読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

市川春子

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
いちかわはるこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1980年生まれ。北海道在住。2006年、「虫と歌」で『月刊アフタヌーン』の四季大賞を受賞しデビュー。09年『虫と歌 市川春子作品集』を刊行し、翌年同作品で手塚治虫文化賞新生賞を受賞。

「市川春子」のおすすめ記事・レビュー

【2017年秋アニメ】まさかの宝石の擬人化!? 美しさとシリアスの入り混じる不思議な世界『宝石の国』

【2017年秋アニメ】まさかの宝石の擬人化!? 美しさとシリアスの入り混じる不思議な世界『宝石の国』

『宝石の国』(市川春子/講談社)

 夏アニメも次々と最終回を迎え、秋アニメが始まるこの季節。アニメ好きなら、次は何を観ようかと、CMや公式サイト、ニュースなどで情報収集をしている頃だろう。そんなアニヲタの1人としてPVを観て回っていたら、気になるアニメを発見した。2017年10月7日から放送が開始される、『宝石の国』というアニメだ。

 原作『宝石の国』(市川春子/講談社)は、講談社が刊行している月刊誌『月刊アフタヌーン』で連載されているコミック作品。単行本は、現在7巻まで発売されている。宝石の身体を持つ28人が、彼らを装飾品にしようと襲ってくる、「月人」と呼ばれる狩人と戦っていく物語だ。

 そんな本作品の、TVアニメ版のPVはこちら。

 主人公たちの身体は宝石でできており、髪と瞳がキラキラと輝いている。宝石によってそれぞれ硬度や靭性が違い、性格も特技もそれぞれ。原作によると、彼らは肌の部分にお白粉を塗っているらしく、白い肌に透き通るような宝石の色がよく映えて非常に美しい。PVでは、映像になることで彼らの特徴や美しさがより際立っている。

 宝石たちは、か…

全文を読む

市川春子『宝石の国』アニメ化にファンから期待の声「10月まで待てない」「待ってました!」

市川春子『宝石の国』アニメ化にファンから期待の声「10月まで待てない」「待ってました!」

『宝石の国』7巻(市川春子/講談社)

 市川春子の人気マンガ『宝石の国』がテレビアニメ化され、2017年10月から放送スタートする。この朗報にファンからは「アニメ化待ってました!」「あの美しい世界観が3Dアニメになるなんて期待しかないよ」と興奮の声が上がっている。

『宝石の国』は今から遠い未来、かつて存在した生物が、不死の身体をもつ「宝石」になった世界で、月から飛来する謎の敵“月人”と宝石たちとの激しい戦いを描く、強くてもろくて美しいアクションファンタジーコミック。今回の3Dアニメ化では「ラブライブ!」「プリティーリズム」シリーズなどで知られる京極尚彦が監督を務める。

 アニメ化を期待していた原作ファンは多かったようで「『宝石の国』アニメ化? ついに? 絶対見なきゃ!」「10月まで待てないよお(泣)」「秋のアニメはこれで決まりだな」と歓喜の声が続々と上がり、京極監督の起用に「これ以上ない人選!」「なるほど京極さんなら納得だわ。宝石とかバトルシーンすごく綺麗な映像に仕上げてくれそう」と興奮する声も。

 アニメ化の発表と同時に公開されたティザービジュアルには…

全文を読む

戦う「宝石」たちの物語 『宝石の国』単行本1巻発売 フルアニメPVを公開

戦う「宝石」たちの物語 『宝石の国』単行本1巻発売 フルアニメPVを公開

『宝石の国』(市川春子/講談社)

 デビュー短編集『虫と歌』が手塚治虫文化賞新生賞受賞、2作目の『25時のバカンス』がマンガ大賞2012にて5位にラインクインするなど、新作発表のたびにマンガファンより絶大な支持を受ける市川春子氏待望の初連載作『宝石の国』が、2013年7月23日(火)ついに単行本になって発売された。

