読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山崎豊子

職業・肩書き
作家
ふりがな
やまざき・とよこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1924年、大阪府生まれ。京都女子専門学校(現・京都女子大学)を卒業後に毎日新聞社に入社。57年、『暖簾』で作家デビューして翌58年に『花のれん』で直木賞受賞。『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』『運命の人』などベストセラー多数。91年、菊池寛賞受賞。93年には中国残留孤児の帰国子女たちに奨学金を贈る「山崎豊子文化財団」を設立。2013年9月29日、心不全で死去。享年88。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1958年
『花のれん』第39回直木賞
1959年
『ぼんち』大阪府芸術賞
1963年
『花紋』第2回婦人公論読者賞
1968年
『花宴』第6回婦人公論読者賞
1991年
『大地の子』第39回菊池寛賞
2009年
『運命の人』第63回毎日出版文化賞特別賞

「山崎豊子」のおすすめ記事・レビュー

ムロツヨシ「今回ばかりは笑わない準備をして…」小栗旬とバチバチの対立劇を繰り広げる『二つの祖国』に期待の声続出

ムロツヨシ「今回ばかりは笑わない準備をして…」小栗旬とバチバチの対立劇を繰り広げる『二つの祖国』に期待の声続出

『二つの祖国』1巻(山崎豊子/新潮社)

 山崎豊子の『二つの祖国』が、小栗旬とムロツヨシの共演でドラマ化。この知らせにファンは「この名作を今の時代にどうドラマ化するのか楽しみ」「重厚な見ごたえのある作品にしてほしい」と期待を寄せているようだ。

 同作はテレビ東京の開局55周年特別企画として、2019年3月30日(土)、31(日)に放送予定。舞台は第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本。賢治とチャーリーは同じ日系2世でありながら、“日本人であること”に正反対な考え方を持っていた。2人は「戦争」という歴史の流れに翻弄されながら、時に助け合い、時にぶつかり合っていく―。

 ロサンゼルス・リトルトーキョーの新聞記者である主人公・天羽賢治役には、硬軟さまざまな役柄を巧みに表現する小栗旬が。賢治の友人兼ライバルで野心家のチャーリー田宮役には、ムロツヨシがキャスティングされている。これにはネット上で「シリアスな役柄の小栗旬&ムロって想像できない!」「実力派な2人だから、素晴らしい演技を見せてくれるはず」といった声が続出。

 また小栗はチャーリー役をムロが演じること…

全文を読む

岡田准一が財前五郎役に挑む!『白い巨塔』テレ朝でスペシャルドラマ化に期待の声

岡田准一が財前五郎役に挑む!『白い巨塔』テレ朝でスペシャルドラマ化に期待の声

『白い巨塔』1巻(山崎豊子/新潮社)

 山崎豊子「白い巨塔」が、テレビ朝日の開局60周年を記念して2019年に再ドラマ化されることが決定。原作や前作のファンから「あの名作が帰ってくるとは… 必ず見なきゃ」「出演者が凄く気になる!」と期待の声が続出している。

 原作は昭和30年代を舞台とした長編医療小説。成り上がりを目指す外科医・財前五郎と患者を第一に考える内科医・里見脩二の対立を描き、「いつの時代にも読める名作!」と読者の心を掴み続けている。2003年にも時代背景を変更してドラマ化、大ヒットを記録した。

 今回の放送では時代背景を2019年に再設定。現代の最新医療を背景に、大学病院内での対立などを描いていく。

 気になる財前役には、V6の岡田准一を抜擢。出演にあたり岡田は、「『白い巨塔』という作品を制作することも、僕が財前五郎という人物を演じることも、“今やること”に何らかの意味や意義があると思います。それを探し、見つけながら、監督はじめ、みんなでエネルギーをぶつけて『白い巨塔』と戦っていますので、ぜひ出来上がりを期待してお待ち下さい!」とコメントした。

全文を読む

山崎豊子『女の勲章』、松嶋菜々子主演でスペシャルドラマ化決定に期待の声!

