読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

星野智幸

職業・肩書き
作家
ふりがな
ほしの・ともゆき

「星野智幸」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

亀梨和也が33人のオレ(ワタシ)を演じる衝撃シネマ『俺俺』の原作本

亀梨和也が33人のオレ(ワタシ)を演じる衝撃シネマ『俺俺』の原作本

同じ顔に、同じ好み、考え方や価値観まで今の自分とそっくりおんなじ。ある日、自分が増殖して、世界が自分だらけになってしまったら、あなたは一体どうしますか?

『俺俺』は月刊誌『新潮』に連載され、2011年第5回大江健三郎賞を受賞した作品です。家電量販店で働き平凡な毎日を送る28歳の「俺」が、ほんの出来心でオレオレサギを働いたことをきっかけに何かがゆがみ始め、重層的な無限の俺俺パラレルワールドにからめとられてゆく、ブラックでトリッキーなストーリー。「俺」が増殖してゆく展開はシュールでいながらちょっぴりコミカル。3人の「俺」が出会い、なまぬるい自己愛ワールド「俺山」を結成するあたりまでは面白く読み進めることができました。他者との違和感に生きづらさを感じる20代男子にとって、「他者を排除した、自分だけしかいない気楽な世界」は、自由に呼吸できるパラダイスの象徴なのかもしれません。

しかし「俺ら」の意識にある種のパラダイムシフトがおとずれたことで、愛しくもキッチュな俺ワールドはあっさり崩壊。同じ「俺」でも、「許せない俺」が存在することへの気づきから、血なまぐさい共…

全文を読む

「星野智幸」のレビュー・書評をもっと見る

「星野智幸」の関連画像・写真

「星野智幸」の関連画像・写真をもっと見る