読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山崎豊子

職業・肩書き
作家
ふりがな
やまざき・とよこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1924年、大阪府生まれ。京都女子専門学校(現・京都女子大学)を卒業後に毎日新聞社に入社。57年、『暖簾』で作家デビューして翌58年に『花のれん』で直木賞受賞。『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』『運命の人』などベストセラー多数。91年、菊池寛賞受賞。93年には中国残留孤児の帰国子女たちに奨学金を贈る「山崎豊子文化財団」を設立。2013年9月29日、心不全で死去。享年88。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1958年
『花のれん』第39回直木賞
1959年
『ぼんち』大阪府芸術賞
1963年
『花紋』第2回婦人公論読者賞
1968年
『花宴』第6回婦人公論読者賞
1991年
『大地の子』第39回菊池寛賞
2009年
『運命の人』第63回毎日出版文化賞特別賞

「山崎豊子」のおすすめ記事・レビュー

大学へ進学した“一心”に色恋沙汰!? 中国の鉄鋼生産の倍増計画が提唱され、学生たちも労働を強いられ…/マンガ大地の子⑥

大学へ進学した“一心”に色恋沙汰!? 中国の鉄鋼生産の倍増計画が提唱され、学生たちも労働を強いられ…/マンガ大地の子⑥

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

<続きは本書でお楽しみください>

全文を読む

1949年、新中国が誕生。奉公先から戻され教育が受けられるようになった少年の次なる試練とは/マンガ大地の子⑤

1949年、新中国が誕生。奉公先から戻され教育が受けられるようになった少年の次なる試練とは/マンガ大地の子⑤

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

<第6回に続く>

全文を読む

毛沢東と蔣介石率いる二党が激しい内戦を繰り返していた頃…小学校教師に拾われた少年が、“新しい家族”になった出来事/マンガ大地の子④

毛沢東と蔣介石率いる二党が激しい内戦を繰り返していた頃…小学校教師に拾われた少年が、“新しい家族”になった出来事/マンガ大地の子④

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

<第5回に続く>

全文を読む

中国人夫婦に引き取られた7歳の少年は、重労働に耐えながら懸命に生きていたが、ある日逃げ出した先で――!?/マンガ大地の子③

中国人夫婦に引き取られた7歳の少年は、重労働に耐えながら懸命に生きていたが、ある日逃げ出した先で――!?/マンガ大地の子③

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

※画像は加工しており、書籍の内容と異なります

<第4回に続く>

全文を読む

関東軍はすでに逃亡。8月15日終戦も知らず、“棄民”たちは歩き続け赤ん坊を捨てた母親も…/マンガ大地の子②

関東軍はすでに逃亡。8月15日終戦も知らず、“棄民”たちは歩き続け赤ん坊を捨てた母親も…/マンガ大地の子②

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

<第3回に続く>

全文を読む

なぜ、中国に取り残されたのか? 戦争で引きさかれた父と子。国民的作家・山崎豊子の不朽の名作をコミカライズ!/マンガ大地の子①

なぜ、中国に取り残されたのか? 戦争で引きさかれた父と子。国民的作家・山崎豊子の不朽の名作をコミカライズ!/マンガ大地の子①

1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れていた。敗戦によって日本から見棄てられ、妹とも生き別れ、中国の人々からは「小日本鬼子」と蔑まれた陸一心(ルー・イーシン)は、スパイ容疑をかけられてリンチをうけ、内モンゴルの労働改造所へ送られる。2つの祖国に翻弄されつつ、自らの生き方を探し求める一心に待ち受ける運命とは――。戦争と平和を問い続けた国民的作家・山崎豊子の不朽の名作を、日中国交正常化50周年&文藝春秋100周年を機にコミカライズ!

※この記事には刺激的なシーンが含まれます。ご了承のうえお読みください。また、歴史的な事実を尊重し、原文のまま掲載しております。

<第2回に続く>

全文を読む

岡田准一『白い巨塔』唐沢寿明版との“決定的な違い”に反響続出「印象が全く変わるね」

岡田准一『白い巨塔』唐沢寿明版との“決定的な違い”に反響続出「印象が全く変わるね」

『白い巨塔』(山崎豊子/新潮社)

 テレビ朝日開局60周年ドラマ『白い巨塔』が5月22日(水)~26日(日)の5夜連続で放送された。同作は、これまで何度か映像化されている国民的大人気作。放送にあたって前作と様々な比較がなされたが、特に大きく異なったのは“財前と里見の友情の描かれ方”であろう。視聴者からも「財前と里見先生との友情がメインだったのかな」「財前教授が心を開いて甘えられるのは里見医師だったんだろうな」などと評する声があがっている。

 同ドラマは、作家・山崎豊子氏による大ベストセラー小説が原作。大阪の大学病院を舞台に、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫った作品で、刊行から50年経った今なお多くの人々に愛され“不朽の名作”と名高い。これまでの映像化作品では主人公の財前五郎役を、1978年から79年にわたって田宮二郎さんが、2003年には唐沢寿明が演じており、今回は「V6」岡田准一が熱演。医師として財前とは“正反対”の考えを持つ同期の里見脩二役は、松山ケンイチが演じ、物語の設定は2019年に置きかえられ、現代の最新医療ならではの演出が追加された…

全文を読む

ムロツヨシ「今回ばかりは笑わない準備をして…」小栗旬とバチバチの対立劇を繰り広げる『二つの祖国』に期待の声続出

ムロツヨシ「今回ばかりは笑わない準備をして…」小栗旬とバチバチの対立劇を繰り広げる『二つの祖国』に期待の声続出

『二つの祖国』1巻(山崎豊子/新潮社)

 山崎豊子の『二つの祖国』が、小栗旬とムロツヨシの共演でドラマ化。この知らせにファンは「この名作を今の時代にどうドラマ化するのか楽しみ」「重厚な見ごたえのある作品にしてほしい」と期待を寄せているようだ。

 同作はテレビ東京の開局55周年特別企画として、2019年3月30日(土)、31(日)に放送予定。舞台は第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本。賢治とチャーリーは同じ日系2世でありながら、“日本人であること”に正反対な考え方を持っていた。2人は「戦争」という歴史の流れに翻弄されながら、時に助け合い、時にぶつかり合っていく―。

 ロサンゼルス・リトルトーキョーの新聞記者である主人公・天羽賢治役には、硬軟さまざまな役柄を巧みに表現する小栗旬が。賢治の友人兼ライバルで野心家のチャーリー田宮役には、ムロツヨシがキャスティングされている。これにはネット上で「シリアスな役柄の小栗旬&ムロって想像できない!」「実力派な2人だから、素晴らしい演技を見せてくれるはず」といった声が続出。

 また小栗はチャーリー役をムロが演じること…

全文を読む

「山崎豊子」のおすすめ記事をもっと見る

「山崎豊子」のレビュー・書評をもっと見る

「山崎豊子」の本・小説

「山崎豊子」人気の作品ランキングをもっと見る

「山崎豊子」の関連画像・写真

「山崎豊子」の関連画像・写真をもっと見る