山崎豊子『女の勲章』、松嶋菜々子主演でスペシャルドラマ化決定に期待の声!

『女の勲章』上巻(山崎豊子/新潮社)

 『白い巨塔』『沈まぬ太陽』などで知られる山崎豊子の名作小説『女の勲章』がスペシャルドラマとして放送されることが決定した。これまでにも映画化、ドラマ化されてきた同書だが、「原作がそもそも面白い上にこの主演は最高」「今回のキャスティングは神!」と話題になっている。  戦後の日本の環境や周囲の人間に翻弄されながらも、ファッションデザイナーとして生きる女性主人公・大庭式子にキャスティングされたのは松嶋菜々子。現段階でキャストは主演の松嶋以外明かされていないが、「松嶋菜々子が働く女性やれば間違いなくかっこよくなるでしょ!」「どんな役もできるし安定感が半端ないからな! 今回も楽しみ!」と期待の声ばかり。

 プロデューサーが「各界で女性のトップが多く誕生している現在こそ放送する意義がある」と語るように、同作は山崎豊子の作品の中でも珍しく女性が主人公。さらに戦後のファッション業界が舞台ということから、「朝ドラ面白いし、これも絶対期待でしょ!」と現在放送中の朝ドラ「べっぴんさん」を思い出す人も多いようだ。

 松嶋がどのように主人公…

全文を読む

15日(日)夜9時放送スタート!TVドラマ『運命の人』原作小説は電子書籍でも読める!

15日(日)夜9時放送スタート!TVドラマ『運命の人』原作小説は電子書籍でも読める!

1月15日(金)夜9時、TBS系列で放送がスタートするTVドラマ『運命の人』の原作は電子書籍で配信中です!

原作は『白い巨塔』『大地の子』『沈まぬ太陽』など社会派の作品で知られる山崎豊子。 今回ドラマ化された『運命の人』は取材・執筆に10年を費やし2009年に単行本(1巻~4巻)が刊行された、著者の最新作です。

70年代に起こった「外務省機密漏洩事件」が題材にした、骨太の一作! 新聞記者の弓成亮太は、あることから沖縄返還交渉の裏で結ばれた密約に気付いてしまう。国家機密を知ってしまった弓成がとる行動とは……。 国家権力と対立した男の挫折と再生を描いた、毎日出版文化賞特別賞受賞の大作です。

電子版には、この作品に寄せる著者の談話が特別収録されています!

■運命の人(1~4) 山崎豊子 文藝春秋 (電子文庫パブリ) ■文春WEB文庫(文藝春秋公式サイト)

全文を読む

「山崎豊子」のおすすめ記事をもっと見る

「山崎豊子」のレビュー・書評をもっと見る

「山崎豊子」の本・小説

不毛地帯(三) (新潮文庫)

不毛地帯(三) (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2009-03-17
ISBN
9784101104423
作品情報を見る
不毛地帯(二) (新潮文庫)

不毛地帯(二) (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2009-03-17
ISBN
9784101104416
作品情報を見る
不毛地帯(一) (新潮文庫)

不毛地帯(一) (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2009-03-17
ISBN
9784101104409
作品情報を見る
白い巨塔〈第3巻〉 (新潮文庫)

白い巨塔〈第3巻〉 (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2002-11-20
ISBN
9784101104355
作品情報を見る
不毛地帯(四) (新潮文庫)

不毛地帯(四) (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2009-03-17
ISBN
9784101104430
作品情報を見る
不毛地帯(五) (新潮文庫)

不毛地帯(五) (新潮文庫)

作家
山崎豊子
出版社
新潮社
発売日
2009-03-17
ISBN
9784101104447
作品情報を見る
大地の子〈1〉 (文春文庫)

大地の子〈1〉 (文春文庫)

作家
山崎豊子
出版社
文藝春秋
発売日
1994-01-10
ISBN
9784167556013
作品情報を見る

「山崎豊子」人気の作品ランキングをもっと見る

「山崎豊子」の関連画像・写真

「山崎豊子」の関連画像・写真をもっと見る