読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

司馬遼太郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
しば・りょうたろう

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1956年
『ペルシャの幻術師』第8回講談倶楽部賞
1959年
『梟の城』第42回直木賞
1966年
『竜馬がゆく』『国盗り物語』第14回菊池寛賞
1968年
『歴史を紀行する』第30回文芸春秋読者賞
1972年
『世に棲む日日』第6回吉川英治文学賞
1975年
第32回日本芸術院賞恩賜賞 文芸部門
1981年
『ひとびとの跫音』第33回読売文学賞 小説賞
1984年
『街道をゆく-南蛮のみちI』第16回日本文学大賞 学芸部門
1986年
『ロシアについて』第38回読売文学賞 随筆紀行賞
1988年
『韃靼疾風録』第15回大仏次郎賞
1996年
第1回井原西鶴賞

「司馬遼太郎」のおすすめ記事・レビュー

岡田准一が土方歳三、山田涼介が沖田総司役に!『燃えよ剣』映画化に期待の声続出

岡田准一が土方歳三、山田涼介が沖田総司役に!『燃えよ剣』映画化に期待の声続出

(C)2020「燃えよ剣」製作委員会

 司馬遼太郎の名作小説『燃えよ剣』が、岡田准一主演で映画化されることが明らかに。鈴木亮平をはじめとした豪華な共演者も発表され、「こんな名作で主演を任される岡田君すごい!」「このメンバーでの新選組楽しみだなぁ」と注目を集めている。

 同作は、幕末に活躍した新選組の副長・土方歳三を描いた物語。百姓の家に生まれた土方が、生来の喧嘩好きと天性の才能を生かして新選組を最強の組織として導くさまを描いた作品だ。近藤勇と共に新選組をまとめ上げる土方は、“鬼の副長”と呼ばれ隊士からも恐れられるように。討幕派の勢力を制圧するために剣をふるう一方で、のちに妻となる女性・お雪と運命的な出会いを果たすなど激動の人生を送っている。

 監督を務めるのは、映画「関ヶ原」「日本のいちばん長い日」などの原田眞人。原田は土方を演じる岡田について、「映画史上最高の土方歳三、時代劇史上最高の立ち役が生まれると、私は信じている」とかなりの期待を寄せているようだ。一方岡田は、「土方歳三の人生を覚悟と畏敬を持って楽しんで演じたいです」と意気込みをコメント。岡田…

全文を読む

役所広司「気持ちを引きしめて臨みたい」司馬遼太郎『峠』、初映像化に反響続出

役所広司「気持ちを引きしめて臨みたい」司馬遼太郎『峠』、初映像化に反響続出

『峠』上巻(司馬遼太郎/新潮社)

 司馬遼太郎の『峠』が、2020年に映画化されることが決定した。タイトルは「峠 最後のサムライ」で、ネット上では「新たな司馬映画くるー!」「こんなの絶対いい作品になるでしょ…」と反響が相次いでいる。

 同作は、越後長岡藩の家老・河井継之助が主人公の時代小説。河井は幕末に活躍した実在の人物で、“越後長岡の風雲児”の異名で知られている。藩の持て余し者でもあった河井は、複数の塾に通うほど勉強熱心な男。しかし詩文や洋学など単なる知識を得るための勉学は一切せず、歴史、世界情勢、ものごとの原理を知ろうと努めていた。江戸の学問では満足できなくなった河井は、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷の下で学ぶため旅に出る―。

 数々の作品が映画やドラマ化している司馬作品だが、同作の実写化は今回が初めて。監督、脚本には黒澤明の下で数々の作品に携わり、2000年の映画「雨あがる」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した小泉堯史が務める。

 河井を演じるのは、熟練の演技力で作品を彩る名優・役所広司。映画公式サイトでは「世界中で知られている『サムライ…

全文を読む

岡田准一、有村架純出演! “関ヶ原の戦い”をスクリーンで観る一生に一度の機会かもしれない!?

岡田准一、有村架純出演! “関ヶ原の戦い”をスクリーンで観る一生に一度の機会かもしれない!?

『関ヶ原』(上)司馬遼太郎(新潮文庫)

 西暦1600年9月15日、関ヶ原で行われた「天下分け目の決戦」を、司馬遼太郎が全3巻の小説に書き上げたのは1966年。それから半世紀、同作が初めて実写映画となった。司馬遼太郎ファンはご安心を。“司馬語り”は映画でも健在です。主人公は原作同様、西軍を実質的に率いた石田三成だ。豊臣秀吉の死の前後から、のちに東軍の総大将となる徳川家康と敵対していく経緯を描き、ラストでは「合戦」を真正面から描き切る。関ヶ原の戦いとは結局、政治劇であったこと─多数決の悲劇であったことが、軍勢の視覚化によってすとんと腑に落ちた。

