読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

清水ミチコ

清水ミチコ 写真:種子貴之
職業・肩書き
作家、タレント・その他
ふりがな
しみず・みちこ

プロフィール

最終更新 : 2021-07-20

岐阜県生まれ。1983年よりラジオ番組の構成作家として活動し、86年に渋谷ジァン・ジァンにて初ライブ。87年『笑っていいとも! 』レギュラーとして全国区デビューを果たす。独特のモノマネと上質な音楽パロディで注目され、幅広い分野で活躍。『私のテレビ日記』『主婦と演芸』など著書多数。

「清水ミチコ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

清水ミチコ「“会って話す”ってやっぱり楽しい!」25組・50名の豪華ゲストとアドリブで語らう気ままな鼎談集《インタビュー》

清水ミチコ「“会って話す”ってやっぱり楽しい!」25組・50名の豪華ゲストとアドリブで語らう気ままな鼎談集《インタビュー》

「3って不思議な数字ですよね。旅行に出かけてもふたりだと意見がぶつかるし、4人だといつのまにか2組に分かれるでしょう? でも3人なら、2対1で意見が分かれても必ずひとりが折れる(笑)。この企画も、続けるうちに“あ、すごくバランスがいい”と気づいて毎回楽しみになりました」

(取材・文=野本由起 撮影=種子貴之)

『婦人公論』で、3人でおしゃべりする連載企画を始めて早4年。このたび、『三人寄れば無礼講』に続く2冊目の鼎談集が刊行された。収録されたのは、計25組、50名のゲストとの気ままなトーク。アンガールズや三四郎のようにコンビで参加するゲストもいれば、作家の朝井リョウさんとラジオパーソナリティ・タレントの伊集院光さん、ミュージシャン・作家の尾崎世界観さんとお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるかさんといった異業種の組み合わせも。清水さんを含む3人が本音をぶつけ合うことで、笑いや共感、驚きなどさまざまな化学反応が生まれている。 「まず“この人に会いたい”という方をひとり提案して、OKが出たら“この人に合うのはどんな方だろう”と、もうひとりを選ぶんです。キ…

全文を読む

妖怪はこう探せ! 現代の何気ない風景に潜む“怪”

妖怪はこう探せ! 現代の何気ない風景に潜む“怪”

『妖怪文化入門』(小松和彦/角川学芸出版)

 日本人の妖怪愛は限りなく深い。歴史を見れば、古代から連綿として、絵に物語にと妖怪を愛し続けてきた。

 日本中から愛される妖怪マンガ『ゲゲゲの鬼太郎』を生み出した水木しげるを特集した『ダ・ヴィンチ』6月号では、そんな妖怪ダイスキDNAを呼び覚ましてくれる文庫本を紹介。また、現代でも妖怪を足で探し続けるフィールドワーカー・宮本幸枝さんが寄稿している。   ――最強の妖狐といわれる「九尾の狐」が、追い詰められ絶命するときに変化した“巨大な毒の石”が、那須湯本にある殺生石だといわれています。現在の殺生石はかなり細かく粉砕されており、どれが九尾の狐だった(といわれる)石なのかまったくわからないという状況ですが、その周辺だけぽっかりとまさに毒気に当てられたように荒れていて、まるで魔界に足を踏み入れたような気分になれます。

 殺生石は、その謂れやスケールも立派な、古くから知られた有名妖怪観光地ですが、その他さまざまな妖怪スポットは必ずしも殺生石のように「それなりに見ごたえがある」ものだけではありません。

 妖怪スポットを訪…

全文を読む

芸人と主婦を行き来する、清水ミチコの爆笑エッセイ

芸人と主婦を行き来する、清水ミチコの爆笑エッセイ

『主婦と演芸』(清水ミチコ/幻冬舎)

 あなたは誰かにモノマネをされた経験があるだろうか? だいたいその反応は「全然似てない」「私はそんなこと言わない」など否定的で、自分に似ていると肯定的に捉えられる心の広い人は少数派だろう。しかし他の誰かがモノマネされた場合には、「そうそう、◯◯ってそういうこと言いそうだよね」「その仕草、やってるやってる!」などと笑ってしまう人が多い。それは、自分で自分のことを客観視できないこと、そして「自分はそんなはずじゃない」という自意識が邪魔することが原因だ。

 モノマネの第一歩、それは客観的な「観察眼」にある。その人をその人たらしめている大きな要素、声色や表情、仕草を観察することはもちろんだが、その人が意識していない部分、口癖やリズム、思考の組み立て方などをエッセンスとして注入することによって、「そういうことを言いそう」というモノマネが成立するのだ。しかしモノマネというのは、エッセンスを濃くするほど戯画化し、やればやるほど煎じ詰められて、モノマネの対象者からかけ離れ、新たな人格を持つ。そうなるとモノマネを見た本人から嫌われ…

全文を読む

「清水ミチコ」のおすすめ記事をもっと見る

「清水ミチコ」の本・小説

共感百景

共感百景

作家
阿諏訪泰義
安部コウセイ
SHINCO
鈴木圭介
清野とおる
田中卓志
徳井義実
豊本明長
鳥居みゆき
西加奈子
西村賢太
能町みね子
有野晋哉
日高央
星野源
増子直純
又吉直樹
マンボウやしろ
桃野陽介
光浦靖子
山田真歩
レイザーラモンRG
安藤裕子
大橋裕之
角田晃広
かせきさいだぁ
金子学
クボケンジ
清水ミチコ
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2014-03-15
ISBN
9784047294806
作品情報を見る

「清水ミチコ」人気の作品ランキングをもっと見る