読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

松田龍平

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
まつだ・りゅうへい

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

俳優

「松田龍平」のおすすめ記事・レビュー

綾野剛「私はあなたを忘れません」芥川賞受賞作『影裏』が綾野&松田龍平出演で映画化!

綾野剛「私はあなたを忘れません」芥川賞受賞作『影裏』が綾野&松田龍平出演で映画化!

 第157回芥川賞受賞作『影裏』が映画化されることが決定。綾野剛と松田龍平が出演することも明らかになり、「この2人の共演は嬉しすぎる!」「どんな雰囲気の作品になるんだろう…」と注目を集めている。

 主人公の今野は、転勤のために移り住んだ岩手で同僚の日浅と出会う。意気投合した2人は少しづつ親交を深めていくが、ある日突然日浅が会社を退職。しばらく経った頃に再会を果たすものの、離れていた分の心の距離はなかなか縮まることがなかった。ある日今野は日浅が行方不明になったことを知り、周囲の人々の話を聞くうちに彼の裏の顔を垣間見ることになる―。

 作者の沼田真佑は、デビュー作で芥川賞を受賞した驚異の新人作家。読者からは「淡々とした文章で、スッと頭に入ってきて心地よかった」「震災を取り上げているのに悲劇的じゃないところが好印象」「とても新人とは思えない文章力に驚かされる」と絶賛の声が続出。

 映画の監督は、「るろうに剣心」「億男」などの大友啓史が担当。今野を綾野剛、日浅を松田龍平が演じ、撮影はすべて岩手県で行われた。綾野は今野という役について、「これほど愛おしく苦しく刹…

全文を読む

「これは絶対号泣するやつ」 映画「泣き虫しょったんの奇跡」予告映像に反響続出

「これは絶対号泣するやつ」 映画「泣き虫しょったんの奇跡」予告映像に反響続出

 2018年9月7日(金)公開の映画「泣き虫しょったんの奇跡」の本予告映像が解禁。胸が熱くなる描写に視聴者からは、「感動すること間違いなしだな…」「この映画は絶対映画館で観たい」といった声が続出している。

 同映画は棋士・瀬川晶司の同名自伝小説が原作。将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司が、「26歳の誕生日までに四段へ昇段できなければ退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定に夢を絶たれてしまう。しかし夢を諦めきれず、35歳でプロ棋士を目指す実話が描かれた。

 今回公開された予告映像を見た人からは、「これは絶対号泣するやつ」「胸が熱くなった! 一刻も早く観にいきたい!」「予告でこんなにも感情を揺さぶられたのは初めてかも」といったコメントが殺到。

 主人公・瀬川を松田龍平が演じ、松田と公私ともに交流があるRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎が親友の鈴木悠野役を務める。さらに永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった豪華キャスト陣が集結。野田との初共演に松田は「洋次郎とは『ここから演じています』という垣根がない瞬間があるのが、特別…

全文を読む

2.5次元、ジャニーズ、韓流、BL、宝塚、そして“大泉洋”オタク女性が集結! 縦横無尽に語りまくった!『探偵はBARにいる3』×『浪費図鑑』コラボ座談会

2.5次元、ジャニーズ、韓流、BL、宝塚、そして“大泉洋”オタク女性が集結! 縦横無尽に語りまくった!『探偵はBARにいる3』×『浪費図鑑』コラボ座談会

(「劇団雌猫」の3名と本誌編集M)

 オタク女性の赤裸々な「浪費」生活を収録した『浪費図鑑-悪友たちのないしょ話-』(本誌「BOOK OF THE YEAR2017特集」でもエンタメ・実用書ランキング10位!)が大きな話題を呼んでいる、アラサー女性4人組サークル「劇団雌猫」(@aku__you)。そのメンバー3名に、『ダ・ヴィンチ』本誌の大泉洋さん担当編集M(@oizumiessey )も加わり、現在公開中の映画『探偵はBARにいる3』とコラボ座談会を開催!