 本作の映画化は、脚本も務めた原田眞人監督の悲願だったと聞く。役者やスタッフもよく、それに応えた。石田三成を演じた岡田准一は、関ヶ原の戦いは規模といい題材といい「聖域」であり、それを演じられるのは「一生で一度かもしれない」という気持ちで撮影に臨んでいたという(『小説現代』9月号より)。観客にとっても、関ヶ原の戦いを劇場の大スクリーンで観る一生に一度の機会かもしれない。見逃すべからず。 文=吉田大助

『関ヶ原』 原…

全文を読む

岡田准一主演映画「関ヶ原」予告解禁で高まる期待!「これは早く劇場で見たい!」

岡田准一主演映画「関ヶ原」予告解禁で高まる期待!「これは早く劇場で見たい!」

 歴史小説界の巨匠、司馬遼太郎の作品を原作とした映画「関ヶ原」の予告映像が解禁された。岡田准一演じる石田三成と役所広司演じる徳川家康による迫力ある合戦シーンには、「岡田くんの三成ってかなり気になる」「これは早く劇場で見たい!」「主演から脇を固めるキャスト陣まで馴染みっぷりがすごい!」と期待が高まっている。

(C)2017「関ヶ原」製作委員会

 原作となる小説は単行本・文庫を合わせた累計発行部数が590万部を超える大ベストセラーで、監督は『日本のいちばん長い日』で第39回日本アカデミー賞優秀作品賞、及び優秀監督賞を受賞した原田眞人が務める。誰もが知る天下分け目の合戦「関ヶ原の戦い」の裏で起きた知られざる真実の物語を語る本作では、西軍を率いた三成が戦いにかけた想いや、愛と正義を貫き通した“純粋すぎる武将”としての姿が描かれる。

 岡田はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や映画「蜩ノ記」以来の本格時代劇となり、これまでも数多く歴史上の人物を演じてきた役所が徳川家康を演じるのは本作が初めて。本格時代劇への出演が初となる有村架純は、三成に仕える忍び・初芽役として殺…

全文を読む

司馬遼太郎作品新たに200編発掘!ファンからは「書籍化されたら是非購入したい」との声

司馬遼太郎作品新たに200編発掘!ファンからは「書籍化されたら是非購入したい」との声

 『梟の城』や『竜馬がゆく』といった歴史小説をはじめ、数々の名作を生み出してきた作家・司馬遼太郎氏のエッセイが、新たに約200編発掘された。その事実を知ったファンは、「新たな作品が刊行されるのでは」と期待を寄せている。  司馬氏は1956年、「第8回 講談倶楽部賞」を受賞した、モンゴルの将軍とその命を狙うペルシャ人との暗闘を描いた『ペルシャの幻術師』で文壇デビュー。闇夜に生きるフクロウのごとき、ふたりの忍者の活劇『梟の城』は「第42回 直木賞」に選ばれ、一躍注目を集める。  1966年には、坂本竜馬を中心に、同じ時代をまっすぐに生きる若者たちの物語『竜馬がゆく』、戦国時代の美濃の国盗りを独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な長編『国盗り物語』で「第14回 菊池寛賞」を受賞。その後も、『義経』『宮本武蔵』『坂の上の雲』など、歴史小説を中心に発表を続けた。  また一方で、独特な視点で描かれる司馬氏の歴史観を明かす『手掘り日本史』や、「子どもは何をしなくてはならないのか?」「人は何のために生きるのか?」といった難問の答えを、21世紀に生きる子どもた…

全文を読む

頭でっかちな読書から体験する読書へ――『坂の上の雲』に水陸両面から近づく

頭でっかちな読書から体験する読書へ――『坂の上の雲』に水陸両面から近づく

『坂の上の雲』(司馬遼太郎/文藝春秋)

 現在、NHKでもドラマの再放送も行われている『坂の上の雲』。司馬遼太郎が日清・日露戦争を描いた歴史小説だ。ロシアのバルチック艦隊、そしてコサック騎兵隊を打ち破った秋山真之・好古兄弟と、「写生」と呼ばれる手法で俳句や短歌の世界に革新を起こした正岡子規の3人の活躍を軸に、明治時代の日本人の気風が鮮やかに描き出されている。

 筆者は20代のころ、『竜馬が行く』のような幕末維新期をテーマにした作品から歴史小説にハマったが、現代にもその影響を色濃く残す明治期の人物たちの、大らかで実直な生き様や、貧しさの中でも物事を学んで前に進む姿勢に強い感銘を覚えたものだ。そのあり方は、維新前の封建時代からの解放と、そこから生まれた機会を掴もうとする貪欲さも背景にあった訳だが、太平洋戦争後、そして震災後の復興を生きる私たちにも通じるものがあるだろう。

――と、堅苦しい紹介をすることが今回の記事の目的ではない。筆者も含め多くの人が繰り返し読んでいるこの『坂の上の雲』の世界に少しでも近づきたい、と(結果的に)考え、アタマではなくカラダから…

全文を読む

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

『司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 』(一坂太郎/集英社)

