読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

えすとえむ

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
えすとえむ

「えすとえむ」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

『シティーハンター外伝』海坊主旋風到来! 悩める客たちの「XYZ」を受け止めろ!

『シティーハンター外伝』海坊主旋風到来! 悩める客たちの「XYZ」を受け止めろ!

『CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常(1)』(えすとえむ:漫画、北条 司:キャラ原案/竹書房)

 伊集院隼人――タレントでもなければ、お笑い芸人でも歌手の名前でもない。本の表紙にはサングラスをかけたスキンヘッドの大男が睨みつけるように描かれ、帯には「主役は海坊主」とある…そう! 裏社会で海坊主やファルコンと呼ばれていた男こそが、伊集院隼人。『CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常(1)』(えすとえむ:漫画、北条 司:キャラ原案/竹書房)は、この海坊主が主役。本書は、国民的な人気漫画とも言える『シティーハンター』の公式スピンオフ作品だ。

 海坊主こと伊集院隼人は、この『シティーハンター』に登場する人気キャラのひとり。『シティーハンター』の主人公である冴羽獠は、凄腕の始末屋(スイーパー)であり、無類の女好き。海坊主も獠と互角の腕を持つ始末屋であり、以前は敵対関係にあった。だが傭兵を引退してからは、仕事を一緒にする親友のような仲となっていた。その海坊主に注目したのが、今回の作品だ。

 ちなみに、海坊主の現在の職業は、…

全文を読む

「とろろうどんってなんかエロい!」 うどんに絡めた妄想から始まったムズキュンな恋の行方は…

「とろろうどんってなんかエロい!」 うどんに絡めた妄想から始まったムズキュンな恋の行方は…

『うどんの女』(えすとえむ/祥伝社)

 グルメ漫画には、プロが腕によりをかけた料理が描かれていたり、現実ではお目にかかれないような煌びやかな食材が登場したりすることが多い。しかし、『うどんの女』(えすとえむ/祥伝社)は他のグルメ漫画とは違い、うどんしか出てこない。にもかかわらず、食欲が自然と掻き立てられ、妄想力までもがたくましく高められてしまう不思議な1冊だ。

 本作は年上女と草食系男子の恋愛模様にスポットを当てた、まったく新しいグルメ漫画である。ヒロインである村田チカ(35)は、バツイチで出戻り中。チカは大学の学食内にあるうどんコーナーで働いており、毎日うどんばかりを注文しに来る油絵学科の男子学生・木野(21)に興味を持ち始める。「この人が毎日うどんを注文するのは、もしかして私に気があるからなのでは…?」そう思い始めたチカと同様に木野も、頼んでもいないのに大量のネギや天ぷらをうどんに入れてくれるチカを意識し始めるようになっていくのだ。

 本作のおもしろいところは、うどんに絡めて2人があらぬ妄想をつぎつぎと繰り広げながら、徐々に距離を縮めていくとこ…

全文を読む

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

人類が今までに創り出した空想上の生物ってたくさんいますよね。もしもその空想上の生物が本当にいたとしたら、皆さんは今の社会がどのように変わると思いますか?

今回紹介する作品は「はたらけ、ケンタウロス!」です。作品名と表紙を見れば分かる通り、ケンタウロスが主人公の話です。この作品の世界ではケンタウロスが人間と共存しています。ケンタウロスのための法律が制定されていたり、ケンタウロス専用の道路が確立されたりしていて、真の意味での共存社会が成り立っているのです。

表紙の画とケンタウロスが主人公ということもあり、最初はギャグ漫画なのかな? という印象を受けましたが、それは良い意味で裏切られました。もちろん、笑える所が随所にちりばめられていて、上半身が人間で下半身が馬であるケンタウロスならではのネタが面白いのですが、私がこの作品を読み上げた時に心に残ったのは感動でした。本作は各話ごとにさまざまなケンタウロスの話で構成されているのですが、どの話も読み応えが十分にあります。

ひとつ簡単に例を挙げさせてもらうと、ケンタウロスがモデルをやっている話があります。そのケンタウロ…

全文を読む

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

人類が今までに創り出した空想上の生物ってたくさんいますよね。もしもその空想上の生物が本当にいたとしたら、皆さんは今の社会がどのように変わると思いますか?

今回紹介する作品は「はたらけ、ケンタウロス!」です。作品名と表紙を見れば分かる通り、ケンタウロスが主人公の話です。この作品の世界ではケンタウロスが人間と共存しています。ケンタウロスのための法律が制定されていたり、ケンタウロス専用の道路が確立されたりしていて、真の意味での共存社会が成り立っているのです。

表紙の画とケンタウロスが主人公ということもあり、最初はギャグ漫画なのかな? という印象を受けましたが、それは良い意味で裏切られました。もちろん、笑える所が随所にちりばめられていて、上半身が人間で下半身が馬であるケンタウロスならではのネタが面白いのですが、私がこの作品を読み上げた時に心に残ったのは感動でした。本作は各話ごとにさまざまなケンタウロスの話で構成されているのですが、どの話も読み応えが十分にあります。

ひとつ簡単に例を挙げさせてもらうと、ケンタウロスがモデルをやっている話があります。そのケンタウロ…

全文を読む

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

ギャグ漫画と思うなかれ! 新感覚ケンタウロスストーリー

人類が今までに創り出した空想上の生物ってたくさんいますよね。もしもその空想上の生物が本当にいたとしたら、皆さんは今の社会がどのように変わると思いますか?

今回紹介する作品は「はたらけ、ケンタウロス!」です。作品名と表紙を見れば分かる通り、ケンタウロスが主人公の話です。この作品の世界ではケンタウロスが人間と共存しています。ケンタウロスのための法律が制定されていたり、ケンタウロス専用の道路が確立されたりしていて、真の意味での共存社会が成り立っているのです。

表紙の画とケンタウロスが主人公ということもあり、最初はギャグ漫画なのかな? という印象を受けましたが、それは良い意味で裏切られました。もちろん、笑える所が随所にちりばめられていて、上半身が人間で下半身が馬であるケンタウロスならではのネタが面白いのですが、私がこの作品を読み上げた時に心に残ったのは感動でした。本作は各話ごとにさまざまなケンタウロスの話で構成されているのですが、どの話も読み応えが十分にあります。

ひとつ簡単に例を挙げさせてもらうと、ケンタウロスがモデルをやっている話があります。そのケンタウロ…

全文を読む

「えすとえむ」のレビュー・書評をもっと見る

「えすとえむ」の関連画像・写真

「えすとえむ」の関連画像・写真をもっと見る