読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

重松清

職業・肩書き
作家
ふりがな
しげまつ・きよし

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1963年3月6日、岡山県久米郡久米町(現・津山市)生まれ。早稲田大学教育学部を卒業。出版社勤務を経て、フリーライターに転職。執筆活動をスタートし、1991年『ビフォア・ラン』(ベストセラーズ)で作家デビュー。1999年に、1997年発売の『ナイフ』(新潮社)が「第14回 坪田譲治文学賞」、1999年発売『エイジ』(朝日新聞社)が「第12回 山本周五郎賞」を受賞。2000年発売の『ビタミンF』(新潮社)が2001年に「第124回 直木賞」を受賞。

2003年発売『疾走』(角川書店)が2005年に映画化。2005年に発売された『その日のまえに』(文藝春秋)と『きみの友だち』(新潮社)がそれぞれ2008年に映画化。同年、2007年発売の『青い鳥』(新潮社)も映画化された。文藝春秋の発売した全12冊の「はじめての文学」シリーズより、2007年に『はじめての文学 重松清』(文藝春秋)を発売。『卒業ホームラン』や『カレーライス』など短篇8篇が収録された。講談社100周年書き下ろし作品として2009年に発売された『十字架』(講談社)が、2010年に「第44回 吉川英治文学賞」を受賞。本作は2015年に映画化された。2014年に、2013年発売『ゼツメツ少年』(新潮社)が『第68回 毎日出版文化賞』を受賞。2013年発売の『ファミレス』(日本経済新聞出版社)は2016年に角川文庫より上下巻が発売され、2017年に『恋妻家宮本』として映画化。2011年に発売された『せんせい。』(新潮社)に所収された『泣くな赤鬼』が2019年に映画化されるなど映画作品が多数。小説以外にルポルタージュや時評、評論なども執筆。

著作には他に『定年ゴジラ』(講談社)、『日曜日の夕刊』(毎日新聞社)、『カカシの夏休み』(文藝春秋)、『流星ワゴン』(講談社)、『きよしこ』(新潮社)、『小学五年生』(文藝春秋)、『カシオペアの丘で』(講談社)、『くちぶえ番長』(新潮社)、『ブランケット・キャッツ』(朝日新聞出版)、『とんび』(角川グループパブリッシング)、『ステップ』(中央公論新社)、『きみ去りしのち』(文藝春秋)、『かあちゃん』(講談社)、『ポニーテール』(新潮社)、『また次の春へ』(扶桑社)、『赤ヘル1975』(講談社)、『一人っ子同盟』(新潮社)、『どんまい』(講談社)、『木曜日の子ども』(KADOKAWA)など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1999年
『ナイフ』第14回坪田譲治文学賞
1999年
『エイジ』第12回山本周五郎賞
2001年
『ビタミンF』第124回直木賞
2010年
『十字架』第44回吉川英治文学賞
2014年
『ゼツメツ少年』第68回毎日出版文化賞 文学・芸術部門

「重松清」のおすすめ記事・レビュー

「あの泣ける小説が遂に映画に…!」 重松清の『ステップ』が山田孝之主演で実写映画化

「あの泣ける小説が遂に映画に…!」 重松清の『ステップ』が山田孝之主演で実写映画化

『ステップ』(重松清/中央公論新社)  重松清の小説『ステップ』が、山田孝之主演で実写映画化されることが明らかに。國村隼や余貴美子、広末涼子といった俳優陣の出演も発表され、「あの泣ける小説が遂に映画に…!」「このキャストなら絶対に観たい」と話題になっている。  同作を手がける重松は、1991年に『ビフォア・ラン』でデビューした小説家。『流星ワゴン』『とんび』『その日のまえに』など、映像化された作品も数多く存在する人気作家だ。『ステップ』で描かれているのは、結婚3年目で突然妻・朋子を亡くした男・健一と彼の娘・美紀の物語。美紀の初登園から小学校卒業までの10年間が、季節のうつろいと共に切り取られている。  “のこされた人たち”の成長をテーマとした同作には、「穏やかな語り口の暖かい物語なのに、気づいたら涙が止まらない」「親子そろっていろんなことを学んでいく姿に胸を打たれた」「悲しみをどう受け止めるか、という問題の答えがここにある」と読者から感動の声が続出。特に子どもを持つ親世代に絶賛されているようだ。  映画では健一を山田が演じ、美紀役はオーディション…

全文を読む

再会した教え子は末期がんで余命半年だった――堤真一&柳楽優弥出演映画「泣くな赤鬼」特報映像&主題歌公開!

