読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

森博嗣

職業・肩書き
作家
ふりがな
もり・ひろし

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1957年、愛知県生まれ。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。受賞作をはじめとする「犀川・萌絵(S&M)シリーズ」で一躍人気作家に。「V」「スカイ・クロラ」「G」「X」「Z」「水柿君」「ヴォイド・シェイパ」など、シリーズものも多数。その他の著作に『暗闇・キッス・それだけで』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1996年
『すべてがFになる』第1回メフィスト賞
1997年
『すべてがFになる』第1回,平成8年度インターネットで選ぶ日本ミステリー大賞 国内部門1位

「森博嗣」のおすすめ記事・レビュー

「いいね!」をもらうだけで満足してない? 「夢って叶ったことがない」「夢って何?」なんていう人の必読書!!

「いいね!」をもらうだけで満足してない? 「夢って叶ったことがない」「夢って何?」なんていう人の必読書!!

『夢の叶え方を知っていますか?』(森博嗣/朝日新聞出版)

 子どもの頃からいろいろと夢を描いてきたにもかかわらず、「叶った!」という実感がない……。そんな方に一読をオススメしたいのが『夢の叶え方を知っていますか?』(森博嗣/朝日新聞出版)だ。

 著者の森博嗣氏は、元大学助教授にして作家である。工学博士だけに、仕事術や人生設計、そして夢の実現に向けても、合理的な発想による計画的なアプローチを実践中。そんな著者が、本来、夢とはどういうものかを考察した「夢の本質」や、自身の体験に基づいた「夢を叶えるプロセス、アドバイス」などを明かしてくれるのが本書だ。

 著者が「ほぼ完成に近づいた」と記す夢物語はこんな内容だ。

 大学勤務をしていた30代の頃、ふと「子どもの頃からの夢の実現」を思いつく。それは、自宅の庭に大人も乗れるくらいのミニチュア鉄道を敷設して運転すること。ただ、その実現に向けてはかなりの資金がいる。そこで小説なら書けそうだと、1週間で処女作『すべてがFになる』を書き上げて作家デビュー。その後、作家年収が億単位になったことから、現在は大学職も辞め、作家業も…

全文を読む

『すべてがFになる』霜月かいり、浅野いにおでコミック&アニメ化!

『すべてがFになる』霜月かいり、浅野いにおでコミック&アニメ化!

 シリーズ累計発行部数385万部、第1回メフィスト賞にも輝いた森博嗣のミステリーの傑作『すべてがFになる』(講談社)。2014年には武井咲と綾野剛のW主演で実写ドラマ化もされ話題を呼んだが、今回コミカライズ&TVアニメ放送化が発表された!

霜月かいり氏コミカライズ

猫目トーチカ氏コミカライズ

孤島、密室、天才科学者、ウエディングドレス。犀川が遭遇した事件とは…!? コミカライズ第1弾は、2015年5月28日(木)発売の『ARIA7月号』(講談社)より連載開始となる。漫画を担当するのは、「戦国BASARA」のコミカライズや『BRAVE10』(KADOKAWA)で知られる霜月かいり氏。 <霜月かいり氏コメント> 沢山の方に愛されている『すべてがFになる』の世界観を壊さないように、それでいて新しい発見がある作品にできるようにがんばります! 天才科学者・真賀田四季。14歳で両親を殺した彼女の、知られざる過去とは…!? コミカライズ第2弾は、2015年6月5日(金)発売の『ITAN26号』(講談社)より連載開始。プロローグ漫画を26号に掲載し、本格連載は20…

全文を読む

注目の新刊 『スカル・ブレーカ The Skull Breaker』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『スカル・ブレーカ The Skull Breaker』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

都へ向かう途中、侍同士の真剣勝負に出くわしたゼン。誤解から城に連行された彼を待っていたのは、思いがけぬ「運命」だった。若き侍は師、そして自らの過去に迫る――。『ヴォイド・シェイパ』『ブラッド・スクーパ』に続く時代小説シリーズ、第3巻。

全文を読む

森博嗣 最新作『実験的経験』 電子版も同時発売!

森博嗣 最新作『実験的経験』 電子版も同時発売!

ミステリ作家・森博嗣の最新刊、『実験的経験 Experimental experience』(講談社)は単行本の発売と同時に電子書籍版も配信される。

『すべてがFになる』などの「S&Mシリーズ」や、映画化された『スカイ・クロラ』などで知られる著者の最新作は、タイトルの通り、言葉を使った実験のようであり、エッセイのようであり、小説のようであるという新境地ともいえる一冊。

同書は、講談社発行の文芸誌『小説現代』で連載されていたものの単行本化。

電子書籍版は以下の電子書籍ストアにて配信が始まっている。 ・BookLive! ・Reader Store ・LISMO Book Store  ・Raboo ・紀伊國屋書店BookWebPlus

全文を読む

「ハリー・ポッター文庫」、7月より刊行開始へ

「ハリー・ポッター文庫」、7月より刊行開始へ

大人気児童書「ハリー・ポッターシリーズ」(J.K.ローリング/作)が遂に文庫で登場する。1997年にイギリスで発行された同書は、新人の初作にも関わらず大変な売れ行きを記録し、日本でも発売日には書店に行列ができるなど社会現象を巻き起こした。現在、世界の発行部数は5億冊を超えている。

