読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

松任谷由実

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
まつとうや・ゆみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

ミュージシャン

「松任谷由実」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

松任谷由実と頭山満を結ぶ“点と線”が織りなす近現代史

松任谷由実と頭山満を結ぶ“点と線”が織りなす近現代史

『愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家』(延江浩/講談社)

 不思議な本である。

『愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家』(延江浩/講談社)は、様々な歴史の断片が(そもそも歴史というのは断片の積み重ねであるが)時代を行ったり来たりしながら、歴史の表舞台で活躍した著名人や芸能人、知る人ぞ知る有名人から市井の人々までが登場し、ふと出会い、結びつき、ほぐれ、また別の人と結びつくという構成であり、明治、大正、昭和、平成を行きつ戻りつし、人の関わり合いを渡り歩くうちに、学校の授業や教科書で学んだ一直線に時間が過ぎていくような近現代史に対して、認識を新たにすることとなるのだ。

 タイトルにある「愛国」は、大正から昭和にかけて活躍した国家主義者の頭山満にかかり、「ノーサイド」は稀代のミュージシャン松任谷由実にかかっている。なぜこの2人が結びつくのか? 実はこの2人は親戚なのである。松任谷由実の夫でミュージシャンの松任谷正隆の伯父の妻・尋子が頭山満の孫娘なのだ。

 松任谷由実はさておき、頭山満については説明が必要だろう。

 頭山満は1855年(安政2年)福岡に生まれた。187…

全文を読む

ユーミンとフランスの秘密の関係

ユーミンとフランスの秘密の関係

『フィガロブックス ユーミンとフランスの秘密の関係』(松任谷由実/CCCメディアハウス)

 ユーミンこと松任谷由実が、憧れのパリやフランスのことを教えてくれる『フィガロブックス ユーミンとフランスの秘密の関係』が2017年2月15日(水)に発売された。同書は、『フィガロジャポン』に連載された「アンシャンテ ユーミン!」に大幅加筆して書籍化した、ファン待望の1冊となっている。

やっと気づいたの。私って思いっきりフランス・ミーハーだって!松任谷由実

 そう打ち明けるユーミンは、少女時代からパリやフランスが大好きで、大きな影響を受けてきた。小説なら、フランソワ―ズ・サガンの『悲しみよ こんにちは』や『ブラームスはお好き』。音楽なら、パリ時代のショパンや、エディット・ピアフの代表曲「ラ・ヴィ・アン・ローズ」、さらにはシルヴィ・バルタンに代表されるようなフレンチポップス。絵画なら、モネやカイユボットらの印象派。いっぽうでは女優イザベル・ユペールが同世代として気になったり、モード界ではココ・シャネルの大胆さに注目してきた。

 同書はそんなフランス文化について…

全文を読む

「松任谷由実」のおすすめ記事をもっと見る

「松任谷由実」の本・小説

ルージュの伝言 (角川文庫 (5754))

ルージュの伝言 (角川文庫 (5754))

作家
松任谷由実
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784041580011
作品情報を見る

「松任谷由実」人気の作品ランキングをもっと見る

「松任谷由実」の関連画像・写真

「松任谷由実」の関連画像・写真をもっと見る