読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

真鍋昌平

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
まなべ・しょうへい

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1998年、「憂鬱滑り台」で「月刊アフタヌーン四季賞」大賞を受賞しデビュー。2000年、『スマグラー』で連載デビュー(全1巻)。第2作『THE END』(全4巻)完結後、複数の媒体で短編・シリーズ連載作を発表。04年、「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて『闇金ウシジマくん』を連載。

「真鍋昌平」のおすすめ記事・レビュー

「(朝、女がベッドから目覚めて)男が料理作って待ってたらかっこよくないですか?(笑)」知られざるヤクザの「日常」

「(朝、女がベッドから目覚めて)男が料理作って待ってたらかっこよくないですか?(笑)」知られざるヤクザの「日常」

『ヤクザライフ』(上野友行/双葉社)

 ヤクザの普段の生活と聞いて、多くの人は、任侠映画さながらの指詰めや銃撃戦の抗争などを想像するに違いない。また、この『ヤクザライフ』(双葉社)を書店で見かけた人にしてみれば、表紙絵を描いているのが真鍋昌平氏(漫画『闇金ウシジマくん』の作者)で、同氏描き下ろしの「指詰め」ポストカードという物騒な特典が付くことも、ヤクザに対してバイオレンスなイメージを持つ要因になっているのだろう。

 しかし、一度中身を読み進めれば、そんな固定観念は一挙に覆るはずだ。ヤクザだってFacebookやLINEをするし、料理だってお手のもの。

 カタギにとっては意外なヤクザの「日常」にフォーカスした本書の著者は、上野友行氏。現在、裏社会ライターとして活動しており、これまでに『デキるヤクザの人たらし交渉術』(双葉社)や『「隠れ不良」からわが身を守る生活裏防衛術』(双葉社)などを執筆してきた。

 今作中では上野氏が密着したヤクザ関係者16人の日常が綴られているが、その中からとくにインパクトのある3名のエピソードを見ていこう。

喧嘩から逃げ出すマイル…

全文を読む

『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、初期作品が妻夫木聡主演で映画公開!

『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、初期作品が妻夫木聡主演で映画公開!

 大ヒットコミック『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平の初期連載作『スマグラー』(講談社)を気鋭の映画監督・石井克人が映画化!

 夢に挫折して多額の借金を背負い、闇運送屋として生きることになる主人公を演じるのは妻夫木聡。 共演にも永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかりら豪華な顔ぶれが並ぶ。

 社会の闇を容赦なく描く真鍋昌平とスタイリッシュでエンタメ性豊かな演出力で知られる石井克人のコラボが生み出したこのスリリングなアクション大作は今月22日(土)より全国公開される。

(ダ・ヴィンチ11月号 出版ニュースクリップより) [ddnavi-book]AmazonRakuten9784063107791|small[/ddnavi-book]

全文を読む

「真鍋昌平」のおすすめ記事をもっと見る

「真鍋昌平」のレビュー・書評をもっと見る

「真鍋昌平」の関連画像・写真

「真鍋昌平」の関連画像・写真をもっと見る