読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小林薫

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
こばやし・かおる

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1951年、京都府生まれ。71年~80年、唐十郎主宰「状況劇場」に所属。退団後、映画、ドラマ、舞台を中心に幅広く活躍。映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』『旅立ちの島唄~十五の春~』『夏の終り』『舟を編む』『春を背負って』、ドラマ『カーネーション』『Woman』『55歳からのハローライフ』ほか多数出演。

「小林薫」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

小林薫「“ドラマ”って、みんなそれぞれ抱えている。大きなものも、 小さなものも、どっちが重いかということはないと思うんです」

小林薫「“ドラマ”って、みんなそれぞれ抱えている。大きなものも、 小さなものも、どっちが重いかということはないと思うんです」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、3年ぶり、待望の新シリーズがスタートしたドラマ『深夜食堂 3』で、マスターを演じる小林薫さん。来年1月31日(土)には映画作品も公開。その製作の裏側と内側にある“ドラマ”とは――

「“一度でいいから出たい”と言って、本当に出演した方がいますよ。レギュラーの方々は“必ず声掛けてくださいね”と。魅力っていうのかな、『深夜食堂』は役者にとっても、何か引きつけられるものがある作品なんでしょうね」

 役者だけではなく、監督もスタッフも。観る人たちが惹かれ、集まってくるように、作り手たちも集まってくる。端を発したのは、テレビドラマで一般的な“全あかり”と呼ばれる陰翳の出ない照明が、この作品にはそぐわないんじゃないかという小林さんのひと言だったという。

「1作目でお話をいただいた時、これだといわゆる存在感のないめしやになっちゃうんじゃないかと感じて。僕がもらしたその言葉を、言わなくてもいいのに、うちのスタッフがたまたま松岡監督と…

全文を読む

「小林薫」のおすすめ記事をもっと見る

「小林薫」の本・小説

強制除霊師・斎 呪念の地 (ぶんか社コミックス)

強制除霊師・斎 呪念の地 (ぶんか社コミックス)

作家
小林薫
出版社
ぶんか社
発売日
2016-08-17
ISBN
9784821178957
作品情報を見る
霊能者ですがガンになりました (ぶんか社コミックス)

霊能者ですがガンになりました (ぶんか社コミックス)

作家
小林薫
出版社
ぶんか社
発売日
2019-02-09
ISBN
9784821137466
作品情報を見る
使命達成のリーダーシップ―「高目標=高成果」アチーバーへの道

使命達成のリーダーシップ―「高目標=高成果」アチーバーへの道

作家
アラン コックス
小林薫
出版社
ダイヤモンド社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784478360088
作品情報を見る

「小林薫」人気の作品ランキングをもっと見る