読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「山田詠美」の関連記事

運命に翻弄される男女の悲喜劇を描く 谷崎の『痴人の愛』に挑んだ衝撃作

運命に翻弄される男女の悲喜劇を描く 谷崎の『痴人の愛』に挑んだ衝撃作

『賢者の愛』(山田詠美/中央公論新社) 残酷な性犯罪者の顔と人も羨む紳士の顔を併せ持つ男と、彼に魅せられた男の異色の恋愛を描いたピカレスク小説『ジェントルマン』。幸せの象徴だった長兄の死によって家族が本物の家族として結ばれていく、喪失と再生の物語『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』。この4年ほどの間に出版された山田詠美さんの作品は、従来の大人の恋愛小説や少年少女の青春小説とは異なる、新たな物語世界を構築して注目を集めた。 そし…

もっと見る

2012年芥川賞作家・鹿島田真希がBLを書いていた

2012年芥川賞作家・鹿島田真希がBLを書いていた

 『冥土めぐり』(河出書房新社)で2012年上半期の芥川賞を受賞した鹿島田真希。『文藝春秋』に掲載された選評でも、「鹿島田さんにしか描けない世界」(小川洋子)、「受賞にふさわしい一作」(堀江敏幸)、「圧倒された」(山田詠美)と賛辞の言葉が並んだ。また、三島賞、野間文芸新人賞、そしてこの芥川賞で“新人賞3冠”を達成。いま、純文学界を背負って立つ、頼もしい作家のひとりといえよう。しかし、そんな鹿島田の作品に、かなり濃厚なBLがあるのだという。  その作品は、2007…

もっと見る