシンスケ/赤ちゃんとママ社)は、そんな新しい家族に、そして生活の変化に戸惑うパパを描いたイラストエッセイ。

 本書には、『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)や『つまんないつまんない』(白泉社)、『あるかしら書店』(ポプラ社)等で有名な絵本作家・ヨシタケシンスケが実際に父親になって感じたことが、彼らしいユーモアあふれるイラストと発想力で描かれている。

例えば……

▲これくらいの気持ちでいてほしい、ということなのだろうか。育児にプラスで“育父”もだなんて、お母さんは大変だ……。(『ヨチヨチ父 とまどう日々』P.6より)

▲お母さんにとっては何気ないことであろう日常も、お父さんにとってはこんな感じらしい。こう見…

全文を読む

母親らしく、女らしくと思わなくなったら、子育ても人生も楽になった―最新作『母ではなくて、親になる』【山崎ナオコーラインタビュー】

母親らしく、女らしくと思わなくなったら、子育ても人生も楽になった―最新作『母ではなくて、親になる』【山崎ナオコーラインタビュー】

 2016年に出産した山崎ナオコーラさん。出産・育児の第一歩は“母親としてのあるべき理想像”からの脱却だった。母らしさ、女らしさにとらわれる女性のみならず、男性さえも呪縛から解き放つ、『Web河出』連載の人気エッセイがついに書籍化。タイトルに山崎さんが込めた想いとは?

『母ではなくて、親になる』 山崎ナオコーラ 河出書房新社 1400円(税別)

我が子が1歳になるまでの日々を通じて、育児だけでなく、夫婦のありようや働き方などについて綴られた子育てエッセイ。「結婚や出産をしたからといって、人生の先輩というわけじゃない。私自身、それを経歴にはしたくない。ただ、子どもを産んで育てている私の体験談を、ひとつの物語として受け取ってもらえたら」(山崎)。

やまざき・なおこーら●1978年、福岡県生まれ。2004年、『人のセックスを笑うな』で作家デビュー。『美しい距離』で島清恋愛文学賞受賞。ほか、著書に『論理と感性は相反しない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』など多数。目標は「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。エッセイ集に『かわいい夫』などがあ…

全文を読む

「母ではなくて、親になる」妊活、健診、保育園落選…1歳になるまでの親と子の驚きの毎日

「母ではなくて、親になる」妊活、健診、保育園落選…1歳になるまでの親と子の驚きの毎日

『母ではなくて、親になる』(著:山崎ナオコーラ、イラスト:ヨシタケシンスケ/河出書房新社)

 作家・山崎ナオコーラと書店員の夫の毎日を描いた育児エッセイ『母ではなくて、親になる』が、2017年6月19日(月)に発売された。

 “自然”や“普通”など、多くのレッテルが貼られて追い詰められてしまいがちな妊娠、出産、子育て。同書は、37歳で第一子を出産した山崎が、“母”ではなく“親”の目線で育児に向き合った痛快エッセイだ。

妊娠中に、「母ではなくて、親になろう」ということだけは決めたのだ。親として子育てするのは意外と楽だ。母親だから、と気負わないで過ごせば、世間で言われている「母親のつらさ」というものを案外味わわずに済む。母親という言葉をゴミ箱に捨てて、鏡を前に、親だー、親だー、と自分のことを見ると喜びでいっぱいになる本文より

 同書はWEB連載時から、「読むと救われます」「読後、自由な気持ちになる」「目からウロコ」と読者の熱い反響を集めていた。“男”や“女”でなく、“人”として生きたい人、今の社会に生きづらさを感じている人にもおススメの1冊。初回出荷版に…

全文を読む

30歳下の女性に恋心を抱く55歳未亡人の密かな楽しみとは? 山崎ナオコーラ『反人生』のスピンオフ「普通の人には人生がない」全5話無料公開!

30歳下の女性に恋心を抱く55歳未亡人の密かな楽しみとは? 山崎ナオコーラ『反人生』のスピンオフ「普通の人には人生がない」全5話無料公開!

『反人生』(山崎ナオコーラ/集英社)

 永作博美&松山ケンイチ出演で映画化された同名小説『人のセックスを笑うな』で知られ、多くの女性に支持されている山崎ナオコーラ。このたび、彼女の『反人生』のスピンオフ作品「普通の人には人生がない」(全5話)が無料公開される。

 JTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となるが、第1話だけは雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号と「ダ・ヴィンチニュース」の特設ページでも公開される。

 本編の『反人生』は、「人生作りには、興味がない」という55歳の荻原萩子の日常を緩やかに描いた物語。舞台は今から18年後の2034年、夫に先立たれ、ひとり暮らしをする彼女の目下の関心事は、アルバイト先で知り合った30歳年下の女性・早蕨(さわらび)のこと。その感情をはっきり恋だと認識しながらも、気持ちを伝えるつもりはなかった。何よりも早蕨とともに過ごす時間を大切にしたい。そんな萩子に早蕨の結婚という試練が訪れる――。

