読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おかざき真里

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
おかざき・まり

「おかざき真里」のおすすめ記事・レビュー

『ダ・ヴィンチ』2月号「作家生活20周年 島本理生の祈り」特集番外編

『ダ・ヴィンチ』2月号「作家生活20周年 島本理生の祈り」特集番外編

編集M

「えっ島本さんってもうデビュー20周年なの!?」と驚いた方が多いと思います。私も企画しながらびっくりしました。たしかに振り返ってみれば、島本さんの小説を初めて読んだのはまだ高校生の時でした。いつか自分もこんな切実な恋をするのだろうか、と妄想していた日々……。

 島本さんは、デビュー2作目の『リトル・バイ・リトル』が芥川賞にノミネートされて以降、純文学とエンターテインメント小説どちらの賞の候補にもなりながら、2018年に直木賞を受賞された、非常に稀有な作家さんです。

 作家人生を振り返ったロングインタビューでは、ご自身を追い込んでいた20代の頃や、小説のジャンルに対する意識、これから学びたいことや現在進行中の新企画について、たっぷり語っていただきました。

 20周年お祝いコメントからは、島本さんの幅広い活動が明らかに! 小説家業はもちろん、作家ライブイベントに出演されたり、写真集でコラボレーションされたり。それぞれ違った切り口のメッセージを通して、島本さんのいろいろな顔が見えてきます。

2月には直木賞受賞作『ファーストラヴ』の実写映画の公開が控え…

全文を読む

今、どんな絵本が生まれてる? 大人も子どもも絵本が好き!

今、どんな絵本が生まれてる? 大人も子どもも絵本が好き!

編集S.K.

 子どもの頃読んでもらった懐かしい絵本、子どもだけでなく大人も楽しめる絵本……。毎年たくさんの絵本が店頭に並びます。私は40代なのですが、残念ながら身近に絵本対象年齢の小さな子がいなくて、毎年たくさんの新作が刊行されているにもかかわらず絵本の世界から遠ざかっていました。知人におめでたい話があり、プレゼントは絵本がよい、と言われたとき、あれ?今ってどんな作家さんの作品が刊行されているんだろう?と急いで本屋さんに偵察にいったのです。  そこは私の知らない素敵な作品がたくさん……!! 私も子どもの頃読んだロングセラー作品はもちろん、いまの子どもたちのために描かれたたくさんの絵本が、子どもたちを待っていました。  今回は、そんな現在活躍中の絵本作家さん、新進気鋭の絵本作家さんからお話を伺っています。それぞれの絵本から1点イラストをお借りして、インタビューとともに掲載させていただきました。絵本がどうやって生まれたのか、というお話とともにイラストも堪能していただければと思います。  たくさんの新しい才能が、子どもたちのために作品を描いています。…

全文を読む

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」

編集M

 今号の第2特集はTravis Japan!

 メンバーには、好きな本を手に表紙も飾っていただきました。

 さて、この特集番外編では、なぜTravis Japanの特集を組むことになったかの経緯を少しお話させえもらえたら幸いです。

 きっかけは昨年秋に遡ります。

 ある日上司から突然「『虎者』の取材にいかない?」と提案されました。『虎者』は「Travis Japan」の主演舞台。

……トラヴィス・ジャパン……!??

(特集でマンガを描いていただきましたすぎやまさんと同じ状態)

 私は弊誌で主に芸能を担当しておりますが、当時、以前弊誌で連載してくださっていた、A.B.C-Zの担当の編集者が別にいたこともあり、いわゆる「アイドルグループ」を全く知らない編集でした。

「了解です~」と取材日当日、会場でお会いできたのがメンバーの一人、川島如恵留さんでした。当時金髪の彼は、全身銀色の衣装に身を包み、すっと伸びた姿勢がきれいだったことを覚えています。また川島さんは弊誌をよく読んでくださっているらしく、取材が本当にうれしいです! と何度も何度もお話してくださいました。…

