読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

西村賢太

職業・肩書き
作家
ふりがな
にしむら・けんた

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1967年、東京都生まれ。作家。2004年、『文學界』にて「けがれなき酒のへど」でデビュー。07年、『暗渠の宿』で野間文芸新人賞、11年『苦役列車』で芥川賞受賞。著書に『二度はゆけぬ町の地図』『廃疾かかえて』など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2007年
『暗渠の宿』第29回野間文芸新人賞
2011年
『苦役列車』第144回芥川賞

「西村賢太」のおすすめ記事・レビュー

西村賢太対談集『薄明鬼語』刊行記念サイン会開催

西村賢太対談集『薄明鬼語』刊行記念サイン会開催

『薄明鬼語 西村賢太対談集』 (西村賢太 扶桑社)

芥川賞作家・西村賢太の対談集『薄明鬼語』(扶桑社)が刊行された。その発売を記念して、サイン会が東京・三省堂書店 有楽町店と、大阪・紀伊國屋書店 グランフロント大阪店の2箇所で開催される。

同書は作家、俳優、タレントなど多彩な面々と女性関係やテレビ業界と文学界についてなど、文学の枠を超えて語り合っている一冊。

「登場人物の心境や、どういうふうに攻略を進めていったかは書けるんですけど、身体性を書くのは一番難しい」 木内昇 「離婚したとき、初めて自殺を考えたよね。(中略)離婚しなければわからなかった音楽もある」 ダイアモンド☆ユカイ 「降板するってこと自体も、経済的な損失を受けてまで降りたい理由があるってことだから、僕としてはアリだと思っている」 水道橋博士

そのほかにも、田中慎弥、本谷有希子、六角精児、テリー伊藤、マツコデラックスなど。

刊行記念サイン会の東京会場では、『スナックあるある』(講談社)を刊行した玉袋筋太郎氏との合同サイン会となる。玉袋氏は『薄明鬼語』帯にコメントを寄せており、当日も赤裸々な二人の…

全文を読む

注目の新刊 『歪んだ忌日』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『歪んだ忌日』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

人生の先行きに不安と畏れを抱く15歳の貫多。同居する女に怒罵と暴言を浴びせかける貫多。没交渉だった母親からの手紙に動揺する貫多。大切な師のために〈清造忌〉を挙行する芥川賞作家となった貫多——。ベストセラー『苦役列車』の主人公・貫多を描く6編収録。

全文を読む

注目の新刊 『棺に跨がる』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『棺に跨がる』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

秋恵という同棲相手を得た貫多は、ある日つまらないことから暴力を振るい、秋恵に怪我をさせてしまう。その瞬間から混迷を深めてゆく二人の関係。私小説を再生させた著者が、人間の滑稽さ、真剣さを貫多の行動を通して描きだす、傑作連作小説集。

全文を読む

草食系男子から脱却するために。心を鍛える13冊

草食系男子から脱却するために。心を鍛える13冊

 世界同時不況、超高齢社会、ゆとり教育批判……。今の20代男性は不幸なことに、将来のビジョンが描きにくく、批判されやすい。そんな彼らは何を拠りどころに生きていくべきか。環境に惑わされず、自身の内面にこそ真実を見出す方法のキーワードは「戦う男」だ。

 『ダ・ヴィンチ』10月号では、20代草食系男子たちに喝を入れる「心を鍛える文庫13冊」を紹介している。

 強くなるため、まず必要なのは「断る・主張する」力。 討論番組の論客としても知られる政治学者・姜尚中の自伝『在日』。二つの国の間で揺れながら自分自身を見つめてきた経験が、彼が発する言葉に説得力を持たせていることがよくわかる1冊だ。また、大企業のリコール隠しに立ち向かう中小企業の社長の姿を描いた小説『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)など5冊を紹介。衝突を恐れず主張を貫く力は、自分の意見があってこそ。そのうえでノウハウを獲得せよ!

■『在日』姜尚中 集英社文庫  ■『空飛ぶタイヤ』(上・下)池井戸 潤 講談社文庫 ■『大人力検定』石原壮一郎 文春文庫PLUS  ■『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』梯 久美子…

全文を読む

西村賢太の芥川賞はお墓参り効果!? “墓マイラー”が急増中

西村賢太の芥川賞はお墓参り効果!? “墓マイラー”が急増中

『苦役列車』(新潮社)で芥川賞に輝き、その無頼ぶりで注目を集めている作家・西村賢太だが、意外に信心深い一面があるようだ。今、発売中の『小説現代』(講談社)9月号の連載エッセイで、芥川龍之介の墓に3度も墓参りしていたことを明かしているのだ。

西村によると、1度目の墓参りははじめて芥川賞にノミネートされたときのこと。賞をとりたい西村は、芥川の墓への願掛けを思い立ち、東京・巣鴨にある慈眼寺におもむく。しかも、他の候補者が先にきてお供えをしていたらそれらを「蹴散らかし」てやろうと、悪辣なことまで考えていたらしい。もっとも、そのときの選考会では、西村の作品が「真っ先に議論の対象外」になって落選。西村は、「墓参りなど無意味なもの」と悟って、しばらく見向きもしなかった。

ところが、昨年、芥川賞を受賞するや態度を豹変させ、芥川の命日に「お礼参り」と称して墓参。今年も「何やらどうでも足を向けたい」と、三たび墓参りに出かけ、「このお礼参りは向後も私の夏の恒例行事になるであろう」と文章をしめくくっている。

らしいのか、らしくないのかよくわからない西村の墓参りだが、それはとも…

全文を読む

西村賢太のネガキャンは炎上マーケティングか、本気か

西村賢太のネガキャンは炎上マーケティングか、本気か

 ついに封切られた、山下敦弘監督の映画『苦役列車』。公開前から原作者・西村賢太の「どうしようもなくつまらない映画」といった“酷評ぶり”が話題を呼んでいたが、公開初日の舞台挨拶では「こうして映画になって、とても嬉しく思っています」と発言。ネット上では「(酷評は)炎上マーケティングを狙っているのでは?」というような意見も飛び交っている。果たして、西村の真意はどこにあるのだろうか?

