読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「小松和彦」の関連記事

世界に誇れる日本文化に改めて着目!見て学ぶ和のミュージアム『ジャパノロジー・コレクション』創刊

世界に誇れる日本文化に改めて着目!見て学ぶ和のミュージアム『ジャパノロジー・コレクション』創刊

ジャパノロジーとは英語で「日本学」という意味。知っているようで知らない日本の文化を、美しいオールカラーできちんとわかりやすく伝える「和」の新シリーズがKADOKWA 角川学芸出版BCから創刊された。貴重な写真や絵図と、簡潔な文章、美しいカバーとレイ…

もっと見る

注目の新刊 『「伝説」はなぜ生まれたか』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『「伝説」はなぜ生まれたか』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

日本全国津々浦々に伝えられてきた伝説、説話、物語といった伝承はどのようにして生まれ、語られていったのか?能登半島・旧柳田村の「猿鬼伝説」、戸隠・箱根の「九頭龍伝説」などを例に挙げ、詳細な資料を基に探り、それによって日本人の文化や信仰観に迫…

もっと見る

注目の新刊 『新・日本学誕生 国際日本文化研究センターの25年』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

注目の新刊 『新・日本学誕生 国際日本文化研究センターの25年』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

日本文化に関する研究を行う「国際日本文化研究センター」。設立25年を迎えた同センターの誕生から現在までの道程をまとめた本書は、拡大存続のため「国益」を打ち出した経緯などの戦略面や、内部の論争などにも踏み込んでいる。組織運営の観点からも興味深…

もっと見る

注目の新刊『いざなぎ流の研究 歴史のなかのいざなぎ流太夫』ダ・ヴィンチ2011年12月号

注目の新刊『いざなぎ流の研究 歴史のなかのいざなぎ流太夫』ダ・ヴィンチ2011年12月号

高知の民間信仰・いざなぎ流を、40年以上にわたって研究してきた文化人類学者の集大成。ほぼ未整備の国道を通って高知県旧物部村に滞在した1971年から現在まで、さまざまな資料や調査を経て著者が導き出した「いざなぎ流」の意味と全貌が記されている。

もっと見る