読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新海誠

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
しんかい・まこと

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1973年長野県生まれ。2002年、ほぼ1人で制作した短編アニメーション『ほしのこえ』で商業デビュー。脚本・監督を務めたオリジナル作品を4本発表した後、2016年夏に長編『君の名は。』が公開。同作は興収240億円突破のメガヒットとなる。

「新海誠」のおすすめ記事・レビュー

新海誠×醍醐虎汰朗×森七菜『小説 天気の子』刊行記念スペシャルトークショー開催! 創作秘話や現場の裏話も語られたトークの内容とは……?

新海誠×醍醐虎汰朗×森七菜『小説 天気の子』刊行記念スペシャルトークショー開催! 創作秘話や現場の裏話も語られたトークの内容とは……?

 ついに観客動員900万人を超えた新海誠監督の最新作『天気の子』。9月7日(土)に開催された『小説 天気の子』刊行記念スペシャルトークショーに訪れたのは、抽選で選ばれたファン約100名。東北や九州からわざわざこの日のためにやってきた人も。

 新海誠監督と、メインキャストを務めた醍醐虎汰朗さん、森七菜さんの3人が登壇した同イベントに、ダ・ヴィンチニュースもお邪魔させていただきました。和やかに盛り上がったイベント内容をレポートします!

小説の執筆秘話と、アフレコ現場の裏話

――映画『天気の子』は興行収入120億円を突破し、観客動員も900万人を超えたとか。新海監督ご自身が執筆された『小説 天気の子』も初版50万部という異例のスタートを切りながら、発売5日で重版決定、2週間で60万部を突破するという勢いで、今年度最高の文庫売り上げとなっています。映画も小説もまちがいなく今年一番の話題作となりましたが、お気持ちはいかがですか?

新海 誠(以下、新海) 皆さんにご覧いただいたおかげなので本当にありがたいんですが、『君の名は。』が幸運にもものすごくヒットしたので、K…

全文を読む

『天気の子』は『君の名は。』からの還元…「僕自身の実感や時代の気分をエンターテインメントに」新海誠監督インタビュー

『天気の子』は『君の名は。』からの還元…「僕自身の実感や時代の気分をエンターテインメントに」新海誠監督インタビュー

 雲の上の不思議な世界。歌舞伎町のディープな裏路地。雨が降り続く東京の街並み──。リアルとファンタジー、科学的想像力と民俗学的想像力が絶妙に混交する世界の中で、新海誠監督は少年と少女に何を選ばせたのか。本作における「自分の役割」とは何だったのか?

あの夏の日、あの空の上で僕たちは、世界のかたちを変えてしまったんだ映画オープニングのモノローグ  主人公・帆高のモノローグで幕を開ける映画『天気の子』は、そこから時間軸がぐるっと巻き戻り、海を進むフェリーの内部へと場面が移る。帆高は高校1年生で、東京へ向かう家出少年だった。船内放送が激しい雨の予報を告げると、「やった」。今なら甲板を独り占めできると外へ出て、空を見上げると額に雨粒が当たった。「……来た!」。大粒の雨が降り注ぎ、少年は「すっげぇー!」と笑顔で駆け回る。

胸に熱いかたまりが湧き上がる。密かに島を出てから半日、僕はようやく心からの解放感に満たされていく『小説 天気の子』第一章より

 雨は、風景を劇的に変えるということ。雨を喜ぶ、その感情によって表されるドラマがあるということ。晴れの日ばかりではな…

全文を読む

「クライマックスで帆高が叫ぶ言葉は、怒る人がいっぱいいると思う」醍醐虎汰朗×森七菜×新海誠監督――それぞれの“選択”

「クライマックスで帆高が叫ぶ言葉は、怒る人がいっぱいいると思う」醍醐虎汰朗×森七菜×新海誠監督――それぞれの“選択”

 2000人を超える候補の中からオーディションで抜擢された主演・ヒロインは、アニメーションのアフレコ初体験となる新人だった。帆高を演じたのは、2000年生まれの醍醐虎汰朗。陽菜を演じたのは、01年生まれの森七菜。1カ月にも及ぶアフレコで、3人の間には強固な絆が培われていた。

