読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「重松清」の関連記事

「あの泣ける小説が遂に映画に…!」 重松清の『ステップ』が山田孝之主演で実写映画化

「あの泣ける小説が遂に映画に…!」 重松清の『ステップ』が山田孝之主演で実写映画化

『ステップ』(重松清/中央公論新社)  重松清の小説『ステップ』が、山田孝之主演で実写映画化されることが明らかに。國村隼や余貴美子、広末涼子といった俳優陣の出演も発表され、「あの泣ける小説が遂に映画に…!」「このキャストなら絶対に観たい」と話題になっている。  同作を手がける重松は、1991年に『ビフォア・ラン』でデビューした小説家。『流星ワゴン』『とんび』『その日のまえに』など、映像化された作品も数多く存在する人気作家だ。『ステップ』で描かれているのは、結婚3年目で突然…

もっと見る

再会した教え子は末期がんで余命半年だった――堤真一&柳楽優弥出演映画「泣くな赤鬼」特報映像&主題歌公開!

再会した教え子は末期がんで余命半年だった――堤真一&柳楽優弥出演映画「泣くな赤鬼」特報映像&主題歌公開!

 2019年6月14日(金)公開の映画「泣くな赤鬼」の特報動画が解禁された。竹原ピストルによる書き下ろし楽曲が主題歌となることも明かされ、「すごくいい作品になりそう」「曲のリリースも待ち遠しい」と話題になっている。  同作は、重松清の短編集『せんせい。』に収録されている『泣くな赤鬼』を原作とした映画。野球部の熱血教師が、余命半年と宣告されたかつての教え子と再会する物語だ。真っ赤な顔と熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれ恐れられていた教師は、あ…

もっと見る

再会した元生徒は余命半年だった――堤真一、柳楽優弥、川栄李奈の豪華共演で『泣くな赤鬼』映画化

再会した元生徒は余命半年だった――堤真一、柳楽優弥、川栄李奈の豪華共演で『泣くな赤鬼』映画化

 “家族”をテーマにした作品に定評があるベストセラー作家・重松清。彼の短編集『せんせい。』に収録されている物語「泣くな赤鬼」の映画化が発表され、早くも期待の声が飛び交っている。  教師と教え子の関係を描いた同作は、重松自ら「いままで書いてきた『教師と生徒』のお話の中で、特に愛着のある作品です」と語る物語。監督として甲子園出場を夢見ながら一度も叶わず、今では野球への熱も体力も衰えてしまった小渕隆(堤真一)が主人公だ。陽に焼けた赤い顔と鬼のよ…

もっと見る

浅野忠信主演『幼な子われらに生まれ』公開直前! 「普通の家族」を築けない不器用な大人たち――原作者・重松清と脚本家が裏話を明かす

浅野忠信主演『幼な子われらに生まれ』公開直前! 「普通の家族」を築けない不器用な大人たち――原作者・重松清と脚本家が裏話を明かす

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会  重松清の傑作小説を豪華キャストで映画化した、2017年8月26日(土)公開の「幼な子われらに生まれ」。この度、原作者の重松と脚本を担当した荒井晴彦の貴重な対談コメントが到着した。  今回の対談は若かりし頃の話を始めとして、ここでしか聞けない話が盛りだくさん。「親と子が友達になる」という重松作品の根底に流れるテーマをどんな風に描いたのか、こだわりのラストシーンなど、映画制作の裏側にも…

もっと見る

浅野忠信がバツイチ・ツレ婚・気弱なパパに! 映画「幼な子われらに生まれ」予告解禁

浅野忠信がバツイチ・ツレ婚・気弱なパパに! 映画「幼な子われらに生まれ」予告解禁

 2017年8月26日(土)公開の映画「幼な子われらに生まれ」の予告動画が公開された。浅野忠信と田中麗奈が再婚同士の不器用な夫婦を演じる姿には「これはかなり見たい」「浅野忠信の存在感が素晴らしい!」と注目を集めている。 (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会  同作は、重松清の小説を原作としたヒューマンドラマ。バツイチで再婚したサラリーマン・信は、2度目の妻・奈苗とその連れ子の2人の娘と共に…

もっと見る

西島秀俊主演ドラマ「ブランケット・キャッツ」に期待の声「これはすごい癒しの時間になりそう」

西島秀俊主演ドラマ「ブランケット・キャッツ」に期待の声「これはすごい癒しの時間になりそう」

『ブランケット・キャッツ』(重松清/朝日新聞出版)  重松清の傑作短編小説集『ブランケット・キャッツ』がドラマ化され、2017年6月23日(金)より放送を開始する。「大好きな作品だからめっちゃ嬉しい!」「ぱるるも出演するとか見るしかないだろ!」と期待の声が続出している。  新しい飼い主を探すために、2泊3日だけお試しで貸し出されるブランケットにくるまれた猫「ブランケット・キャッツ」が、様々な悩みを抱えた人たちを癒していく物語…

もっと見る

阿部寛と天海祐希が初の夫婦役を演じる映画『恋妻家宮本』「この2人なら間違いない!」と期待の声

阿部寛と天海祐希が初の夫婦役を演じる映画『恋妻家宮本』「この2人なら間違いない!」と期待の声

【電子書籍限定】『ファミレス 【上下 合本版】』 (重松清/KADOKAWA)  重松清『ファミレス』が原作の映画『恋妻家宮本』が2017年1月28日(土)に公開される。主役の宮本夫婦を演じるのは阿部寛と天海祐希の実力派2人ということで、「この夫婦役は絶対面白い!」「真面目な作品も笑える作品もいける2人だから楽しみ」と期待の声が上がっている。  子供が巣立ち、2人きりとなった宮本夫妻。ある日夫は妻が隠していた離婚届と見つけ…

もっと見る

阿部寛×天海祐希出演で実写化! ”大事な人々と食卓を囲むこと”の意味を教えてくれる重松清の『ファミレス』

阿部寛×天海祐希出演で実写化! ”大事な人々と食卓を囲むこと”の意味を教えてくれる重松清の『ファミレス』

『ファミレス(上)』 『ファミレス(下)』  “幸せな家庭”“家族の幸せ”――そんな言葉に多くの人が思い浮かべる光景は、やっぱり家族みんなが笑顔で食卓を囲んでいるところではないだろうか。『恋妻家宮本』のタイトルで実写映画も化される重松清の小説『ファミレス』(KADOKAWA)は、食事を作って食べることを通して、家族のつながり、人生の幸せの本質を描き出そうとする長編作品だ。  中学教師の宮本陽平は、今年49歳。2人の…

もっと見る
123