読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小嶋陽太郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
こじま・ようたろう

「小嶋陽太郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

今この瞬間の「絶対」をつないでいけば、いつかそれは永遠になる――小嶋陽太郎著『ぼくらはその日まで』

今この瞬間の「絶対」をつないでいけば、いつかそれは永遠になる――小嶋陽太郎著『ぼくらはその日まで』

『ぼくらはその日まで』(小嶋陽太郎/ポプラ社)

 9月6日発売の『ダ・ヴィンチ』は「恋する私たちは、ちょっとおかしい」という特集が組まれるが、恋をすれば「僕たち」もちょっとおかしくなる。好きな人ができたとたん、生活はその人を中心にまわりだし、誰も彼もがその人のことを好きなような気がしてしまい、自分がうっかり目をそらした隙に奪われてしまうんじゃないかと不安になる。大人でさえもてあますその気持ちを、初めて手に入れた中学生が冷静でいられるはずがない。『ぼくらはその日まで』(小嶋陽太郎/ポプラ社)は、そんな甘酸っぱい想いが交錯する青春小説だ。

 思えば中高生時代、クラス替えや席替えは日常を揺るがす一大事変だった。主人公の僕ことサクは、中学2年生のクラス替えで、自分だけが仲良しの2人と離れてしまったことを知る。わんぱく少年・ハセと、変わり者の天然女子・チカ。サクはチカのことが好き。ハセとチカは恋愛にまるで興味がなさそうだが、周囲に耳を澄ましてみればハセは女子からずいぶん人気があるようだ。あまり意識したことはないけど、もしかしてハセって男気溢れるめちゃくちゃかっ…

全文を読む

「小嶋陽太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「小嶋陽太郎」の本・小説

友情だねって感動してよ

友情だねって感動してよ

作家
小嶋陽太郎
出版社
新潮社
発売日
2018-09-21
ISBN
9784103520610
作品情報を見る
放課後ひとり同盟

放課後ひとり同盟

作家
小嶋陽太郎
出版社
集英社
発売日
2018-04-26
ISBN
9784087711424
作品情報を見る
そしてぼくらは仲間になった

そしてぼくらは仲間になった

作家
小嶋陽太郎
高森美由紀
福島 直浩
虹山 つるみ
向井湘吾
出版社
ポプラ社
発売日
2018-11-13
ISBN
9784591160374
作品情報を見る
今夜、きみは火星にもどる (角川文庫)

今夜、きみは火星にもどる (角川文庫)

作家
小嶋陽太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-10-25
ISBN
9784041062272
作品情報を見る

「小嶋陽太郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「小嶋陽太郎」の関連画像・写真

「小嶋陽太郎」の関連画像・写真をもっと見る