■テニミュ上演芸と三島由紀夫無限回収 ――では早速、自己紹介をお願いできますでしょうか? ユッケ 現在は、2.5次元ミュージカルとジャニーズJr.にハマっています。

かん 今、一番ハマっているのはK-POPアイドルの「SEVENTEEN」。でも大学時代は演劇部だったので、TEAM NACSの公演のDVDもいっぱい部室で観てました。『COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ』が好きです。

ひらりさ 私はずっとBLを愛しているんですが、最近はアラサーっぽく、占いやマッサージなんかをやってみています。

編…

全文を読む

大泉洋「一生“探偵はBARにいる”し、一生『水曜どうでしょう』も続ける」。自身の父が映画に登場していることも明らかに!

大泉洋「一生“探偵はBARにいる”し、一生『水曜どうでしょう』も続ける」。自身の父が映画に登場していることも明らかに!

 12月15日(金)、映画『探偵は BAR にいる3』大ヒット舞台挨拶が行われ、“探偵”の大泉洋と相棒の“高田”を務める松田龍平が登壇した。

 ネットの口コミや作品評などで<文句なく最高傑作>と謳われるほど、高評価を受けている今作。しかし大泉は、実際にお客さんの反応を直接知るべく、自身で映画館へ“潜入”したことを告白。 「混んでいる映画館へいった。なるだけ(バレないように)後ろの席を取って、暗くなるのを待っていたんですけれど、今の映画館ってなかなか暗くならないんですね……」と“顔バレ”しないよう自分で取った後方の席まで、チケットを見つめ<座席を探しているフリ>をしながら階段を上がった、と語り、その“潜入”の結果、観客はとても喜んでいてくれていたものの、エンドロール中、席を立ち帰ってしまう人が多かったことを目の当たりにしたそうで、「よっぽど(自分がお客さんを)止めようかと思いました!」「そして悲しいかな、一番最後のシーンが一番ウケる。だから、なんとか最後まで観てほしい」と、“エンドロール後も席を立たないように!”と、必死に観客に向け訴えた(※今作、…

全文を読む

「女性はふわっとした関係でいようとする」 ゆうこす×はあちゅうがBARで語る! 男と女の友情、初対面の人や彼との“距離の縮め方”

「女性はふわっとした関係でいようとする」 ゆうこす×はあちゅうがBARで語る! 男と女の友情、初対面の人や彼との“距離の縮め方”

(左)はあちゅうさん、(右)ゆうこすさん

 『通りすがりのあなた』(講談社)などの著者で知られる元祖SNS女王、はあちゅうさん。 「モテるために生きてる」と言い切り、“モテクリエイター”として起業も果たした元アイドルのゆうこすさん。女性から圧倒的な支持を集める2人が、注目の映画や恋愛、独自のコミュニケーション術を語る。

●好きな男性と近づきたくて映画をたくさん観た

はあちゅうさん(以下、はあちゅう) 映画はもともと大好きで、大学生のときは年間300本観ていた時期もありました。今はNetfixやHulu、Amazon Primeのどれかで2日で1本のペースで観ているかな。ゆうこすちゃんは?

ゆうこすさん(以下、ゆうこす)  実はそんなに映画を観る方ではなかったんですよね。高校時代から暇さえあればずっとSNSに夢中でしたから。でも最近、男性との会話を盛り上げるため、話題の映画を観るようになって。そうしてSNSに感想を吐き出していたら、周りの人がどんどんオススメを教えてくれるようになったんです。

はあちゅう 今の時代、SNSでの口コミは大きいですよね。『ラ・…

全文を読む

大泉洋、松田龍平出演映画「探偵はBARにいる3」WEB限定特報に反響続々

大泉洋、松田龍平出演映画「探偵はBARにいる3」WEB限定特報に反響続々

 映画「探偵はBARにいる3」のポスタービジュアルと特報動画が公開され、「今回の探偵は荒々しいなwww」「パンイチで荒波に揉まれてる大泉洋にめっちゃ笑った」「体張ってる大泉さんに今回も期待してます!」と早速期待の声が寄せられている。

 同作は東直己の推理小説「ススキノ探偵」シリーズを原作とした映画で、北海道・札幌の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋演じる探偵と松田龍平演じる探偵助手・高田のコンビが様々な事件に巻き込まれていく。2011年に第1作、2013年に第2作が公開され、「大泉洋と松田龍平の掛け合いが最高に面白い」「笑えるしかっこいい独特の世界観にハマってしまった」と夢中になる人が続出。