全文を読む

デビュー50周年! 山岸凉子「まだ見ぬ自分を求めて」特集番外編

デビュー50周年! 山岸凉子「まだ見ぬ自分を求めて」特集番外編

「マンガは私そのもの」と語る、その人生とは 編集I

1969年に21歳でデビュー、少女マンガ界にさまざまな変革をもたらしてきた山岸凉子さんが、今年デビュー50周年を迎えました。

山岸さんは『ダ・ヴィンチ』誌上で2000年11月号から約10年にわたって『テレプシコーラ/舞姫』を連載、本作は『アラベスク』以来の長編バレエマンガとして話題を呼び、2007年に手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。その後も数種の長短編を『ダ・ヴィンチ』で発表、その作品は雑誌のカラーにも影響を与えてきました。 山岸さんにはこれまでも種々のインタビューや対談にご協力をいただいてきましたが、特集は『テレプシコーラ/舞姫』の第一部完結記念として企画した2007年3月号以来、約12年半ぶりということになります。

 本特集の内容は――。

1)川上未映子さん、穂村弘さんによる『日出処の天子』対談 山岸ファンのお二人が、代表作『日出処の天子』について、多種多様な観点から分析した濃密な対談。1980年に発表された本作が、少女マンガ史における大傑作として多くの読者を魅了しつづけている、その理由がわかり…

全文を読む

モテたい? ならばヒントはお仕事系マンガにある。やたらとモテる会社員が主人公のおすすめマンガまとめ

モテたい? ならばヒントはお仕事系マンガにある。やたらとモテる会社員が主人公のおすすめマンガまとめ

■バリバリ働くモテ男の代表格『島耕作』の女性遍歴と5つのモテポイントは?

『会長 島耕作(10)』(弘兼憲史/講談社)

 働く人物が主人公のマンガを挙げたら必ず候補に入ってくるであろうほど誰もが知っている人気シリーズ『島耕作』。主人公の島は企業人として活躍すると同時に、大人の男女関係を描いてきたこともまた人気の理由だろう。さまざまな女性のハートを射止めてきた、モテ男・島の魅力とは何だろうか?

 名うてのプレイボーイのように思われている島だが、意外にも自分から女性を口説いたりすることはない。プロポーズですらも請われてするほどの「受け身」。ただし、女性から連絡があるとどんなに仕事が忙しくても必ず会いに行く。その際は余裕の表情であることがポイントだ。

【残り4つのモテポイントを読む】

■働く女子は、仕事を捨てて恋愛に走ることができる?『サプリ』のミナミが選んだのは…

『サプリ(1)』(おかざき真里/祥伝社)

 2003年から09年まで連載され、月9ドラマ化もされたおかざき真里の『サプリ』。流麗な画風とリアリティに満ちた心理表現には、今もファンが多いマンガだ。

全文を読む

日本のことはぜーんぶマンガが教えてくれた! 平成の(あと少しだけど)日出処の天子誕生! 【第1回『阿・吽』おかざき真里】

日本のことはぜーんぶマンガが教えてくれた! 平成の(あと少しだけど)日出処の天子誕生! 【第1回『阿・吽』おかざき真里】

4月30日発売の最新号は「琳派って楽しい!」。これが本当に楽しいのなんのって!

■『和樂』は日本文化の入り口マガジン!

 ダ・ヴィンチニュースをお読みのみなさん、はじめまして。『和樂』という雑誌で編集長をしております、セバスチャン高木です。みなさん、『和樂』という雑誌はご存じですか。おそらく知らない方もたくさんいらっしゃると思いますので、少しだけ説明をさせていただきます。

『和樂』は奇数月の1日に発売している隔月刊の雑誌です。「日本文化の入り口マガジン」をキャッチフレーズに、大人気の伊藤若冲や葛飾北斎などの日本美術、すごーく高尚なイメージの茶の湯、ザ日本の伝統芸能と思われている歌舞伎、なんとなーく奥が深くて怖いイメージの京都などをテーマに、毎号、日本文化の魅力を楽しく美しく伝えようと日々精進しております。

 雑誌以外にもウェブメディアや商品開発など、いろんなところに手を出して(ほとんど返り討ちに遭うのですが)、日本文化の入り口づくりに邁進しています。詳しくは下記記事をぜひぜひご覧ください。自分が書いたわけではないのですが、あまりに素晴らしくまとまってい…

全文を読む

おかざき真里の新境地にして意欲作! 最澄×空海 ふたりの天才を描いた仏教マンガがスゴイ!