「人生作りには、興味がない」と聞くと消極的な人物を発想してしまいがちだが、萩子は逆。〈自分〉という存在にとらわれることな…

全文を読む

山崎ナオコーラ『反人生』の番外編が読める! 書き下ろし新作を無料公開

山崎ナオコーラ『反人生』の番外編が読める! 書き下ろし新作を無料公開

とある広場で“あの人”と

今月の“あの人”は…『反人生』の 荻原萩子 『反人生』 山崎ナオコーラ/集英社 2034年8月現在、荻原萩子は55歳。これまで3度の大震災と二度の戦争を経験し、10年以上前に夫を亡くしてからはマンションの12階でひとり暮らしをしている。もともと「人生作りには、興味がない」と刹那的に生きてきた彼女にとって、ある程度の蓄えができた今の一番の関心事は、アルバイト先で知り合った早蕨という30歳年下の女性のこと。その感情をはっきり恋だと認識しながらも、相手に気持ちを伝えるつもりはなかった。何よりも早蕨とともに過ごす時間を大切にしたい。そんな萩子に早蕨の結婚という試練が訪れる――「反人生」。表題作を含む4編を所収する作品集。本作「普通の人には人生がない」では、57歳になった萩子の日常、亡き夫との思い出話が描かれる。

『反人生』番外編 普通の人には人生がない【第一話】山崎ナオコーラ

全文を読む

『文藝』創刊80周年フェア 人気作家による「書き下ろし掌編」掲載のフリーペーパーを配布

『文藝』創刊80周年フェア 人気作家による「書き下ろし掌編」掲載のフリーペーパーを配布

フリーペーパーイメージ

 河出書房新社が発行する文芸誌『文藝』の創刊80年を記念し、人気作家たちのスペシャルフェアが全国書店で開催されている。

 2014年5月からは、新刊『風』が発売になった青山七恵氏の掌編「微風」を掲載したフリーペーパー「青山七恵の世界」が配布された。それに続いて6月は「山崎ナオコーラの世界」を配布中。山崎ナオコーラ氏は河出文庫より『ニキの屈辱』の文庫版が刊行されたばかり。フリーペーパー掲載の掌編も気になるところだ。

 7月下旬からは、最新短編集『A』を刊行する中村文則氏、『狼少女たちの聖ルーシー寮』の翻訳を手がける松田青子氏のフリーペーパーを配布する予定となっている。

 同フェアは8月以降も継続して開催され、フリーペーパーは、スペシャルフェア開催書店でしか手に入らない作成数限定。書店で見かけたらぜひ手に取ってみてほしい。

 フェア詳細、開催書店などは河出書房新社公式サイトにて。

全文を読む

特集番外編1 2013年8月号

特集番外編1 2013年8月号

人に歴史あり、本屋にドラマあり

編集h  

今月号の特集は、

「わたしを本好きにしてくれた、わたしの街の本屋さん」。

超拡大56ページで、

関東甲信越/関西/北海道/中国・四国/九州・沖縄/東北/中部と、

全国各地のご当地本屋さんと、そこに集う人々のドラマをご紹介しております。

記事を作っていて思ったのは、本屋さんとその街のつながりの深さです。

どの本屋さんも街の人々に愛されているし、どの本屋さんも、

街の人たちに愛される店づくり、本棚作りを、していらっしゃいました。

そして、当たり前ですが、どの本屋さんも本が大好き!

自分の住む街に通える本屋さんがあるかどうかは

大げさではなく、その後の人生を大きく変えます。

こんな素敵な本屋さんに子どもの頃から通っていたら、

そりゃあ本好きになるよなあ、としみじみ思いました。

あらためて、私を本好きにしてくれた街の本屋さんに感謝。

私も地元に帰ったら、子どもの頃に通っていた本屋さんに

また立ち寄ってみようと思います。

特集内では、

「永江朗&山崎ナオコーラのぶらり東京書店めぐり」

「戸塚祥太(A.B.C-Z)アイドルが体験! 1日書店員…

全文を読む

「山崎ナオコーラ」のおすすめ記事をもっと見る

「山崎ナオコーラ」のレビュー・書評をもっと見る

「山崎ナオコーラ」の本・小説

ブスの自信の持ち方

ブスの自信の持ち方

作家
山崎ナオコーラ
出版社
誠文堂新光社
発売日
2019-07-10
ISBN
9784416519561
作品情報を見る
趣味で腹いっぱい

趣味で腹いっぱい

作家
山崎ナオコーラ
出版社
河出書房新社
発売日
2019-02-21
ISBN
9784309027784
作品情報を見る
母ではなくて、親になる

母ではなくて、親になる

作家
山崎ナオコーラ
出版社
河出書房新社
発売日
2017-06-15
ISBN
9784309025803
作品情報を見る
可愛い世の中 (講談社文庫)

可愛い世の中 (講談社文庫)

作家
山崎ナオコーラ
出版社
講談社
発売日
2018-05-15
ISBN
9784062939096
作品情報を見る
ベランダ園芸で考えたこと (ちくま文庫)

ベランダ園芸で考えたこと (ちくま文庫)

作家
山崎ナオコーラ
出版社
筑摩書房
発売日
2019-05-09
ISBN
9784480435941
作品情報を見る
偽姉妹 (単行本)

偽姉妹 (単行本)

作家
山崎ナオコーラ
出版社
中央公論新社
発売日
2018-06-07
ISBN
9784120050909
作品情報を見る
文豪お墓まいり記

文豪お墓まいり記

作家
山崎ナオコーラ
出版社
文藝春秋
発売日
2019-02-22
ISBN
9784163909707
作品情報を見る
かわいいおとうさん

かわいいおとうさん

作家
山崎ナオコーラ
ささめや ゆき
出版社
こぐま社
発売日
2017-10-18
ISBN
9784772102377
作品情報を見る

「山崎ナオコーラ」人気の作品ランキングをもっと見る

「山崎ナオコーラ」の関連画像・写真

「山崎ナオコーラ」の関連画像・写真をもっと見る