 WEB限定特報では、冒頭から大泉がパンツ姿で登場。冬の海に浮かぶ漁船に縛り付けられ「助けてくれー!」と悲痛な叫びを上げている。さらに探偵コンビに依頼を持ち掛けるマリ(北川景子)や失踪した女子大生・麗子(前田敦子)、そして波留(志尊淳)と高田のアクションシーンなど映画の見どころシーンも次々登場し、「真冬の北の海にほぼ全裸! 洋ちゃんさすがだな」「龍平さんと志尊くんの…

全文を読む

松田龍平&野田洋次郎が棋士に! 脱サラ棋士のサクセスストーリー『泣き虫しょったんの奇跡』映画化決定

松田龍平&野田洋次郎が棋士に! 脱サラ棋士のサクセスストーリー『泣き虫しょったんの奇跡』映画化決定

『泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ』(瀬川晶司/講談社)

 脱サラ棋士のサクセスストーリーを描いた小説『泣き虫しょったんの奇跡』が、松田龍平主演で映画化されることが決定。ライバル棋士役にはRADWIMPSの野田洋次郎がキャスティングされ、「俳優の洋次郎さんがスクリーンで見れるのか」「松田龍平と野田洋次郎!? 絶対見る」と期待の声が続出している。

 同作は、将棋界に奇跡をもたらしたといわれている棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説。年齢制限のため26歳でプロ棋士の夢を絶たれたが、アマチュア将棋界からもう一度プロの世界へと挑んでいく物語が描かれている。小説ではの生い立ちからプロ編入に至るエピソードなどが語られ、「自分が夢中になって打ち込めることはなんだろうと考えながら読んでいた」「恩師、ライバル、家族、仲間… 誰一人欠けてもこの奇跡は起きなかったんだと思う」「好きなことに対して極限まで頑張ろうという気になれた」と多くの読者の心を震わせた。

 映画の監督は、「青い春」や「ナイン・ソウルズ」「I'M FLASH!」といった作品で松田とタッグを組…

全文を読む

追加キャストに前田敦子、満島真之介、アンジャッシュ・児嶋一哉…映画『散歩する侵略者』全キャスト解禁!!

追加キャストに前田敦子、満島真之介、アンジャッシュ・児嶋一哉…映画『散歩する侵略者』全キャスト解禁!!

(C)2017「散歩する侵略者」製作委員会

 2017年9月9日(土)に公開される黒沢清監督の最新作映画『散歩する侵略者』の追加キャストが発表された。これで全キャストが解禁されたので、映画のストーリーと共に紹介していこう。

 同作は、劇作家の前川知大が率いる「劇団イキウメ」の人気舞台「散歩する侵略者」を映画化したもの。原作のアイデアを活かしつつも、黒沢が1つのジャンルに収まらない新たなエンターテインメントに挑戦している。 行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」…。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?  同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に1人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」―真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に…

全文を読む

「松田龍平」のおすすめ記事をもっと見る

「松田龍平」のレビュー・書評をもっと見る

「松田龍平」の本・小説

アクターズ・ファイル 松田龍平

アクターズ・ファイル 松田龍平

作家
松田龍平
キネマ旬報社
出版社
キネマ旬報社
発売日
2013-04-19
ISBN
9784873764214
作品情報を見る
ラジオドラマCDブック 「世界の中心で、愛をさけぶ」 (Radio Drama CD Book)

ラジオドラマCDブック 「世界の中心で、愛をさけぶ」 (Radio Drama CD Book)

作家
片山恭一
飯村 聖美
松田龍平
宮崎あおい
出版社
TOKYO FM出版
発売日
2004-07-10
ISBN
9784887451087
作品情報を見る
多田便利軒写真帖 ―最弱のふたり、多田と行天の日々―

多田便利軒写真帖 ―最弱のふたり、多田と行天の日々―

作家
瑛太
松田龍平
出版社
リトル・モア
発売日
2013-01-04
ISBN
9784898153543
作品情報を見る

「松田龍平」人気の作品ランキングをもっと見る

「松田龍平」の関連画像・写真

「松田龍平」の関連画像・写真をもっと見る