読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イチロー

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
いちろー

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

プロ野球選手

「イチロー」のおすすめ記事・レビュー

リオオリンピック、政治とカネ問題、ピコ太郎…今年の漢字は「金」に決定! トップ10には「不」「倫」もランクイン

リオオリンピック、政治とカネ問題、ピコ太郎…今年の漢字は「金」に決定! トップ10には「不」「倫」もランクイン

2016年今年の漢字(R)「金」 (写真提供:公益財団法人 日本漢字能力検定協会)

 全国153,562票の応募の中から選ばれた2016年「今年の漢字(R)」の第1位は「金」に決定した。  「今年の漢字(R)」は、日本漢字能力検定協会が毎年年末に、今年1年の世相を表す漢字一字とその理由を全国から募集し、最も応募数の多かった漢字を京都・清水寺の貫主・森清範の書によって発表するもの。今年は全国から153,562票の応募があり、「金」が6,655票(4.33%)を集めて1位となった。

2016年今年の漢字(R)「金」 (写真提供:公益財団法人 日本漢字能力検定協会)

「金(キン・コン/かね・かな/こがね)」が表す2016年とは  「金」が選ばれた理由として、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた第31回夏季オリンピックで、日本人選手が12個の「金」メダルを含む、史上最多のメダルを獲得し人々に感動を与え、2020年開催予定の東京オリンピックへの期待も高まる1年であったこと。また、舛添要一・前東京都知事による政治資金私的流用疑惑や、築地市場移転問題の混迷化、東京オ…

全文を読む

イチローがイチローを演じてきた理由とは? 大リーグ関係者の言葉で明らかに!

イチローがイチローを演じてきた理由とは? 大リーグ関係者の言葉で明らかに!

『イチローがいた幸せ』(杉浦大介/悟空出版)

 2016年8月7日、イチローがメジャー通算3000安打を達成した。大リーグでの殿堂入りも確実視される43歳の現役メジャーリーガーについて、これまでどれほど多くのストーリーが伝えられたかわからない。

 にもかかわらず、イチローはどこかミステリアスだ。イチローはイチローを演じているように思えるし、自らヴェールの中にいるように見えるからかもしれない。ともあれ私たちファンは、そんなイチロー自身と彼のプレーに魅了されてきた。

 イチローはどんな人でどういう選手なのか。『イチローがいた幸せ』(杉浦大介/悟空出版)には、今まで語られなかったイチローの逸話が詰まっている。アメリカで長年スポーツライターとして活躍する杉浦大介氏が大リーグ関係者50人に取材したという同書。ミステリアスなイチローを、「イチローを巡る人々」の証言から浮き彫りにしていくと…。

狙った驚異のホームラン! 監督、コーチ、チームメイトが語るイチローの凄さ

 大リーグへ移籍した年、イチローが「リクエストに応じて」ホームランを放ち、周囲を驚かせたエピソードは、…

全文を読む

洋書のイチロー本が人気 そこで明かされる意外なトリビアとは

洋書のイチロー本が人気 そこで明かされる意外なトリビアとは

『The Ultimate Ichiro Suzuki Fun Fact And Trivia Book』(Mark Peters/ Perfect World Marketing)

 2005年シーズンの後、イチローは日本版「刑事コロンボ」とされるドラマ「古畑任三郎」に“イチロー”役で出演。物語の中で殺人を犯し、最後に逮捕される。

 イチロー本『The Ultimate Ichiro Suzuki Fun Fact And Trivia Book (English Edition) [Kindle版]』に書かれたトリビアの1つだ。この人気ドラマのイチロー出演は、当時大きな話題になったので、日本人は知っている人も多いだろう。しかし、アメリカ人で知っている人はそういない。試しにアメリカの友人に話してみたところ、「すごい! 犯人役? 悪役なんて演技力ないとできないのに!」と目を見開いて驚き、話がとても弾んだ。同書は、イチローの輝かしいキャリアからちょっと野球から離れた意外なネタまで、思わず人に話したくなるようなネタがコンパクトにまとめられている。

 今や…

全文を読む

ノムさんがひょう変! あの大谷翔平を絶賛「老い先短い人生の、新たな楽しみ」

ノムさんがひょう変! あの大谷翔平を絶賛「老い先短い人生の、新たな楽しみ」

『強打者列伝』(野村克也/KADOKAWA 角川書店)

 「外野手出身に名監督はいない」

 広島カープのみならず、WBC日本代表の監督をも務めた山本浩二を指して、こう語るのは野村克也、そうノムさんである。

 その理由は「たいがいの外野手が守っているときに考えるのは、せいぜい守備位置くらい。(中略)外野手という人種は、隙を見て相手の嫌がることをするという発想が乏しい」から。外野手出身の山本浩二は、だからこそ監督として成功できなかったのだという(監督山本は、カープでは10シーズン戦って優勝1回のみでBクラス7回、WBCでは準決勝で敗退)。

 この論が正しいのなら、イチローが、松井秀喜が、監督をやったらどうなるだろう? その答えはまだ知る由もないが、一つ、野球を見る楽しみが増えるというものだ。

 さて、ご紹介したくだりはノムさんの新著『強打者列伝』(野村克也/KADOKAWA 角川書店)の一節である。同書は「プロ野球史上最強の打者は誰か?」をテーマに、あらゆる時代、あらゆるタイプの強打者を技術や人物など様々な面から、ノムさんが評していく一冊だ。

 本書で「強打…

全文を読む

「イチロー262のメッセージ」シリーズ3作目も飽きないのはナゼ?

