読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

首藤瓜於

職業・肩書き
作家
ふりがな
しゅどう・うりお

「首藤瓜於」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

【2/9映画公開】「脳男」ってなんのこと? その疑問そのものが本書のサスペンス

【2/9映画公開】「脳男」ってなんのこと? その疑問そのものが本書のサスペンス

特異な身体感覚を身につけてしまった主人公が活躍するミステリーは、いくつかある。嗅覚が異常なまでに発達してしまったの井上夢人の『オルファトグラム』や、聴覚が消えてしまった音を識別できるほど鋭くなってしまった浅倉三文の『石の中の蜘蛛』などがその代表例だ。この手のミステリーのおもしろさは、かすかなにおいや音から、においや音を越えたさまざまな情報を推理分析によって導きだし、じりじりとターゲットを追い詰めていくサスペンスにある。

ところが、この『脳男』に関しては、それらと似て非なる顔をもっている。もうほとんどこれ以上詳しく書けないほど、主人公の奇怪な脳の構造は、作品のプロット全体と密着している。説明すれば、物語の最も深部をすべてさらけ出してしまうだろう。

中部地方における、名古屋に次ぐ大都市の愛宕市。連続爆破犯の根城に茶屋をはじめとした刑事たちがなだれ込む。そこには、容疑者の緑川のほかに、謎の男・鈴木一郎がいた。こうした逮捕劇の次にカットバック方式で綴られるのは、連続爆発事件の詳細だ。それはそれで犯行に至るプロセスを執拗に追いかける警察小説の見事な手本となって…

全文を読む

「首藤瓜於」のレビュー・書評をもっと見る

「首藤瓜於」の本・小説

  • ランキング

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫)

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫)

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2015-06-12
ISBN
9784062931250
作品情報を見る
刑事のはらわた (講談社文庫)

刑事のはらわた (講談社文庫)

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2013-02-15
ISBN
9784062774680
作品情報を見る
大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄

大幽霊烏賊 名探偵面鏡真澄

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2012-06-28
ISBN
9784062175876
作品情報を見る
刑事の墓場 (講談社文庫)

刑事の墓場 (講談社文庫)

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2009-04-15
ISBN
9784062763257
作品情報を見る

「首藤瓜於」人気の作品ランキングをもっと見る

「首藤瓜於」の関連画像・写真

「首藤瓜於」の関連画像・写真をもっと見る