読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小畑健

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
おばた・たけし

「小畑健」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「これはめちゃくちゃ熱い!」『DEATH NOTE』『バクマン。』小畑健の初展覧会に大反響!

「これはめちゃくちゃ熱い!」『DEATH NOTE』『バクマン。』小畑健の初展覧会に大反響!

(C)小畑健(C)泉藤進(C)写楽麿(C)ほったゆみ(C)大場つぐみ(C)鷹野常雄(C)桜坂洋・竹内良輔・安倍吉俊(C)榎伸晃/集英社

 『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』などの作画で知られる漫画家・小畑健。画業30周年を記念した展覧会が2019年夏に開催されることが分かり、ファンから「絶対行きます!」「神絵師の展覧会がついに決まったーーー!!」と大反響が巻き起こっている。

 小畑は1985年に投稿作『500光年の神話』で「第30回手塚賞」準入選を受賞。1989年に『CYBORG じいちゃんG』で『週刊少年ジャンプ』連載デビューを果たした。以来さまざまな原作者とタッグを組んで作画を担当しており、現在は『ジャンプスクエア』で『プラチナエンド』を連載。また、イラストワークとして数々のコラボレーション作品も発表するなど、その活躍は漫画の世界だけにとどまらない。

 原作者とのコンビで自らは作画に専念し、テーマごとに画風を大きく変えている小畑。色彩豊かな青春ストーリーからダークで重厚なサスペンスドラマまで、その表現技術が高く評価されてきた。小…

全文を読む

マンガ家が主人公の熱いマンガおすすめ5選。プロ漫画家の日常と妄想を覗き見してみない?

マンガ家が主人公の熱いマンガおすすめ5選。プロ漫画家の日常と妄想を覗き見してみない?

 マンガ家という職業には、いかにも“マンガ向き”なアツい設定がたくさんある。モノを作り上げることへの情熱、売れているマンガ家への憧れや嫉妬、いつ打ち切られるかわからない仕事上の恐怖。そんなマンガ家の世界を、実際に活躍している人気マンガ家たちが描いたら、でき上がる作品はおもしろいに決まっている。今回は、そんな傑作ぞろいの“マンガ家マンガ”の中から、バリエーションに富んだ5つの作品を紹介する。

このまとめ記事の目次 ・バクマン。 ・かくかくしかじか ・かくしごと ・Stand by me 描クえもん ・零落

■少年マンガ好きならまずは読むべし ジャンプの内幕を描く『バクマン。』

『バクマン。』(大場つぐみ:著、小畑健:イラスト/集英社)

 原作の大場つぐみと、作画の小畑健は、2003年に連載を開始した『DEATH NOTE』(集英社)以来、常に少年マンガの最前線を駆け抜ける最強コンビ。そんなふたりになぞらえるように、高校生2人が原作と作画でタッグを組み、「週刊少年ジャンプ」でアンケート1位&アニメ化を目指して奮闘するのが『バクマン。』(集英社)だ。アンケ…

全文を読む

『ヒカルの碁』LINEスタンプ登場にファン大興奮!「また読み返したくなってきた」

『ヒカルの碁』LINEスタンプ登場にファン大興奮!「また読み返したくなってきた」

『ヒカルの碁』1巻(原作:ほったゆみ、漫画:小畑健/集英社)

『週刊少年ジャンプ』の50周年を記念して、ほったゆみ原作による小畑健の『ヒカルの碁』がLINEスタンプになって登場。原作ファンからは「懐かしさがこみあげてくる!」「当時1番好きなマンガだったから嬉しい」と歓喜の声が上がっている。

 同作は平凡な小学生の主人公・進藤ヒカルが、天才囲碁棋士の霊に取り憑かれたことをきっかけに囲碁の世界に巻き込まれていく姿を描いた作品。『週刊少年ジャンプ』にて1999年から2003年にかけて連載され、小学生や中学生を中心に囲碁ブームを引き起こすほどの人気に。

 今回配信されたスタンプにはヒカルをはじめ、天才棋士の霊である藤原佐為(ふじわらのさい)やライバル塔矢アキラなどのキャラクターなどが登場。さらに原作の中でヒカルが佐為の力を借りて囲碁を打った際、相手から囲碁歴を聞かれて「千年」と親指を立てて答える名シーンもスタンプ化されている。

 これを受けてネット上では「また原作読み返したくなってきた」「これ相手から送られてくるたびに懐かしさを味わうことになるな」「自分にとって…

全文を読む

ハリウッド版「デスノート」小畑健の描き下ろしイラストに反響続出!

