KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小林賢太郎

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
こばやし・けんたろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1973年4月17日生まれ、神奈川県出身。多摩美術大学卒業。コント、演劇、映像作品の脚本・演出家でありパフォーマー。98年に「ラーメンズ」第1回公演『箱式』を発表。2002年に演劇プロジェクト「K.K.P.」を旗揚げ、05年に「Potsunen」としてソロデビューする。主な活動に、コントグループ「ラーメンズ」、ソロパフォーマンス「Potsunen」、演劇プロジェクト「K.K.P.」、NHK-BS『小林賢太郎テレビ』など。

「小林賢太郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

サブカルのカリスマ・小林賢太郎が描く、哀しくもあたたかな『うるう』の秘密

サブカルのカリスマ・小林賢太郎が描く、哀しくもあたたかな『うるう』の秘密

『うるうのもり』(小林賢太郎/講談社) ネット通販花盛りのこのご時世に何と、自宅近くに大型書店がオープンしました。もうね、通いまくってます。幸せです。夜遅くまで開いてるし、話題の雑貨も文房具も何でもあるんですよ。おまけに店員さんも親切だし。本当にありがたいです。

やっぱり本屋さんって楽しいです。ネット通販だと自分の興味のあるものにしかアクセスしませんけれど、本屋さんをぐるぐるしていると、思いがけない出会いがあったりして。最近の本屋さんだと、子ども向けの絵本コーナーに力を入れているところも多いようですね。特設の棚を歩いていると、作風も装丁も様々な絵本が、楽しそうに笑いかけてくるようにも感じます。自分が幼いころ手に取った絵本はこんなにカラフルで、複雑なストーリーだったかしらと、ふと立ち止まって考えてしまったりもして…。絵本って、侮れませんね。

『うるうのもり』(小林賢太郎/講談社)は、小林賢太郎氏による児童文学。お笑いコンビ・ラーメンズで脚本・演出を担当する同氏は、その多才さと端正なルックスから一部でカルト的な人気を誇り、サブカルのカリスマとしても知ら…

全文を読む

「小林賢太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「小林賢太郎」の本・マンガ

大喜利猿----小林賢太郎×升野英知

大喜利猿----小林賢太郎×升野英知

作家
小林賢太郎
升野 英知
出版社
河出書房新社
発売日
2006-02-16
ISBN
9784309268743
作品情報を見る
うるうのもり

うるうのもり

作家
小林賢太郎
出版社
講談社
発売日
2016-02-18
ISBN
9784062199179
作品情報を見る
カキワリの劇場 (ことばとえ 4)

カキワリの劇場 (ことばとえ 4)

作家
小林賢太郎
出版社
あかね書房
発売日
2023-01-26
ISBN
9784251051042
作品情報を見る
表現を仕事にするということ

表現を仕事にするということ

作家
小林賢太郎
出版社
幻冬舎
発売日
2024-04-24
ISBN
9784344041967
作品情報を見る

「小林賢太郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「小林賢太郎」の関連画像・写真

「小林賢太郎」の関連画像・写真をもっと見る