再会した教え子は末期がんで余命半年だった――堤真一&柳楽優弥出演映画「泣くな赤鬼」特報映像&主題歌公開!

 2019年6月14日(金)公開の映画「泣くな赤鬼」の特報動画が解禁された。竹原ピストルによる書き下ろし楽曲が主題歌となることも明かされ、「すごくいい作品になりそう」「曲のリリースも待ち遠しい」と話題になっている。

 同作は、重松清の短編集『せんせい。』に収録されている『泣くな赤鬼』を原作とした映画。野球部の熱血教師が、余命半年と宣告されたかつての教え子と再会する物語だ。真っ赤な顔と熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれ恐れられていた教師は、ある時“ゴルゴ”と呼ばれていたかつての教え子・斎藤と再会。彼は野球選手としての素質を秘めながら、挫折して高校を中退している。成長した斎藤は病に侵されており、寿命はあと半年。赤鬼先生は厳しい指導しか出来なかった過去を振り返りながら、最後の時間を過ごす斎藤と向きあう―。

 映画では教師役を堤真一、教え子役を柳楽優弥が演じ、川栄李奈、麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼といった俳優陣も出演。特報動画は「先生さ、生徒の葬式とか出たことあるの」と尋ねる柳楽のセリフから始まり、高校野球の試合風景や2人を取り巻く人々の姿が写し出されている。

全文を読む

再会した元生徒は余命半年だった――堤真一、柳楽優弥、川栄李奈の豪華共演で『泣くな赤鬼』映画化

再会した元生徒は余命半年だった――堤真一、柳楽優弥、川栄李奈の豪華共演で『泣くな赤鬼』映画化

 “家族”をテーマにした作品に定評があるベストセラー作家・重松清。彼の短編集『せんせい。』に収録されている物語「泣くな赤鬼」の映画化が発表され、早くも期待の声が飛び交っている。

 教師と教え子の関係を描いた同作は、重松自ら「いままで書いてきた『教師と生徒』のお話の中で、特に愛着のある作品です」と語る物語。監督として甲子園出場を夢見ながら一度も叶わず、今では野球への熱も体力も衰えてしまった小渕隆(堤真一)が主人公だ。陽に焼けた赤い顔と鬼のような熱血指導で、かつては“赤鬼先生”と称された小渕。ある日病院で診察を受けていた小渕は、城南工業野球部監督時代の教え子で、“ゴルゴ”の愛称で親しまれた斎藤智之(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人に変貌していた。そして小渕はゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる――。

 堤が重松原作作品に出演するのは、ドラマ「とんび」以来…

全文を読む

浅野忠信主演『幼な子われらに生まれ』公開直前! 「普通の家族」を築けない不器用な大人たち――原作者・重松清と脚本家が裏話を明かす

浅野忠信主演『幼な子われらに生まれ』公開直前! 「普通の家族」を築けない不器用な大人たち――原作者・重松清と脚本家が裏話を明かす

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 重松清の傑作小説を豪華キャストで映画化した、2017年8月26日(土)公開の「幼な子われらに生まれ」。この度、原作者の重松と脚本を担当した荒井晴彦の貴重な対談コメントが到着した。  今回の対談は若かりし頃の話を始めとして、ここでしか聞けない話が盛りだくさん。「親と子が友達になる」という重松作品の根底に流れるテーマをどんな風に描いたのか、こだわりのラストシーンなど、映画制作の裏側にも迫る内容になっている。