ハリウッド版「デスノート」小畑健の描き下ろしイラストに反響続出!

 2017年8月25日(金)から全世界同時オンラインストリーミングが開始されるNetflixオリジナル映画「Death Note/デスノート」について、原作者の大場つぐみと作画を担当した小畑健のコメントが発表された。小畑が描き下ろしたイラストも公開され「ハリウッド版デスノート楽しみすぎる!」「これはどんどん期待が高まっていくな!!」と話題になっている。

 ハリウッドで実写化された同作について、原作者の大場つぐみは「隅々までクオリティーが高くとてもオシャレなこれぞハリウッドDEATH NOTEです」と大絶賛。「いい意味で原作を踏襲した部分と変えた部分があるのでファンはもちろん、幅広い人々に楽しんでもらえる作品だと思います」と語った。漫画担当の小畑健も「アダム・ウィンガード監督の映像美とスリリングな演出が見事でA級スリラー映画となっています。キャラクターたちが皆欲望に忠実で、こういうデスノートも描いてみたかったと思いました」と明かし、2人揃って熱いコメントを寄せている。

 大場、小畑のコメントにファンの期待値はさらに上昇したようで、「邦画版もなかなかだ…

全文を読む

なぜブーム? “学習まんが”がヒットする背景にはあのギャルがいた!

なぜブーム? “学習まんが”がヒットする背景にはあのギャルがいた!

本のがんこ堂 唐崎店の『日本の歴史』売り場。盛り上がりが伝わってくる

 歴史や科学、経済など人々が学習する内容を文章表現ではなく漫画にすることで、主な読者である子どもたちの理解を助ける「学習まんが」。

 中でも、“日本の歴史”をテーマとする学習まんがのシリーズが、2013年12月頃より売り上げが急伸、現在は学研、小学館、KADOKAWA、講談社といった出版大手がしのぎをけずり、来年には集英社も既存シリーズを全面改訂、『NARUTO―ナルト―』の岸本斉史さんら人気漫画家が表紙を手掛けるなど、いま業界内で熱く注目されているのだ。

  ▼進化する学習まんが。幅広い世代を取り込みブームが加速  KADOKAWAが今年6月に創業70周年記念事業として刊行した、角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』(全15巻)は、発売後5ヶ月で早くも120万部を突破。同社では好調の要因を「東大流」「コンパクトなサイズ」「豪華なイラスト執筆陣」と分析している。

 「東大流」とは東京大学・山本博文教授による「歴史の大きな流れをつかむ」技法に基づいた構成のことで、歴史まんが本編を読む前に…

全文を読む

『ジャンプSQ.』12月号より『プラチナエンド』連載開始! 次号では荒木飛呂彦『岸辺露伴は動かない』の最新エピソード掲載決定

『ジャンプSQ.』12月号より『プラチナエンド』連載開始! 次号では荒木飛呂彦『岸辺露伴は動かない』の最新エピソード掲載決定

『プラチナエンド』カラーカット (C)大場つぐみ・小畑健/集英社

 『DEATH NOTE』と『バクマン。』を世に送り出した、大場つぐみ×小畑健のタッグが手がける新作『プラチナエンド』の連載が、2015年11月4日(水)発売の『ジャンプスクエア』12月号から遂に始まった。  連載開始を記念し、『DEATH NOTE』『バクマン。』、そして新連載の『プラチナエンド』の複製原稿(A4判・各作品1枚ずつ計3枚)とスペシャルデザインの額縁(額は1枚)のセットが手に入る応募者全員サービスを、『ジャンプスクエア』2015年12月号(11月4日発売)・2016年1月号(12月4日発売)・2016年2月号(2016年1月4日発売)の3号連続で実施! 応募方法などの詳しい情報は、11月4日(水)発売の『ジャンプスクエア』12月号に掲載される。 ※複製原画3点の絵柄は月ごとに変更。読者負担額は1,000円(税込)  また、『ジャンプスクエア』12月号では、『ジャンプスクエア』2016年1月号から荒木飛呂彦の最新読み切り作品『岸辺露伴は動かないエピソード#07 月曜日-…