 舞台は今から遠い未来。体が「宝石」でできている主人公たちと、彼らを装飾品にしようと襲い掛かってくる月人との戦いを描いた物語。「宝石」たちは戦闘や医療などそれぞれの持ち場についているのだが、月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかった主人公フォスは、「宝石」たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる――。戦う「宝石」たちの幻想的な物語だ。

 ストーリーの面白さはもちろんだが、その美しい作画も大きな魅力。単行本の発売と同時に配信される電子書籍版は、その美しい連載時カラーを完全収録するということだ。

 さらに、単行本の発売を記念してフルアニメーションPVが公開された。設定画の描き下ろしやコンテ監修など作者である市川春子氏が…

全文を読む

新鋭漫画家・市川春子が不思議な生き物を描く理由―「表現したいのは“他人”という存在」

新鋭漫画家・市川春子が不思議な生き物を描く理由―「表現したいのは“他人”という存在」

 2006年に「虫と歌」で『月刊アフタヌーン』の四季賞を受賞し、同作を収録した初作品集が2010年に手塚治虫文化賞新生賞に選ばれた漫画家の市川春子さん。

この秋、第2作品集『25時のバカンス』が発売された。発売を記念し、ダ・ヴィンチ11月号で単独インタビューに応じている。

 市川さんの2つの作品集には、共通のモチーフが表われている。不思議な生き物の不思議な命の形。人を内側から食べる貝、土星の衛星の菌、月の人・・・・。奇妙でお茶目なものたちだ。  「虫は子どもの頃から好きでしたね。よく捕まえて遊んでいました。『25時のバカンス』の新種の貝は、シロウリガイがモデルです。太陽の届かない深海で硫化水素を取り込んで生きている貝。ヘモグロビンを持っているので、貝殻を開くと血液が真っ赤で不思議な感じです。新江ノ島水族館にいました」

 生き物自体への興味に加えて、市川さんがそれらを繰り返し描くのには特別な理由がある。  「私が表現したいのは、実は“他人”という存在なんです。自分と他人とは、まったく違う存在ですよね。考え方も感じ方も物の見方も違う。その状態を、わかり…

全文を読む

「市川春子」のおすすめ記事をもっと見る

「市川春子」のレビュー・書評をもっと見る

「市川春子」の本・マンガ

宝石の国(9) (アフタヌーンKC)

宝石の国(9) (アフタヌーンKC)

作家
市川春子
出版社
講談社
発売日
2018-10-23
ISBN
9784065131015
作品情報を見る
宝石の国(8) (アフタヌーンKC)

宝石の国(8) (アフタヌーンKC)

作家
市川春子
出版社
講談社
発売日
2017-11-22
ISBN
9784065103630
作品情報を見る
宝石の国(7) (アフタヌーンKC)

宝石の国(7) (アフタヌーンKC)

作家
市川春子
出版社
講談社
発売日
2017-05-23
ISBN
9784063882599
作品情報を見る
愛の仮晶 市川春子イラストレーションブック

愛の仮晶 市川春子イラストレーションブック

作家
市川春子
出版社
講談社
発売日
2017-11-22
ISBN
9784065106464
作品情報を見る
宝石の国(9)特装版 (プレミアムKC)

宝石の国(9)特装版 (プレミアムKC)

作家
市川春子
出版社
講談社
発売日
2018-10-23
ISBN
9784065131022
作品情報を見る
宝石の国 コミック 1-8巻セット

宝石の国 コミック 1-8巻セット

作家
市川春子
出版社
発売日
2017-11-22
ASIN
B0787XRW76
作品情報を見る
宝石の国 コミック 1-9巻セット

宝石の国 コミック 1-9巻セット

作家
市川春子
出版社
発売日
2018-10-23
ASIN
B07JMVDX67
作品情報を見る
愛についての感じ (講談社文庫)

愛についての感じ (講談社文庫)

作家
海猫沢めろん
市川春子
出版社
講談社
発売日
2017-10-13
ISBN
9784062937887
作品情報を見る

「市川春子」人気の作品ランキングをもっと見る

「市川春子」の関連画像・写真

「市川春子」の関連画像・写真をもっと見る