読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

清野とおる

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
せいの・とおる

「清野とおる」のおすすめ記事・レビュー

いざ1人酒! 並べられたゴミ、満面の笑みの女…次々と不穏な気配が/東京怪奇酒⑥杯目

いざ1人酒! 並べられたゴミ、満面の笑みの女…次々と不穏な気配が/東京怪奇酒⑥杯目

清野とおる氏が友人知人他人から直接聞いた「怪談」の現場に実際に足を運んで「酒」を飲む! 奇妙な空き地の横に立つアパートの話を聞いて現場に

<続きは本書でお楽しみください…!>

全文を読む

深夜に窓の外から尋常じゃない数の話し声が…でも足音がしない?/東京怪奇酒⑤杯目

深夜に窓の外から尋常じゃない数の話し声が…でも足音がしない?/東京怪奇酒⑤杯目

清野とおる氏が友人知人他人から直接聞いた「怪談」の現場に実際に足を運んで「酒」を飲む! 次は「奇妙な空き地」の話。とあるアパートで起きた怪奇現象について話を聞いてみたところ…。

<6杯目に続く>

全文を読む

「何か」が「いる」303号室の前に座り込み、いざ1人酒…!/東京怪奇酒④杯目

「何か」が「いる」303号室の前に座り込み、いざ1人酒…!/東京怪奇酒④杯目

清野とおる氏が友人知人他人から直接聞いた「怪談」の現場に実際に足を運んで「酒」を飲む! コンビニで1缶だけ缶チューハイを購入し、1人きりでいざ、赤羽の怪奇アパートへ…!

<5杯目に続く>

全文を読む

赤羽の怪奇アパートに何も知らない友人を連れて行ってみると…/東京怪奇酒③杯目

赤羽の怪奇アパートに何も知らない友人を連れて行ってみると…/東京怪奇酒③杯目

清野とおる氏が友人知人他人から直接聞いた「怪談」の現場に実際に足を運んで「酒」を飲む! 赤羽の飲み屋で出会った男性に聞いたアパートへ、何も知らない友人たちを連れて行ったらどうなるのか…?

<4杯目に続く>

全文を読む

赤羽の酒場で聞いた、女がじっと見つめてくるアパートの話/東京怪奇酒①杯目

赤羽の酒場で聞いた、女がじっと見つめてくるアパートの話/東京怪奇酒①杯目

日常と非日常の狭間で飲酒しよう!!! 清野とおる氏が友人知人他人から直接聞いた「怪談」の現場に実際に足を運んで「酒」を飲む! 嗚呼、一度でいいから「オバケ」を見たい。 でも怖い…けど見たい…怖い怖い… やっぱ見た~~~~~~い!!!!! そんな「東京怪奇酒」の試し読みがダ・ヴィンチニュースに登場です!

<2杯目に続く>

全文を読む

怖すぎる怪奇現場でお酒を飲むワケは……? 『東京怪奇酒』清野とおるさんにインタビュー&怪奇酒!

怖すぎる怪奇現場でお酒を飲むワケは……? 『東京怪奇酒』清野とおるさんにインタビュー&怪奇酒!

『東京怪奇酒』(清野とおる/KADOKAWA)

 怪奇現象の体験者から直接話を聞き、さらにその現場で飲酒する――そんなエクストリームな行為「怪奇酒」。『東京都北区赤羽』などのディープなエッセイ・ルポ漫画で知られる、清野とおるさんの実録漫画『東京怪奇酒』は、清野さんがさまざまな怪奇スポットで「怪奇酒」を行う、「怪談×グルメ」の異色作にして、清野さんの怪談愛溢れる意欲作。そんな『東京怪奇酒』の、とあるエピソードにまつわる場所で、清野さんに加え、掲載誌「東京ウォーカー」の加藤玲奈編集長にも同席していただいて、お話を伺った。

まずは怪奇現場で一杯!