全文を読む

映画本編使用の描き下ろし原稿約100点を収録! 小畑健、佐藤健、神木隆之介の鼎談も!『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』発売

映画本編使用の描き下ろし原稿約100点を収録! 小畑健、佐藤健、神木隆之介の鼎談も!『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』発売

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2015映画「バクマン。」製作委員会

 マンガ業界の裏側を赤裸々に描き大人気となった『バクマン。』。『デスノート』の小畑健&大場つぐみのゴールデンタッグで挑んだ作品は、コミックだけにとどまらず3度にわたりアニメ化され、そして遂に2015年10月3日(土)には実写映画の公開となった。  映画公開にあわせて、本編で実際に使用された小畑の描き下ろし原稿を収録した、『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』が10月2日(金)に発売された。  撮影小道具として使用された描き下ろし原稿やスケッチ画など約100点が、実際に使用された場面写真やコメントとともに掲載されるほか、映画本編では使用されなかった幻の原稿も収録!

『映画バクマン。 小畑健イラストワークス』サンプル (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2015映画「バクマン。」製作委員会

 また、小畑と主演の佐藤健、神木隆之介の夢の鼎談、さらに小畑と大根仁監督の対談、ちばてつやと大根仁監督の対談も掲載。さらに2015年9月19日(土)発売の『週刊少年ジャンプ』43号、9…

全文を読む

大場つぐみと小畑健のタッグ再び!新作『プラチナエンド』連載開始決定&カラーカット初公開

大場つぐみと小畑健のタッグ再び!新作『プラチナエンド』連載開始決定&カラーカット初公開

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社

 大人気マンガ『DEATH NOTE』と『バクマン。』を世に送り出した、大場つぐみと小畑健のタッグが手がける新たな連載『プラチナエンド』が始まることが、2015年9月28日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』で発表された。  連載が開始されるのは、2015年11月4日(水)発売の『ジャンプスクエア』12月号から。大場氏と小畑氏のタッグでの連載は『バクマン。』以来、3年半ぶりとなる。大場・小畑両氏からの緊張気味のコメントが届いているので紹介しよう。

久しぶりの小畑先生との作品なので、とても緊張してますが、がんばります。大場つぐみ

SQ.での連載にドキドキです。限界まで頑張りますので応援よろしくお願いします。小畑健

『プラチナエンド』あらすじ 中学校の卒業式当日、同級生が卒業に浮かれるなか独り中学校を後にする、架橋明日(かけはしミライ)。生きることに希望を見出せない彼は、いったいどんな道を歩むことになるのか…。これは、人と天使の物語である。  『プラチナエンド』については、2015年10月3日(土)発売の『ジャンプスクエア』1…

全文を読む

「小畑健」のおすすめ記事をもっと見る

「小畑健」の本・マンガ

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2019-07-04
ISBN
9784088818870
作品情報を見る
プラチナエンド 10 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 10 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2019-02-04
ISBN
9784088817293
作品情報を見る
プラチナエンド 9 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 9 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2018-09-04
ISBN
9784088814261
作品情報を見る
プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2018-04-04
ISBN
9784088813707
作品情報を見る
バクマン。 10 (集英社文庫―コミック版)

バクマン。 10 (集英社文庫―コミック版)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2017-11-17
ISBN
9784086196994
作品情報を見る
バクマン。 12 (集英社文庫―コミック版)

バクマン。 12 (集英社文庫―コミック版)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2017-12-15
ISBN
9784086197014
作品情報を見る
バクマン。 9 (集英社文庫―コミック版)

バクマン。 9 (集英社文庫―コミック版)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2017-11-17
ISBN
9784086196987
作品情報を見る
バクマン。 11 (集英社文庫―コミック版)

バクマン。 11 (集英社文庫―コミック版)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2017-12-15
ISBN
9784086197007
作品情報を見る

「小畑健」人気の作品ランキングをもっと見る

「小畑健」の関連画像・写真

「小畑健」の関連画像・写真をもっと見る