読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

篠原千絵

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
しのはら・ちえ

「篠原千絵」のおすすめ記事・レビュー

「嬉しすぎて涙出てきた…」篠原千絵、原画展開催にファンから歓喜の声続出!

「嬉しすぎて涙出てきた…」篠原千絵、原画展開催にファンから歓喜の声続出!

『夢の雫、黄金の鳥籠』1巻 (篠原千絵/小学館)

 少女漫画誌『Sho-Comi』が創刊50周年を迎えることを記念して、2018年11月2日(金)から「少女コミック50周年企画 篠原千絵原画展」の開催が決定。約200点の原画が展示されるとあって、「絶対に行きたい」「嬉しすぎて涙出てきた」とファンから期待が寄せられている。

『Sho-Comi』は1968年に創刊された少女漫画雑誌で、2007年までは『少女コミック』という雑誌名で刊行されていた。篠原千絵が同誌デビューしたのは、1984年に連載開始した『闇のパープル・アイ』。同作は、異形の力に目覚めた少女が生物学者と戦うファンタジー漫画だ。

『闇のパープル・アイ』は1996年に雛形あきこ主演で実写化され、篠原はその後も『海の闇、月の影』『天は赤い河のほとり』などを連載。2018年には、『天は赤い河のほとり』の新作読み切りが『Sho-Comi』で掲載された。篠原の作品は多くの読者から愛され、「『少コミ』を買うようになったきっかけの漫画家」「男性キャラの色気がたまらない!」「長編もいいけど短編も名作ぞろい」「…

全文を読む

『天は赤い河のほとり』新作にファン大興奮!「絶対に読みたい!」

『天は赤い河のほとり』新作にファン大興奮!「絶対に読みたい!」

『天は赤い河のほとり』5巻(篠原千絵/小学館)

 2018年2月20日(火)発売の『Sho-Comi』6号に、篠原千絵の『天は赤い河のほとり』完全新作エピソードが掲載された。ファンからは「コレは買うしかない」「何回も読み返した漫画だから本当に嬉しい」と喜びの声が上がっている。

 同作は、1995年から2002年にかけて連載され、コミックス累計2000万部を突破した大ベストセラー作品。物語は、現代日本で平和に暮らしていた少女・夕梨が、古代オリエントの“ヒッタイト帝国”に引きずりこまれるところからスタートする。今回掲載された新作エピソードでは、文庫版5巻につながるアナザーストーリーを展開。“ヒッタイト帝国”の第4皇子・ザナンザが、婿入りのためにエジプトに向かう旅路でのエピソードが描かれている。

 ファンは「ザナンザ皇子の、しかもエジプトに向かう時のエピソードとか絶対に読みたい!」「ザナンザ皇子への思い入れが強すぎて少し読むのが怖いかも」「このエピソードを新作に選んでくれた篠原先生に本当に感謝してる」と大興奮。既に読んだファンからは「ザナンザ皇子に涙。やっ…

全文を読む

篠原千絵『天は赤い河のほとり』新作読み切りにファン大興奮! 「ほんとに嬉しすぎる!!」

篠原千絵『天は赤い河のほとり』新作読み切りにファン大興奮! 「ほんとに嬉しすぎる!!」

『天は赤い河のほとり』28巻(篠原千絵/小学館)

 篠原千絵による漫画『天は赤い河のほとり』の新作読み切りが、『Sho-Comi』2018年6号に登場する。この知らせにファンからは、「新作読み切りほんとに嬉しすぎる!!」「『sho-comi』やばくない!? 本当にありがとう!!」と大興奮のようだ。

 同作は、1995年から2002年にかけて連載され、絶大な人気を誇った少女漫画。主人公の夕梨は、無事高校に合格して順風満帆な日々を過ごしていた。だがある日突然、水から現れた“手”に捕らえられ、異世界に引きずり込まれてしまう。連れて来られたのは、古代オリエントの“ヒッタイト帝国”。いけにえとして帝国の皇妃に殺されそうになった夕梨は、その窮地を美しく精悍な皇子に救われる―。

 今回の新作読み切りは、『Sho-Comi』が2018年に50周年を迎えることを記念して行われる企画の一環。これにはファンも「先生の作品はどれも大切で人生の一部だから、今回の話はほんとにほんとに嬉しい!」「これほど読み返した漫画はない! 楽しみすぎて寝れないよ」「やっばい高まりすぎて、友…

全文を読む

【女性向けマンガ】2012年上半期BOOK OF THE YEAR

【女性向けマンガ】2012年上半期BOOK OF THE YEAR

毎年本好きたちがその年のベスト本を選ぶ、ダ・ヴィンチ1月号恒例の特集「BOOK OF THE YEAR」。「振り返るのに1年は長すぎる!」ということで、ダ・ヴィンチ7月号では2012年上半期を賑わした本を総ざらいしてるラコよ。 そこで今回はその中から「女性向けマンガランキング」の1~5位をピックアップ。10位までにランクインした本はダ・ヴィンチ電子ナビの本棚に登録してあるから、コチラも要チェック!

全文を読む

2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

昨年下半期によく読まれた人気レビューランキング。 今回はコワ~いホラー・怪談小説、漫画を紹介するラコよ! ぶっくらこは3位の『しりこだま』に登場する 河童の川太郎にシンパシーを感じちゃうラコ~。

  2011年下半期 人気レビューランキング <ホラー・怪談編> ベスト5

相当えぐい…! でも結末は哀切な、 鬼才の連作怪談集  

『怪奇無尽講』 飯野文彦/双葉社/630円 (レビュアー:朝宮運河) えぐいんだろうなあ、飯野文彦さんだもんなあ、怖いんだろうなあ、と思って読んだら実際にえぐくて怖かった、という1冊。 貧しい農村の独身男のもとに嫁いできた女は、身長180センチ強、体重110キロを超える巨体の持ち主でした。顔は猿の尻のように赤黒く、どこに目鼻があるか解らないくらいにむくんでいます。そのあまりにも異様な風体に、村人たちは呆気に取られ…(続きを読む)

(=・오・=)<えぐいのは苦手ラコ…

  

「鳥葬」食べやすいように遺体を切り刻む男達… 圧倒的な筆致で描かれた短編集  

『鳥葬の山』 夢枕獏/文藝春秋/368円(レビュアー:中國卓郎) 本書「鳥…

全文を読む

「篠原千絵」のおすすめ記事をもっと見る

「篠原千絵」のレビュー・書評をもっと見る

「篠原千絵」の関連画像・写真

「篠原千絵」の関連画像・写真をもっと見る