おかざき真里の新境地にして意欲作! 最澄×空海 ふたりの天才を描いた仏教マンガがスゴイ!

『阿・吽』(おかざき真里/小学館)

『サプリ』や『&-アンド-』などで恋愛や仕事のはざまで心が揺れ動く女性の心情をこまやかに描いてきたおかざき真里が、新境地ともいえる仏教マンガ『阿・吽』(小学館)を世に送り出した。

『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載されている『阿・吽』は、単行本第1巻が2014年10月に発売(最新刊は3巻)。京都老舗出版社の阿吽社の監修・協力のもと、日本の仏教だけでなく時代を変えた最澄と空海の生き様を圧倒的なスケールで描いている。この二人の天才、比叡山延暦寺の開祖である最澄と、弘法大師としても知られる空海の名を、誰もが一度は聞いたことがあると思う。「天台宗が最澄で、真言宗が空海で……あれ、逆だっけ?」なんて、覚えるのに苦労した人もいるのではないだろうか? ちなみに、わたしは頭文字をとって「天才(天最)の最澄、真空パックの空海」なんて罰当たりな覚え方をしていた。それはさておき、『阿・吽』がどんなストーリーか気になる人も多いだろう。最澄と空海、名前は知っていても意外と知られていないその半生。おかざき真里の美麗なイラストで描かれる、…

全文を読む

羽海野チカとおかざき真里が語る「女のマンガ道」

羽海野チカとおかざき真里が語る「女のマンガ道」

 『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』の羽海野チカと、『サプリ』『&-アンド-』のおかざき真里。お互いにファン同士という人気女性マンガ家二人が、「女子ならではのマンガ道」について語り合った。     「おかざきさんがすごいなと思うのは、お子さんが3人いらっしゃいますよね。子育てをしながら、“どうやってあのマンガのクオリティを!!”と思って。最近は、私の好きな女性マンガ家さんでお子さんいらっしゃる方が増えてきて。私はみんなより時間があるのに、みんなよりクオリティが下がってしまったら“合わせる顔がない!”と思うんですよ。みんなは家族も背負って頑張っているのに、私は自分のことだけで一杯いっぱいになって、自分ひとりの身さえ持て余して“情けない!”って思って……」(羽海野さん)     「確かに、女子のマンガ道って難しいですよね。私は物理的にマンガのための取材等に割ける時間は限られている。マンガのためにもっと時間を作りたい、クオリティを上げるためにやれることはなんでもやりたいって思うけど、そうはできない中で工面して描くしかなくて、もどかしい気持ちに…

全文を読む

「おかざき真里」のおすすめ記事をもっと見る

「おかざき真里」のレビュー・書評をもっと見る

「おかざき真里」の本・マンガ

傀儡戦記(1) (モーニング KC)

傀儡戦記(1) (モーニング KC)

作家
高殿円
蛇蔵
白浜鴎
春 壱
山本 小松
おかざき真里
中田 春彌
出版社
講談社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784065217825
作品情報を見る
おかざき真里 & 全8巻セット (FEELコミックス)

おかざき真里 & 全8巻セット (FEELコミックス)

作家
おかざき真里
出版社
祥伝社
発売日
2021-04-22
ISBN
9784396769093
作品情報を見る

「おかざき真里」人気の作品ランキングをもっと見る

「おかざき真里」の関連画像・写真

「おかざき真里」の関連画像・写真をもっと見る