(C)池村隆司

 『映画芸術』の対談企画で久しぶりに顔を合わせた2人。荒井は同作の映画化を希望するも、実現までに費やした時間が約20年かかったことから「会っても、借金してるみたいでプレッシャーがあったんだ(笑)。本当に長い間お待たせして。それしか言うことはないですよ」とコメント。それに対して重松は「プレッシャーなんてかけてませんよ(笑)。『幼な子われらに生まれ』は荒井さんに差し上げたんですから。『幼な子』が出たのが1996年でしょ。あの頃の僕なんて全くの無名で、そんな作家の単行本を荒井さんが読んでく…

全文を読む

浅野忠信がバツイチ・ツレ婚・気弱なパパに! 映画「幼な子われらに生まれ」予告解禁

浅野忠信がバツイチ・ツレ婚・気弱なパパに! 映画「幼な子われらに生まれ」予告解禁

 2017年8月26日(土)公開の映画「幼な子われらに生まれ」の予告動画が公開された。浅野忠信と田中麗奈が再婚同士の不器用な夫婦を演じる姿には「これはかなり見たい」「浅野忠信の存在感が素晴らしい!」と注目を集めている。

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 同作は、重松清の小説を原作としたヒューマンドラマ。バツイチで再婚したサラリーマン・信は、2度目の妻・奈苗とその連れ子の2人の娘と共に一見平凡な生活を送っていた。しかし長女・薫が本当のパパに会いたいと言い出したことで、平和を装っていた家庭は大きく揺れ動くことに。妻の連れ子と上手く関われない信を浅野が、新しい子供が生まれれば上手くいくと信じているマイペースな奈苗を田中が演じ、薫役には『nicola』専属モデルの南沙良、信の元妻・友佳役に寺島しのぶ、奈苗の元夫・沢田役に宮藤官九郎がキャスティングされている。

 予告では、薫とすれ違う信や妊娠を喜ぶ奈苗、「わたしやっぱりこのうち嫌だ。パパに会いたい」と言い放つ薫が映し出されている。監督の三島有紀子はこの作品について「まるで初めて映画を撮るよ…

全文を読む

西島秀俊主演ドラマ「ブランケット・キャッツ」に期待の声「これはすごい癒しの時間になりそう」

西島秀俊主演ドラマ「ブランケット・キャッツ」に期待の声「これはすごい癒しの時間になりそう」

『ブランケット・キャッツ』(重松清/朝日新聞出版)

 重松清の傑作短編小説集『ブランケット・キャッツ』がドラマ化され、2017年6月23日(金)より放送を開始する。「大好きな作品だからめっちゃ嬉しい!」「ぱるるも出演するとか見るしかないだろ!」と期待の声が続出している。

 新しい飼い主を探すために、2泊3日だけお試しで貸し出されるブランケットにくるまれた猫「ブランケット・キャッツ」が、様々な悩みを抱えた人たちを癒していく物語。

 猫の魅力が満載な短編小説のドラマ化には「うわー。これはすごい癒しの時間になりそうだ」「どういう猫が出るのか気になる。原作のロシアンブルーちゃんは出るのかな?」「猫の描写も最高だし人間ドラマもすごい丁寧だから映像化楽しみ!」と期待の声が続出。

 また、ドラマを彩るキャスト陣も豪華な顔ぶれ。ドラマの中心人物である謎の家具店店長・椎名秀亮を西島秀俊、その幼馴染である獣医師・藤村美咲には吉瀬美智子が抜擢された。同ドラマはそんな2人が“ブランケット・キャッツ”を通じて、人々の人生に小さな光を灯していくドラマになるとのことで、「これまたすご…

全文を読む

阿部寛と天海祐希が初の夫婦役を演じる映画『恋妻家宮本』「この2人なら間違いない!」と期待の声

阿部寛と天海祐希が初の夫婦役を演じる映画『恋妻家宮本』「この2人なら間違いない!」と期待の声

【電子書籍限定】『ファミレス 【上下 合本版】』 (重松清/KADOKAWA)