現在発売中の『新潮』8月号に掲載されている山下監督との対談では、冒頭からR-15指定であることに不満を漏らすという穏やかでない雰囲気でスタート。西村本人がモデルとなっている主人公・貫多を演じる森山未來が関西出身であることにも触れ、「台詞回しが僕の考える貫多とは違いました」とバッサリ。たしかに貫多は「嫌味なくらい東京人であることに誇りを持って」おり、そこにプライドが集約している人物。映画でも貫多が喋る江戸弁のニュアンスを大事にしてほしかったようだ。

西村の批判は続く。準備稿の台本では「小説を書きたいんですよね」となっていた台詞が、映画では「なんか書きたいんですよね」に変更されてい…

全文を読む

反面教師で自己啓発!? 愛すべきダメダメ主人公本から人生を学ぶ

反面教師で自己啓発!? 愛すべきダメダメ主人公本から人生を学ぶ

隣の芝生は青いラコ。ボクも優秀なラッコを見るとつい妬ましく思ってしまうラコ。でも、そんな時はダメ主人公が登場する本を読んで、元気をもらうよ。例えば7月14日に公開される映画『苦役列車』。主人公・北町貫多には「人生捨てたもんじゃない」って思わせてもらったよね! そんなわけで今回は『苦役列車』並みにダメ主人公が登場する本を紹介するラコ。反面教師的に読んで自己啓発してね! 前向きすぎる自己啓発本に疲れたアナタ!ぜひお試しを! ⇒映画オフィシャルサイト

全文を読む

西村賢太、マツコ・デラックスに「下着は男モノ?」 

西村賢太、マツコ・デラックスに「下着は男モノ?」 

 いまやその姿をテレビで観ない日はないと言っても過言ではないコラムニストのマツコ・デラックスと、芥川賞受賞時の「風俗に行こうかと考えてた」発言や、『笑っていいとも!』での「変態プレイ」発言でお茶の間を震撼させた作家・西村賢太。テレビ界と文芸界の規格外人物ともいうべき2人が、現在発売中の『en-taxi』春号で対談を行っている。 対談は、2人の持ち味ともいえる“忌憚ない話”がたっぷり。若い女性から届いた手紙や、ファンレターに記載されたメールアドレスにはすべて返事を出していたという西村だが、色紙狙いだったファンに当たってからは、「もう、すべて金で解決することに決めました。あらゆる種類の風俗、それで十分です。手紙が届いても、これからは返信しない態度を貫こうと決めてるんです」と心をあらためたよう。

また、マツコから好きな女性のタイプについての質問に対しても、「大人しくて口答えしない女性ですね。それから、殴っても出て行かない女」と、女性ファンを取り込もうといった媚びが清々しいまでに感じられない“西村節”を連発。

一方のマツコも、何年も恋愛やセックスがなく過ごし…

全文を読む

「西村賢太」のおすすめ記事をもっと見る

「西村賢太」のレビュー・書評をもっと見る

「西村賢太」の本・小説

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫)

蠕動で渉れ、汚泥の川を (角川文庫)

作家
西村賢太
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041076460
作品情報を見る
藤澤清造短篇集 一夜/刈入れ時/母を殺す 他 (角川文庫)

藤澤清造短篇集 一夜/刈入れ時/母を殺す 他 (角川文庫)

作家
藤澤 清造
西村賢太
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-24
ISBN
9784041079614
作品情報を見る
どうで死ぬ身の一踊り (角川文庫)

どうで死ぬ身の一踊り (角川文庫)

作家
西村賢太
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
9784041076477
作品情報を見る
藤澤清造追影 (講談社文庫)

藤澤清造追影 (講談社文庫)

作家
西村賢太
出版社
講談社
発売日
2019-05-15
ISBN
9784065155103
作品情報を見る
夜更けの川に落葉は流れて

夜更けの川に落葉は流れて

作家
西村賢太
出版社
講談社
発売日
2018-01-14
ISBN
9784062208932
作品情報を見る
一私小説書きの日乗 新起の章

一私小説書きの日乗 新起の章

作家
西村賢太
出版社
本の雑誌社
発売日
2018-11-20
ISBN
9784860114190
作品情報を見る
夢魔去りぬ (講談社文庫)

夢魔去りぬ (講談社文庫)

作家
西村賢太
出版社
講談社
発売日
2018-01-16
ISBN
9784062938150
作品情報を見る
羅針盤は壊れても

羅針盤は壊れても

作家
西村賢太
出版社
講談社
発売日
2018-12-07
ISBN
9784065138045
作品情報を見る

「西村賢太」人気の作品ランキングをもっと見る

「西村賢太」の関連画像・写真

「西村賢太」の関連画像・写真をもっと見る