文庫本は単行本の版元でもある静山社より発売され、1冊あたりの価格は609円。全23巻を随時発売していく予定だ。 文庫本のターゲットはこれまで「ハリー・ポッターシリーズ」を読んでいない大人もターゲットにしているため、ルビを減らし表紙はモノトーンで落ち着いた雰囲気を出している。

文庫本の登場で再び社会現象が起きるか。売れ行きに注目していきたい。

■7月3日発売 ・『ハリー・ポッターと賢者の石 1-1』 ・『ハリー・ポッターと賢者の石 1-2』 ■2012年9月発売 ・『ハリー・ポッターと秘密の部屋』2分冊 ・『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』2分冊 ■2012年10月発売 ・『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』4分冊 ■2012年11月 ・『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団…

全文を読む

森博嗣 新作『ブラッド・スクーパ』 最初の構想は「とにかくメッタ斬り」

森博嗣 新作『ブラッド・スクーパ』 最初の構想は「とにかくメッタ斬り」

森博嗣の〈剣豪小説〉第2弾『ブラッド・スクーパ』が出た。剣の達人・ゼンが世界の未知なるものと出会いながら旅をしていくシリーズで、昨年4月に刊行された『ヴォイド・シェイパ』の続編となる。

「最初は『バンブー・ストーン Bamboo Stone』というタイトルで、それしか決めていなかったんです。バンブーという響きがよかったので〈竹の石〉という言葉を置いてみた。じゃあ竹の石って何かな、と。そういう順番で考えていった。執筆の途中で、現在のタイトルを思いついて変更しました」

竹の節の中にできる不思議な石を巡る騒動にゼンは巻き込まれる。題材として竹を選んだのは、もっとも東洋的な感じがする言葉だったからだ。本シリーズは「外国から見た日本」のイメージを基調にして書かれているのである。 「最初に地名とかしきたりなどの小道具を提示して、日本の古い文化を説明するのが普通のやり方だと思いますが、このシリーズはそういう具体的なものを一切使わないで抽象的に書こうと考えています。今の若い人たちは外国人みたいなもので日本の昔のことなんておそらくほとんど知らないでしょう。そういう人…

全文を読む

注目の新刊 『ブラッド・スクーパ The Blood Scooper』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『ブラッド・スクーパ The Blood Scooper』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

立ち寄った村で用心棒を乞われるゼン。一度は断わった彼だったが、やがて思わぬ事態に……。若き侍はなにゆえに剣を抜くのか? 諸国をさすらう剣豪・ゼンを主人公にすえた、森博嗣の時代小説シリーズ第2弾。『ヴォイド・シェイパ』に続いて、ゼンの剣がうなる。

全文を読む

『スカイ・クロラ』の森博嗣が挑む新しい剣豪小説とは?

『スカイ・クロラ』の森博嗣が挑む新しい剣豪小説とは?

森博嗣の新シリーズいよいよ開幕――。    その新作『ヴォイド・シェイパ』(中央公論新社)は、過去の森作品とは一線を画する。意外や意外、剣豪小説なのだ。その誕生秘話がダ・ヴィンチ6月号に掲載されている。    主人公のゼンは幼い頃から師・カシュウに預けられ、他の人間や文明社会と接触を持たずに生きてきた。カシュウの死後、遺言に従い初めて山を降り、磨き抜かれた剣の技を頼りに手探りで世の中を渡ろうとするのだ。    ゼンはカシュウによって徹底的に技を磨かれたである。常人にない能力をもつという意味ではと呼んでもいいだろう。常人の想像しえない領域に達した人間は、どのようにして自分自身を統御していくのだろうか。    「こういう人物を書くことが、創作の醍醐味でもあります。完全に自分とは違う人間になり、その人間の考え方で考えるということは、非常に面白い。作者の気持ちとしては、みんなが見たことがないものを見せてあげたいというのに近いですね」    ゼンはさまざまな人と出会うが、積極的に関わろうとしない。    「もちろん主人公が関わっていったほうが話は作りや…

全文を読む

「森博嗣」のおすすめ記事をもっと見る

「森博嗣」のレビュー・書評をもっと見る

「森博嗣」の本・小説

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

作家
森博嗣
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-05-10
ISBN
9784022735027
作品情報を見る
なにものにもこだわらない

なにものにもこだわらない

作家
森博嗣
出版社
PHP研究所
発売日
2019-03-07
ISBN
9784569842332
作品情報を見る
夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

作家
森博嗣
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-13
ISBN
9784022737014
作品情報を見る
考えなしの行動?

考えなしの行動?

作家
ジェーン・フルトン・スーリ
Ian Hideo Levy
森博嗣
出版社
太田出版
発売日
2009-06-18
ISBN
9784778311797
作品情報を見る
猫の建築家

猫の建築家

作家
森博嗣
佐久間真人
越智 めぐみ
出版社
光文社
発売日
2002-10-01
ISBN
9784334923709
作品情報を見る
科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

作家
森博嗣
出版社
幻冬舎
発売日
2011-06-29
ISBN
9784344982208
作品情報を見る

「森博嗣」人気の作品ランキングをもっと見る

「森博嗣」の関連画像・写真

「森博嗣」の関連画像・写真をもっと見る