読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「森博嗣」のレビュー・書評

決定!「コロナの時代の読書」特選レビュー3作 その1

決定!「コロナの時代の読書」特選レビュー3作 その1

ポストコロナではなく、ウィズコロナ時代となるのではないか、とも言われている現在。当たり前のように存在していた私たちの日常が、いま少しずつ変わろうとしている。そして人々の想像力のありようもまた、日々変化しているように思われる。そんな歴史の転…

もっと見る

13話以下で完結、 大満足! なおすすめ一気見不可避アニメ10選

13話以下で完結、 大満足! なおすすめ一気見不可避アニメ10選

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が続く中、ダ・ヴィンチニュースがおすすめする「おうち時間充実!」のための読書・エンタメをお届けします。 《以下の記事は(2020年1月)のリバイバル紹介です》 外出自粛が続く昨今、もう準備していた本やマンガ…

もっと見る

職場の空気、人の目、見栄の「モヤモヤ」はこうやって振り切ろう。こだわりを捨てるメリットとは?

職場の空気、人の目、見栄の「モヤモヤ」はこうやって振り切ろう。こだわりを捨てるメリットとは?

「こだわりの逸品」と聞くと、腕利きの職人やシェフの力作といった印象を受ける。こだわりは良いもの、そんなイメージを持っている人は多いはず。しかし、漢字では“拘り”と書く。拘束や拘留という言葉があるように、そこには自由を制限し、何かに囚われてい…

もっと見る

「頑張れば叶う!」にうんざり…。そんなあなたは森博嗣流「悲観力」で生き残れ!

「頑張れば叶う!」にうんざり…。そんなあなたは森博嗣流「悲観力」で生き残れ!

ペットを見ているとわかることがある。「こうすれば、ああなる」と学習していることである。それは人間にも同じことがいえるだろう。しかし、人間にはひとつ違うところがある。それは「こうしても、ああならない場合もある」「ああならなかったら、どうしよ…

もっと見る

「人からすすめられた本は読まない」 人気作家が語る驚きの読書論

「人からすすめられた本は読まない」 人気作家が語る驚きの読書論

あなたは何をもとに本を選んでいるだろうか。TVや雑誌での紹介、友人やレビューサイトでの評判、書店で表紙にピンときた…などなど。私は直感で選ぶときもあれば、「話題になったものは読んでおかなくては!」という日本人的感覚が作用して、つい買い過ぎてし…

もっと見る

人気作家・森博嗣が提唱する、驚きの集中力不要論。だらだら推奨の理由とは?

人気作家・森博嗣が提唱する、驚きの集中力不要論。だらだら推奨の理由とは?

「もっと集中力があればいいのになぁ」という場面は多々ある。目の前のことにすぐ取り組まなければならないのに、なんだかソワソワして違うことを始めてしまって……。なかなか片付かないタスクを目の前にため息をついてしまう。 そんな悩みを打ち破るタイトル…

もっと見る

美少年を取り巻く連続殺人事件発生。アッと驚くそのトリック!

美少年を取り巻く連続殺人事件発生。アッと驚くそのトリック!

推理小説ほど書くのも読むのも難しいジャンルはないのでは、とつくづく思います。このジャンルに精通すればするほど、簡単なトリックでは物足りなくなるし、詰めが甘い作品では1ページ目からすでに犯人の匂いがしてしまったりして感情移入がしにくく、満足度…

もっと見る

心の隙間に吹き込む秋風にも似た、透明で乾いた世界観

心の隙間に吹き込む秋風にも似た、透明で乾いた世界観

幸か不幸か、原作を読んだのは押井守監督によって映画化されたあとでした。 もちろんね。映画はあくまで映画で、こちらは文芸作品ですよ。 でもね、やっぱり行間に映像から受けた、はかないイメージが浮かんでしまうんですね。 映像を見る前に、本書を読んだ…

もっと見る