 重松清『ファミレス』が原作の映画『恋妻家宮本』が2017年1月28日(土)に公開される。主役の宮本夫婦を演じるのは阿部寛と天海祐希の実力派2人ということで、「この夫婦役は絶対面白い!」「真面目な作品も笑える作品もいける2人だから楽しみ」と期待の声が上がっている。

 子供が巣立ち、2人きりとなった宮本夫妻。ある日夫は妻が隠していた離婚届と見つけてしまう。そこから始まる、可笑しくも愛おしい夫婦の物語とは―。

 「恋妻家」とは、妻を愛し続ける「愛妻家」ではなく、妻に“恋をする”夫のことで、今回監督を務める遊川和彦が作った造語。同作は『家政婦のミタ』をはじめ、『女王の教室』『〇〇妻』など数々の話題作を世に放ち続ける、遊川の映画初監督作となる。物語は重松清の『ファミレス』を原作に、遊川流の大胆な脚色を加えたもの。本作で初の夫婦役を務める阿部寛、天海祐希をはじめ、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子ら豪華実力派俳優陣が集結。

 予告編ではファミレス…

全文を読む

阿部寛×天海祐希出演で実写化! ”大事な人々と食卓を囲むこと”の意味を教えてくれる重松清の『ファミレス』

阿部寛×天海祐希出演で実写化! ”大事な人々と食卓を囲むこと”の意味を教えてくれる重松清の『ファミレス』

『ファミレス(上)』

『ファミレス(下)』

 “幸せな家庭”“家族の幸せ”――そんな言葉に多くの人が思い浮かべる光景は、やっぱり家族みんなが笑顔で食卓を囲んでいるところではないだろうか。『恋妻家宮本』のタイトルで実写映画も化される重松清の小説『ファミレス』(KADOKAWA)は、食事を作って食べることを通して、家族のつながり、人生の幸せの本質を描き出そうとする長編作品だ。

 中学教師の宮本陽平は、今年49歳。2人の子供が家を巣立ち、同じ歳の妻・美代子とはいわゆる“できちゃった婚”だったので、銀婚式を間近に控えて、初めての2人暮らしが始まった。そこはかとない照れくささとぎこちなさを感じつつ、夫婦ふたりきりのこれからに思いを馳せて心浮き立つものを感じていた陽平。ところが、美代子が愛読しているアン・タイラーの小説に封筒が挟まれているのを見つけて、そんな気分は吹き飛んでしまう。封筒の中身は、美代子の署名が入った離婚届だったのだ。

 陽平の唯一の趣味は料理。その料理を通して友人となった雑誌編集長・竹内一博と惣菜屋の小川康文もまた、家族の関係については順風満帆とは…

全文を読む

「重松清」のおすすめ記事をもっと見る

「重松清」のレビュー・書評をもっと見る

「重松清」の本・小説

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
あさのあつこ
いしいしんじ
小川糸
小池真理子
沢木耕太郎
重松清
髙田 郁
山内マリコ
出版社
双葉社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784575524079
作品情報を見る
ルビィ (講談社文庫)

ルビィ (講談社文庫)

作家
重松清
出版社
講談社
発売日
2020-09-15
ISBN
9784065208656
作品情報を見る
NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
朝井リョウ
石田衣良
小川洋子
角田光代
坂木司
重松清
宮下奈都
東直子
出版社
双葉社
発売日
2019-07-10
ISBN
9784575522402
作品情報を見る
さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

作家
重松清
出版社
講談社
発売日
2019-08-09
ISBN
9784065152423
作品情報を見る
希望の地図2018 (幻冬舎文庫)

希望の地図2018 (幻冬舎文庫)

作家
重松清
出版社
幻冬舎
発売日
2019-08-06
ISBN
9784344428836
作品情報を見る
しあわせって、なに?(こども哲学)

しあわせって、なに?(こども哲学)

作家
オスカー・ブルニフィエ
重松清
カトリーヌ・ムリス
西宮かおり
出版社
朝日出版社
発売日
2019-06-01
ISBN
9784255011202
作品情報を見る

「重松清」人気の作品ランキングをもっと見る

「重松清」の関連画像・写真

「重松清」の関連画像・写真をもっと見る