読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「森見登美彦」の関連記事

『コウペンちゃん』×『ペンギンハイウェイ』連載第4回「ぼくのペンギン・ハイウェイ」

『コウペンちゃん』×『ペンギンハイウェイ』連載第4回「ぼくのペンギン・ハイウェイ」

 どんなことでも肯定してくれる、大人気のコウペンちゃんが、映画『ペンギン・ハイウェイ』の応援隊長に就任!  4週連続でお届けする『コウペンちゃん』と『ペンギン・ハイウェイ』のコラボ描き下ろし4コマ。第4回のお話は、「ぼくのペンギン・ハイウェイ」です。…

もっと見る

「最高すぎる」 主題歌は宇多田ヒカルの書き下ろし楽曲! アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」予告映像解禁

「最高すぎる」 主題歌は宇多田ヒカルの書き下ろし楽曲! アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」予告映像解禁

 森見登美彦の同名小説を原作としたアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」の予告編が公開された。宇多田ヒカルが原作を読んで書き下ろしたという楽曲を使用した予告編に、「絶対に観に行く」「最高すぎるだろ」「史上最強の組み合わせ」と注目が集められている。  同作は、少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”と“お姉さん”が織りなす、ひと夏の不思議な体験を描いた物語。突如街に現れたペンギンの謎を調査するアオヤマ君はある日、お姉さんが投げたコーラの缶がペン…

もっと見る

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』アニメ映画化に大反響!「観に行きたすぎる!」

森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』アニメ映画化に大反響!「観に行きたすぎる!」

 森見登美彦の小説『ペンギン・ハイウェイ』がアニメーション映画化されることが決定。「観に行きたすぎる!」「昔読んで忘れられなくなった小説。絶対観に行きます」と大反響を呼んでいる。  原作は少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”と“お姉さん”が織りなす、ひと夏の不思議な体験を描いた小説。物語を動かすのは、ある日アオヤマ君の住む街に出現した“ペンギン”の存在。海のない住宅地に突如現れて消えたペンギンたちは、いったいどこから来てどこへ行ったのか。…

もっと見る

高橋一生が表紙に!『ダ・ヴィンチ』「BOOK OF THE YEAR2017」発表! 小説部門1位は『かがみの孤城』に決定! 『3月のライオン』羽海野チカが三冠!

高橋一生が表紙に!『ダ・ヴィンチ』「BOOK OF THE YEAR2017」発表!  小説部門1位は『かがみの孤城』に決定!  『3月のライオン』羽海野チカが三冠!

『ダ・ヴィンチ』2017年1月号  12月6日(水)に発売の『ダ・ヴィンチ』2018年1月号では、毎年恒例の年末「BOOK OF THE YEAR 2017」特集で「あなたが選ぶ、今年最も心に残った一冊は?」と題し各ジャンル別でブックランキングを発表! 対象となるのは2016年10月1日~2017年9月30日までに刊行された作品だ。  小説ランキング部門では、学校に行けなくなった子どもたちの冒険と成長を描く辻村深月の『かがみの孤城』が1位に、2位…

もっと見る

『夜は短し歩けよ乙女』アニメ映画化決定に反響続出! 主演に星野源、制作スタッフにはアニメ「四畳半神話大系」の顔ぶれに「こんなん期待するしかない!」

『夜は短し歩けよ乙女』アニメ映画化決定に反響続出! 主演に星野源、制作スタッフにはアニメ「四畳半神話大系」の顔ぶれに「こんなん期待するしかない!」

 『夜は短し歩けよ乙女』がアニメ映画化され、2017年4月7日(金)に公開される。同じく森見登美彦の小説を原作にしたアニメ『四畳半神話大系』の制作スタッフが再集結するということで「こんなん期待するしかないじゃないですか!」「四畳半最後まで完璧だったし安定の制作陣でしょ!」との声が上がっている。 『四畳半神話大系』は京都を舞台に、4つの平行世界でファンタジーあり恋愛ありの物語が展開される異色の青春ドラマだったが、見事全11話のTVアニメに落とし…

もっと見る

坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

「桜の森の満開の下」(『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』所収)(坂口安吾/岩波書店) 「桜の樹の下には屍体が埋まっている」――そんなフレーズを一度は耳にしたことがあるだろう。だがそれが、どこから生まれたものかはご存じだろうか? 出典は梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収)。美しさ、生、死、そして再びの美しさ。桜の妖しげな一面を巧みな言葉選びで捉えていた文学作品だ。 日本人にとって桜はトクベツで格別なもの。文学のなかであらわされる桜は、なん…

もっと見る

森見登美彦原作の『新釈 走れメロス』が舞台化!『詭弁・走れメロス』公演情報

森見登美彦原作の『新釈 走れメロス』が舞台化!『詭弁・走れメロス』公演情報

 森見登美彦原作の『新釈 走れメロス』(祥伝社)がアトリエ・ダンカンプロデュースで舞台化されることが明らかとなった。 青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」というタイトルにて、2012年12月27日のKAAT神奈川芸術劇場大スタジオを皮切りに公演がスタート。1月7日からは、東京公演、博品館劇場にてアフターイベントも開催されるとのこと。 詳しい公演の情報や、チケットの予約についてはこちらまで。 タイトル 「詭弁・走れメロス」 原作:『新釈 走れメロス』(森…

もっと見る