読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七尾与史

職業・肩書き
作家
ふりがな
ななお・よし

「七尾与史」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

注目の新刊 『沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

ドラッグと性に溺れ、バンコクの安宿に「沈没」した日本人バックパッカーたち。ある日、宿泊者の一人・マイコンが何者かに殺害された。会社が倒産、彼女にもふられて日本を脱出してきた青年・一橋らは真相を追うが――。「ドS刑事」シリーズの著者が放つ新境地!

全文を読む

栗山千明に演じてほしい、ドSお嬢様刑事

栗山千明に演じてほしい、ドSお嬢様刑事

 デビュー作『死亡フラグが立ちました!』が「第8回このミステリーがすごい!」大賞の隠し玉として2010年に刊行された七尾与史さん。彼にとって初のシリーズものとなったのが、『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』(幻冬舎)にはじまる「ドS刑事」シリーズだ。  タイトル通り、ドSなお嬢様刑事・黒井マヤが事件を引っかき回す物語。先日発売された2作目の「朱に交われば赤くなる殺人事件」では人気番組のクイズ王をめぐる連続殺人事件が繰り広げられるが、前作に輪をかけたマヤの容赦のないドSぶりも愉しめる。

 「そうですね。ネットを見ると『まだドSぶりが足りない!』という意見が圧倒的に多いんですよ(笑)。それには応えなければならないだろうと。マヤ様にはドM刑事の浜田という生贄も用意して、ドSぶりを引き立てる感じにしてあります。物語にはとりたてて必要じゃないんですけどね(笑)」。読者からの意見を目にすると、「ドS」に対する世間のニーズが大きいのではないか、と感じるという。

 もしこのシリーズが映画化された時には誰に演じてほしいという希望はあるだろうか。

 「マヤは、書い…

全文を読む

「七尾与史」のおすすめ記事をもっと見る

「七尾与史」の本・小説

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件

作家
七尾与史
出版社
幻冬舎
発売日
2020-11-26
ISBN
9784344037106
作品情報を見る
死亡フラグが立ちました! 超絶リアルゲーム実況殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

死亡フラグが立ちました! 超絶リアルゲーム実況殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

作家
七尾与史
出版社
宝島社
発売日
2019-10-04
ISBN
9784800298997
作品情報を見る
グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

作家
七尾与史
出版社
すばる舎
発売日
2018-12-01
ISBN
9784799107553
作品情報を見る
死なせない屋 (朝日文庫)

死なせない屋 (朝日文庫)

作家
七尾与史
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-07
ISBN
9784022648778
作品情報を見る

「七尾与史」人気の作品ランキングをもっと見る