読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山崎賢人

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
やまざき・けんと

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1994年、東京都生まれ。2010年、ドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビュー。以降、NHK連続テレビ小説『まれ』など数多くのドラマ・映画で活躍。映画『orange‐オレンジ‐』『ヒロイン失格』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』『氷菓』に出演。

「山崎賢人」のおすすめ記事・レビュー

山崎賢人&松岡茉優共演で描かれる恋の行方は? 又吉直樹の小説『劇場』映画化が話題

山崎賢人&松岡茉優共演で描かれる恋の行方は? 又吉直樹の小説『劇場』映画化が話題

『劇場』(又吉直樹/新潮社)

 又吉直樹の小説『劇場』が山﨑賢人主演で映画化され、2020年の公開が決定。この発表にファンからは、「来年の期待作としてチェックしなきゃ!」「今から楽しみすぎてドキドキが止まらない」と喜びの声が巻き起こった。

 原作は芥川賞受賞作『火花』よりも先に執筆がスタート。作家・又吉直樹にとっての原点であり、“書かずにはいられなかった”恋愛小説だという。映画では劇作家を目指す主人公・永田と、彼を必死に支えようとする沙希の生涯忘れられない7年間の恋が描かれる。

 監督を務めるのは、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」「リバーズ・エッジ」など多くの話題作をヒットに導いてきた行定勲。脚本は「ピンクとグレー」でも行定と組んだ、蓬莱竜太が担当する。また主人公・永田(山﨑)を応援するヒロイン・沙希には、映画「勝手にふるえてろ」や「万引き家族」などで高評価を受ける女優・松岡茉優がキャスティングされた。

 行定監督は映画化にあたって、「山﨑賢人と松岡茉優という稀代の若く鋭い感性と共に、自戒を込めてどうしようもない男と女の在り方を映画として映し出せたら…

全文を読む

映画「キングダム」インターナショナル版PV公開! 未公開映像も追加した動画が話題

映画「キングダム」インターナショナル版PV公開! 未公開映像も追加した動画が話題

 2019年4月19日(金)に公開される映画「キングダム」のインターナショナル版プロモーション映像が公開された。日本未解禁映像を含む約3分半ほどの映像は、「なんだかさらに壮大なことになってきた」「世界でも通用する映画になりそう」と話題になっている。

 原泰久の漫画を原作とした同映画は、春秋戦国時代の中国を舞台とした作品。山崎賢人(※崎は正しくはたつさき)演じる主人公・信が、“天下の大将軍”を夢見て国同士の戦いに身を投じていく物語だ。日本で公開された予告映像では、山崎のほかに吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、大沢たかおといった俳優陣が登場。ONE OK ROCKが手がける主題歌「Wasted Nights」も解禁されている。

 今回公開されたインターナショナル版は、日本版予告に未公開映像を追加した動画。信が秦国の若き王・嬴政や河了貂と出会う場面のほか、8万の敵に立ち向かう圧倒的なアクションシーンなどが挿入された。映像を見た人からは、「日本の作品とは思えないクオリティ」「1人1人の見せ場があってますます観たくなってきた!」「日本版の予告よりアクショ…

全文を読む

山崎賢人、広瀬アリス主演で初の実写化も! 累計230万部突破、米澤穂信による大人気学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズに迫る一冊

山崎賢人、広瀬アリス主演で初の実写化も! 累計230万部突破、米澤穂信による大人気学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズに迫る一冊

 累計230万部を突破した、米澤穂信による学園ミステリー〈古典部〉シリーズ初の映画化作品、映画『氷菓』が山崎賢人(※崎は正しくはたちさき)、広瀬アリス主演で11月3日(金)より公開される。

『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞、『満願』『王とサーカス』では「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「ミステリが読みたい!」で1位、史上初ミステリーランキング2年連続3冠を獲得した、人気ミステリー作家・米澤穂信。そんな米澤のデビュー作であり、その後6作品までが刊行されている〈古典部〉シリーズの幕開けとなったのが、今回映画化される『氷菓』だ。

 主人公は「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとする“省エネ”少年・折木奉太郎。奉太郎は姉の命令で、高校入学と同時に部員ゼロの古典部に入らされる。そこで出会ったのは、清楚だが大きな瞳におさえきれない好奇心がにじむ少女・千反田える。中学校からの友人、福部里志と伊原摩耶花も古典部に加わり、奉太郎は仲間に依頼され、さ…

全文を読む

役所広司主演ドラマ「陸王」に絶賛の声続出!「初回から良すぎ…」

役所広司主演ドラマ「陸王」に絶賛の声続出!「初回から良すぎ…」

『陸王』(池井戸潤/集英社)

 池井戸潤原作のドラマ「陸王」第1話が2017年10月15日(日)に放送され、視聴者から「泣きすぎて袖がべたべたです」「1話から胸熱すぎるぜ…」と感動の声が寄せられている。

 同ドラマは、埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」が舞台。役所広司演じる四代目社長・宮沢紘一を中心に20名の従業員が集まっているが、オープニングから足袋を裁縫するための重要なミシンが壊れてしまい、宮沢らは代替パーツのある三重県まで車を走らせるなど慌ただしい展開を見せることに。