「イチロー262のメッセージ」シリーズ3作目も飽きないのはナゼ?

『自己を変革する イチロー262のメッセージ』(「自己を変革するイチロー262のメッセージ」編集委員会、イチロー/ぴあ)

 今年10月には、ついに40歳の大台となるにもかかわらず、今なおメジャーの第一線で活躍するイチロー選手。その存在感は言わずもがなだが、自らが発するコメントについても、TVのスポーツニュースやスポーツ紙で話題になることが度々ある。

 『イチロー262のメッセージ』は、そうしたメディアへの発言を単純にそのまま載せたものだ。ページを開くと、1ページにつきひとつのコメントが真ん中にドカン! あとは、下の方に小さい文字でわずかな解説が付いているだけ。いや、中には「2003年のシーズン終了後の言葉です」と書いてあるだけで、もはや解説すらないページもある。

 それが、2004年にシーズン最多安打を記録した時の本数と同じ数字である262個分連なっているだけの本である。考えようによっては、なんと余白の多い本なんだ!? と思うかもしれない。

 それだけの本が、なぜ、飽きられもせず、3作目の刊行に至っているのか? まずひとつには、イチローがメディアに向けて…

全文を読む

さんま、タモリ、イチロー、シャア…誰の生きざまに学ぶ?

さんま、タモリ、イチロー、シャア…誰の生きざまに学ぶ?

 書店のビジネス書棚を巡ると、社会を生き抜くための指南本が数多く並んでいる。そこで目につく本の中には、有名人の生きざまをよりどころにしているものもチラホラ。最近では1月24日に発売された『なぜ、明石家さんまは「場を盛り上げる」のがうまいのか?』(内藤誼人/大和書房)の蛍光ピンクのカバーがひときわ目立つ。

 本書は、バラエティー番組などで長年に渡り軽妙なトークを繰り広げる明石家さんまについて、テレビや週刊誌などで本人が発したコメントを心理学者の内藤誼人が拾い上げ、それを本人が職場や学校等で通じるような考え方や処世術に“翻訳”した内容となっている。相手と和やかな会話をするために場の空気を察知する気遣いのしかたから人を喜ばせようという姿勢、人間関係の中で生じるネガティブになりがちな発想を上手く流す術(中には流さず“覚えておくべき”というものもある)など、読めば強力なプラス思考になれそうだ。

 内藤誼人の既刊本には、明石家さんま以外にもタモリと笑福亭鶴瓶を題材とした『なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?』(廣済堂出版)や『「誰からも好かれる術…

全文を読む

「電子書籍アワード2012」発表 大賞は『電子書籍版 イチロー・インタヴューズ』が受賞

「電子書籍アワード2012」発表 大賞は『電子書籍版 イチロー・インタヴューズ』が受賞

今、いちばん面白い電子書籍を決定する「電子書籍アワード2012」の受賞作品が3/21(水)に渋谷・セルリアンタワー東急ホテルにて発表された。電子書籍のさらなる盛り上がりを、と設立された同賞は今年で2回目。電子書籍大賞は、イチロー選手のインタビュー集『電子書籍版 イチロー・インタヴューズ 』が受賞した。

⇒受賞者コメント、審査員の講評、ノミネート作品などの詳細はこちら

■3/21(水)に行われた記者発表会の模様はこちら↓

受賞の報せを聞いたイチロー選手は、「こういった形で自分のプレーが伝わるのは興味深い」とコメント。同作品は、2010年4月に文春新書より発売された紙の本に、MLBの貴重なプレー動画やMLB全30球場の紹介、シアトルのイチロー選手の自宅で行われたプライベートインタヴューを一体化させた電子書籍アプリとなっている。

審査員を務めた、歌手の一青窈さんは、「野球のルールもわからず、WBCが何かも知らなかった私が、初めて“野球っておもしろい”と思えた。動画で解説していくれるのも、非常にありがたい」と選評コメントを寄せた。

また、「王様のブランチ」でコメン…

全文を読む

「イチロー」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー」のレビュー・書評をもっと見る

「イチロー」の本・小説

  • ランキング

永遠に刻みたい イチロー262のメッセージ

永遠に刻みたい イチロー262のメッセージ

作家
「永遠に刻みたい イチロー262のメッセージ」編集委員会
イチロー
出版社
ぴあ
発売日
2019-11-11
ISBN
9784835639390
作品情報を見る
自己を変革する イチロー262のメッセージ

自己を変革する イチロー262のメッセージ

作家
「自己を変革するイチロー262のメッセージ」編集委員会
イチロー
出版社
ぴあ
発売日
2013-04-20
ISBN
9784835618333
作品情報を見る

「イチロー」人気の作品ランキングをもっと見る

「イチロー」の関連画像・写真

「イチロー」の関連画像・写真をもっと見る