「新婚旅行である。 この男は、勝からそういう西洋風俗があるのをきいている。いっそのこと、風雲をそとに、鹿児島、霧島、高千穂と、おりょうを連れて新婚旅行にまわるのも一興ではないか。(中略) 『縁結びの物見遊山だぜ』 この風俗の日本での皮切りは、この男であったといっていい」

上記は司馬遼太郎『竜馬がゆく』(文藝春秋)で描かれた「日本で初めての新婚旅行をしたのは坂本龍馬だ」というエピソードである。テレビの雑学クイズ番組などで耳にしたことがある方も多いと思うが、実はこれは嘘。龍馬と妻のおりょうが2人で南九州に滞在したのは史実だが、実際は新婚旅行などという意識はまったくなく、結婚式を挙げたのも、この旅の2年近く前だったという。

このように、国民的作家・司馬遼太郎は作品を組み立てる上で、いくつもの史実を捨て去っている。その捨てられた部分に光を当てたのが、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(一坂太郎/集英社)だ。

冒頭の坂本龍馬を例に挙げよう。例えば、彼には“大器晩成型の大物”“枠にとらわれ…

全文を読む

司馬遼太郎の 『竜馬がゆく』全8巻 6月21日より順次配信スタート! 1冊購入ごとに50ポイント還元!(7/11まで)

司馬遼太郎の 『竜馬がゆく』全8巻 6月21日より順次配信スタート! 1冊購入ごとに50ポイント還元!(7/11まで)

 総発行部数2500万部を超えた司馬遼太郎の不朽の名作『竜馬がゆく』の電子版の配信が6月21日より順次スタートする。

そこで、SONYの電子書籍ストアReader Storeでは、配信第1弾の1~3巻を対象に、1冊購入するごとに50ポイント還元されるキャンペーンを実施している。

 本書は、土佐の郷土の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇跡の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描かれている。ベストセラーが半世紀の時を経て、電子版でよみがえり、産経新聞(夕刊)で連載が始まった1962年6月21日と同日に配信されることになった。

今後は、第2弾の4~6巻が7月12日に、第3弾の7、8巻が8月7日に配信される予定。

詳しくは公式サイトで。 ⇒ReaderStore公式ページ

全文を読む

「司馬遼太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「司馬遼太郎」のレビュー・書評をもっと見る

「司馬遼太郎」の本・小説

夏草の賦〈1〉 (大活字本シリーズ)

夏草の賦〈1〉 (大活字本シリーズ)

作家
司馬遼太郎
出版社
埼玉福祉会
発売日
2017-06-01
ISBN
9784865961560
作品情報を見る
夏草の賦〈2〉 (大活字本シリーズ)

夏草の賦〈2〉 (大活字本シリーズ)

作家
司馬遼太郎
出版社
埼玉福祉会
発売日
2017-06-01
ISBN
9784865961577
作品情報を見る
夏草の賦〈3〉 (大活字本シリーズ)

夏草の賦〈3〉 (大活字本シリーズ)

作家
司馬遼太郎
出版社
埼玉福祉会
発売日
2017-06-01
ISBN
9784865961584
作品情報を見る
夏草の賦〈4〉 (大活字本シリーズ)

夏草の賦〈4〉 (大活字本シリーズ)

作家
司馬遼太郎
出版社
埼玉福祉会
発売日
2017-06-01
ISBN
9784865961591
作品情報を見る
対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】

対訳 21世紀に生きる君たちへ【新版】

作家
司馬遼太郎
ドナルド・キーン
ロバート・A. ミンツァー
出版社
朝日出版社
発売日
2018-03-01
ISBN
9784255010441
作品情報を見る
「明治」という国家[新装版] (NHKブックス No.1249)

「明治」という国家[新装版] (NHKブックス No.1249)

作家
司馬遼太郎
出版社
NHK出版
発売日
2018-01-23
ISBN
9784140912492
作品情報を見る
Edo Japan Encounters the World: Conversations Between Donald Keene and Shiba Ryotaro (JAPAN LIBRARY)

Edo Japan Encounters the World: Conversations Between Donald Keene and Shiba Ryotaro (JAPAN LIBRARY)

作家
Donald Keene
Shiba Ryotaro
ドナルド・キーン
司馬遼太郎
Tony Gonzalez
出版社
出版文化産業振興財団
発売日
2018-03-27
ISBN
9784866580180
作品情報を見る
People and Culture of Japan: Conversations Between Donald Keene and Shiba Ryotaro (JAPAN LIBRARY)

People and Culture of Japan: Conversations Between Donald Keene and Shiba Ryotaro (JAPAN LIBRARY)

作家
Donald Keene
Shiba Ryotaro
ドナルド・キーン
司馬遼太郎
Tony Gonzalez
出版社
出版文化産業振興財団
発売日
2018-07-27
ISBN
9784866580487
作品情報を見る

「司馬遼太郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「司馬遼太郎」の関連画像・写真

「司馬遼太郎」の関連画像・写真をもっと見る