 こはぜ屋は老舗工場ながら年々先細る足袋の需要で資金繰りに頭を悩ませており、宮沢は融資担当の坂本(風間俊介)から新規事業進出への提言を受ける。その後もトラブルが重なったこともあり、宮沢は娘からのメールをきっかけにして“マラソン足袋”の開発に着手。坂本のサポートもあってランニングインストラクター・有村(光石研)と知り合い、豊橋国際マラソン大会に向かう。

 宮沢は大会の現場で茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)というライバル選手同士のデッドヒートを目撃。茂木がシューズに起因した足…

全文を読む

桐谷美玲&山崎賢人の撮り下ろしインタビューも収録! 月9「好きな人がいること」公式シナリオブック

桐谷美玲&山崎賢人の撮り下ろしインタビューも収録! 月9「好きな人がいること」公式シナリオブック

『公式シナリオブック 好きな人がいること』(桑村さや香、大北はるか/発行:LINE/発売:メディア・パル)

 電子コミックサービス「LINE マンガ」で連載中の人気作品『好きな人がいること(ノベル)』をシナリオブック化した『公式シナリオブック 好きな人がいること』が、2016年9月28日(水)に発売される。

 キスの仕方も忘れるほどスッカリ恋愛にご無沙汰のパティシエ・櫻井美咲は、初恋の人・柴崎千秋と再会。住み込みで彼のレストランで働くことになる。だがそこにはお調子者の三男・冬真がいたほか、店を支えるシェフの夏向がいた。ぶっきらぼうな夏向は、美咲のことをシェフとは認めず、パシリ扱いするが……。イケメン三兄弟とひとつ屋根の下で、交差する恋愛模様。  山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)、三浦翔平、野村周平ら人気イケメン俳優が、桐谷美玲演じる美咲と一緒に暮らすことになる3兄弟を演じ、4人のやりとりに毎回胸キュンする人が続出した月9ドラマ「好きな人がいること」。

 そんな「好きな人がいること」が、ドラマと合わせて「LINE マンガ」で無料連載がされていた…

全文を読む

桐谷美玲「女の子はミーハーな方が絶対に楽しい!」桐谷が語った、“ミーハー”の良さとは?

桐谷美玲「女の子はミーハーな方が絶対に楽しい!」桐谷が語った、“ミーハー”の良さとは?

 8月10日(水)に発売された『ar』9月号の表紙と巻頭特集に登場したのは、現在放送中の月9ドラマ「好きな人がいること」で初主演を務めている桐谷美玲。同号は「ミーハー号」ということで、桐谷がハマっていることや最新トレンドに迫っている。

撮影:三宮幹史(DUSTFREE PRODUCTION)

 セクシー号・ヘア号・ファッション号・ビューティー号・ボディ号・LOVE号・モテ号…など、女子に刺さるコンテンツを生み出してきた『ar』。そして今回新たに加わったのが、「ミーハー号」だ。“ミーハー”というと、ちょっとネガティブな印象として捉えられがち。しかし同号の特集内では、“ミーハー”とは、より女子をブラッシュアップさせるための合言葉として、「貪欲女子こそチャンスと成長あり!!!」をテーマに、様々なコンテンツが掲載されている。

 表紙と巻頭特集に登場した桐谷も、小さい頃はすごくミーハーで、流行っていると聞けばなんでも欲しくなっちゃう子どもだったそう。ファッションでもビューティーでも、いろんなことに挑戦した方が自分に似合う素敵なものがたくさん見つかりそうだから、…

全文を読む

『orange』高野苺が描く、“女1人+男3人 同居もの”ラブコメディ『夢みる太陽』

『orange』高野苺が描く、“女1人+男3人 同居もの”ラブコメディ『夢みる太陽』

『夢みる太陽』(高野 苺/双葉社)

 最新作『orange』が「このマンガがすごい!」(オトコ編)や「全国書店員が選んだおすすめコミック2015」の上位にランクインし、単行本累計部数は400万部を突破。土屋太鳳・山崎賢人の主演によって実写映画化もされ、今、もっとも注目を集めている漫画家の一人である高野 苺。

 今回紹介するのは、その高野の代表作『夢みる太陽』である。

 主人公は、高校2年生の亀戸しま奈。母親は3年前に交通事故で亡くなり、やがて父親が再婚。義理の弟が生まれ、「居場所がない」と感じるようになったしま奈は家出をし、公園で、酒に酔って倒れていた藤原 虎(たいが)と出会う。

 虎は、しま奈と同じ高校に通う3年生の龍ヶ江朝陽、2年生の中城 善と一緒に一軒家で暮らしており、しま奈も虎の家に身を寄せることに。同居にあたり、虎はしま奈に「夢を持て」「恋をしろ」と告げる。それまで「やりたいことも目標もなく生きていた」しま奈は、三人との共同生活の中でさまざまな人間模様に触れ、少しずつ成長していく――。

 本作の魅力は、何よりもまず、登場人物たちのキャラクター造…

全文を読む

「山崎賢人」のおすすめ記事をもっと見る

「山崎賢人」のレビュー・書評をもっと見る

「山崎賢人」の本・小説

山崎賢人写真集「KENTO YAMAZAKI」

山崎賢人写真集「KENTO YAMAZAKI」

作家
山崎賢人
荒木勇人
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-04-24
ISBN
9784048963695
作品情報を見る

「山崎賢人」人気の作品ランキングをもっと見る

「山崎賢人」の関連画像・写真

「山崎賢人」の関連画像・写真をもっと見る