新海 誠(左) しんかい・まこと●1973年生まれ、長野県出身。アニメーション監督。2002年、ほぼ1人で制作した短編『ほしのこえ』で注目を集め、以降『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』を発表。16年公開の映画『君の名は。』は社会現象となる大ヒットに。 森 七菜(中央) もり・なな●2001年生まれ、大分県出身。16年に地元でスカウトされ、行定勲監督によるWebCMで芸能活動を開始。17年、『東京ヴァンパイアホテル』で女優デビュー。公開待機作に『最初の晩餐』(11月)、『地獄少女』(11月)、岩井俊二監督最新作『Last Letter』(20年)などがある。 醍醐虎汰朗(右) だいご・こたろう●2000年生まれ、東京都出身。15年…

全文を読む

「冒頭からドキドキした」と原作ファンも大興奮! 漫画『天気の子』連載スタート!

「冒頭からドキドキした」と原作ファンも大興奮! 漫画『天気の子』連載スタート!

『アフタヌーン』2019年9月号(講談社)

 2019年7月25日(木)発売の『アフタヌーン』2019年9月号より、新連載『天気の子』が表紙&巻頭カラーでスタート。大ヒット映画が原作とあって、「映画の雰囲気をちゃんと捉えてるね」「世界観をより身近に感じられてイイ!」とファンを喜ばせているようだ。

 同漫画はアニメ映画「君の名は。」のメガヒットで注目を集めた、新海誠が原作を担当。映画「天気の子」は新海の最新監督作でもあり、公開週末興収が「君の名は。」を上回ったことで話題になった。メインキャラクターとして登場するのは家出少年の帆高と、祈ることで天気を晴れにする少女・陽菜。2人の出会いによって運命が大きく動き出す様子が、美しいアニメーションによって描かれている。

 窪田航によるコミカライズ第1話は、雨模様のなか帆高が海に差した光源を見つめる場面からスタート。故郷を飛び出して船に乗り込んだ帆高は、甲板から空を見上げた際に龍のような“何か”を目撃する。その瞬間巨大な水の塊が船を直撃し、衝撃で帆高は足を滑らせてしまう。危うく船から放り出されそうになった帆高を救っ…

全文を読む

『天気の子』醍醐虎汰朗さん、森七菜さんが、田村作画監督のもとで作画に挑戦! 2人が忘れられない、映画の名シーンは?

『天気の子』醍醐虎汰朗さん、森七菜さんが、田村作画監督のもとで作画に挑戦! 2人が忘れられない、映画の名シーンは?

 2016年に公開され、約250億円の興行収入を記録したモンスター映画『君の名は。』。“男女の入れ替わり”というモチーフを扱いながらも、切なさに満ちた予想外の展開に、大勢のアニメファン、映画ファンが胸を締め付けられたことだろう。

 そんな映画を生み出した新海誠監督による、待望の新作が7月19日(金)より公開されている『天気の子』だ。

 本作は離島から東京へと家出をしてきた高校生・帆高と、“天気を晴れにできる”という不思議な能力を持った少女・陽菜のボーイ・ミーツ・ガール。ふたりが迎える結末は賛否両論必至という前評判もあり、今夏最大の期待作となっている。

 そんな『天気の子』で主人公たちを演じたのは、醍醐虎汰朗さん、森七菜さん。ともに声優初挑戦となるふたりは、フレッシュながらも新海監督を「このふたりだったんだ」と唸らせるお芝居をしたそう。これはますます楽しみ……!

 そこで、醍醐さんと森さんのふたりを招いた特別企画を実施することに。本作の作画監督を務めた田村篤さんのもとで、アニメーター体験をしてもらった!

■『天気の子』主演のふたりが、初めての作画にチャレンジ

全文を読む

『君の名は。』③(後編)/新海誠『天気の子』を観る前に!

『君の名は。』③(後編)/新海誠『天気の子』を観る前に!

【夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語】 山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉が夢で見た、 東京に暮らす男子高校生・立花瀧。 出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。

>>「第3話(前編)」を見る

全文を読む

『天気の子』は『君の名は。』を上回る好スタート!「怯まずに表現し続けていく」新海誠監督、RADWIMPSとの裏話も披露

『天気の子』は『君の名は。』を上回る好スタート!「怯まずに表現し続けていく」新海誠監督、RADWIMPSとの裏話も披露

 大ヒットを記録した『君の名は。』から約3年。7月19日(金)、新海誠監督の最新作『天気の子』が公開初日を迎えた。同日、TOHOシネマズ日比谷では初日舞台あいさつが行われ、新海誠監督のほか、醍醐虎汰朗や森七菜、本田翼、小栗旬など主要キャスト5名が登壇。作品に対する想いを語った。

 公開11日前に完成したという『天気の子』。初日を迎えた率直な気持ちを聞かれた新海監督は、「本当に完成するのだろうかと思うことが最後までありましたが、とうとう観ていただけて夢のようです」と安堵の表情を浮かべる一方で、「この映画は、自分のすごく大事な人の幸せか多くの人たちの幸せのどちらを選ぶかというところで少しわがままな選択をします。その反応が怖くもあり、楽しみ」と複雑な心境を吐露。また、前作『君の名は。』が大ヒットしたことを受け目標を問われると、「この映画を観て、少しでも楽しい気持ちになっていただけたら。それさえあればいい」と謙虚な姿勢を見せた。

 約2000人の中からオーディションで主人公の座を射止めた醍醐は、「すごく胸がいっぱい。約半年間、一流の方々が携わる作品に主…

全文を読む

『君の名は。』③(前編)/新海誠『天気の子』を観る前に!

『君の名は。』③(前編)/新海誠『天気の子』を観る前に!

【夢で見た少年と少女が経験する恋と奇跡の物語】 山深い田舎町に暮らす女子高校生・宮水三葉が夢で見た、 東京に暮らす男子高校生・立花瀧。 出会うことのない二人の出逢い。少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。

>>「第2話(後編)」を見る

全文を読む

「新海誠」のおすすめ記事をもっと見る

「新海誠」のレビュー・書評をもっと見る

「新海誠」の本・小説

新海誠ライブラリー(全5巻セット)

新海誠ライブラリー(全5巻セット)

作家
新海誠
出版社
汐文社
発売日
2019-02-15
ISBN
9784811312071
作品情報を見る
小説 天気の子 (角川文庫)

小説 天気の子 (角川文庫)

作家
新海誠
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-18
ISBN
9784041026403
作品情報を見る
新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

作家
東宝
コミックス・ウェーブ・フィルム
角川書店
新海誠
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-30
ISBN
9784041084311
作品情報を見る
君の名は。Another Side:Earthbound 02 (MFコミックス アライブシリーズ)

君の名は。Another Side:Earthbound 02 (MFコミックス アライブシリーズ)

作家
中村ジュンヤ
加納新太
新海誠
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-16
ISBN
9784040655628
作品情報を見る
天気の子 (角川つばさ文庫)

天気の子 (角川つばさ文庫)

作家
新海誠
ちーこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-09
ISBN
9784046319272
作品情報を見る
新海 誠『小説 君の名は。』『小説 言の葉の庭』『小説 秒速5センチメートル』角川文庫 3冊セット クリアファイル(カドフェス2019)3枚付

新海 誠『小説 君の名は。』『小説 言の葉の庭』『小説 秒速5センチメートル』角川文庫 3冊セット クリアファイル(カドフェス2019)3枚付

作家
新海誠
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-01
ISBN
4534993309940
作品情報を見る
小説 君の名は。 (新海誠ライブラリー)

小説 君の名は。 (新海誠ライブラリー)

作家
新海誠
出版社
汐文社
発売日
2018-12-22
ISBN
9784811325026
作品情報を見る
小説 星を追う子ども (新海誠ライブラリー)

小説 星を追う子ども (新海誠ライブラリー)

作家
あきさかあさひ
新海誠
出版社
汐文社
発売日
2018-12-22
ISBN
9784811325040
作品情報を見る

「新海誠」人気の作品ランキングをもっと見る