 インタビューの前に一行が訪れたのは、都内某所の閑静な住宅地のただなかにある、何の変哲もない公園。「この道を通って、公園に突き当たった時に、確かにあったんです……」T字路の突き当りにある公園を指さして、加藤編集長は言った。そこには真っすぐに生える木々と、その隙間から覗く冬空しか見えない。しかし加藤編集長は続ける。「そこに確かに“大仏”があったんです」

 ここは、『東京怪奇酒』に収録された加藤編集長自身の怪奇体験「幻の…

全文を読む

『東京ウォーカー』、平成最後の大リニューアル!

『東京ウォーカー』、平成最後の大リニューアル!

 ダ・ヴィンチニュース読者のみなさま、はじめまして!『東京ウォーカー』編集長の加藤玲奈(かとうれな)と申します。

 私が編集長になったのは今年の7月からのことで、ほやほやの新米編集長なのでちょっとだけ自己紹介させていただきますと…

 異動までの2年間は『レタスクラブ』という生活情報誌にいて、その前はず――っと、コミックエッセイというジャンルの編集者でした。

 コミックエッセイでは作家さんの取材に同行することが多く食べたり、飲んだり、走ったり、妖怪探しに出かけたり

 うっかりカレー大食い大会で優勝したりしました。

 そんな食への執念を買われたのかどうか、レタスクラブでも料理ページの担当だったのでジャンルは違えど、ずっと食べることや飲むことに全体重を乗っけてきました。

 そしてこの度、東京ウォーカーという間もなく30周年の雑誌の編集長となったのです。

 リニューアルのコンセプトについては、漫画家の新久千映さんと清野とおるさんが漫画を描いてくださったのでこちらをご覧いただくとして、今日はとにかく熱量高め!なアツアツコンテンツの数々をご紹介いたします。

 まずは表…

全文を読む

清野とおるの“おこだわり”が『レタスクラブ』に電撃移籍!? 本人に直撃も「忖度をよろしく」との回答

清野とおるの“おこだわり”が『レタスクラブ』に電撃移籍!? 本人に直撃も「忖度をよろしく」との回答

「チーズグラタンコロッケバーガーの男」収録の4巻

 現在『モーニング』で連載中の清野とおる『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(講談社)。同作品が『レタスクラブ』へ電撃移籍する……という謎の噂が飛び込んできた。そこで『ダ・ヴィンチニュース』では、清野氏本人にインタビューを敢行。移籍の真相を聞いた。

――『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』が『レタスクラブ』へ移籍するという話を聞きました! 今回の移籍の背景には、何か『モーニング』や担当編集者への不満があったのでしょうか?

清野氏 不満というか絶望というか、「一度すべてをオジャンにして無に帰したい」という気持ちは、世に生を受けて以来の懸案ですので、今回の「移籍」とは関係ありません。ただ、担当編集者が僕をさしおいて、『おこだわり』単行本4巻に登場した「チーズグラタンコロッケバーガーの男」の家に遊びに行ったり、今年の解禁日に「男」と2人で、わざわざ赤羽まで来て、グラコロを食べてはイチャイチャしてるのは、不満というか気味が悪いなとは思っています。

――しかし『レタスクラブ』には『その「おこだわり」~』の…

全文を読む

「清野とおる」のおすすめ記事をもっと見る

「清野とおる」のレビュー・書評をもっと見る

「清野とおる」の本・マンガ

共感百景

共感百景

作家
阿諏訪泰義
安部コウセイ
SHINCO
鈴木圭介
清野とおる
田中卓志
徳井義実
豊本明長
鳥居みゆき
西加奈子
西村賢太
能町みね子
有野晋哉
日高央
星野源
増子直純
又吉直樹
マンボウやしろ
桃野陽介
光浦靖子
山田真歩
レイザーラモンRG
安藤裕子
大橋裕之
角田晃広
かせきさいだぁ
金子学
クボケンジ
清水ミチコ
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2014-03-15
ISBN
9784047294806
作品情報を見る

「清野とおる」人気の作品ランキングをもっと見る