読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

松井今朝子

職業・肩書き
作家
ふりがな
まつい・けさこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1953年、京都府生まれ。早稲田大学大学院で演劇学を専攻し、歌舞伎の企画制作に携わる。フリーで歌舞伎の評論を手掛けたのち、97年『東洲しゃらくさし』で小説家デビュー。同年、『仲蔵狂乱』で時代小説大賞を受賞。著書に『銀座開化事件帖』『家、家にあらず』、激動の2007年上半期を綴った初エッセイ集『今朝子の晩ごはん』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1996年
『デジタル歌舞伎エンサイクロペディア』ミリア特別審査員賞
1997年
『仲蔵狂乱』第8回時代小説大賞
1997年
『東洲しゃらくさし』第17回日本文芸大賞 歴史文学新人賞
2007年
『吉原手引草』第137回直木賞

「松井今朝子」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『壺中の回廊』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『壺中の回廊』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

昭和5年、東京。歌舞伎の大劇場・木挽座に「掌中の珠を砕く」と脅迫状が届き、忠臣蔵上演中に若手人気役者が殺される。捜査に行きづまった築地署は、江戸狂言作者の末裔・桜木治郎に協力を要請するが。人気時代小説作家が贈る、渾身の歌舞伎バックステージミステリー。

全文を読む

「松井今朝子」のおすすめ記事をもっと見る

「松井今朝子」の本・小説

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙

西南の嵐―銀座開化おもかげ草紙

作家
松井今朝子
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784104742035
作品情報を見る
江戸の夢びらき

江戸の夢びらき

作家
松井今朝子
出版社
文藝春秋
発売日
2020-04-24
ISBN
9784163911960
作品情報を見る

「松井今朝子」人気の作品ランキングをもっと見る