読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「西島秀俊」のレビュー・書評

ヤクザ映画に追い風!? 令和の時代に「任俠」シリーズあり! 世の中の閉塞感に風穴を開けるのは“阿岐本組”かもしれない!

ヤクザ映画に追い風!? 令和の時代に「任俠」シリーズあり! 世の中の閉塞感に風穴を開けるのは“阿岐本組”かもしれない!

 ヤクザはヤクザでも、そんじょそこらの堅気より善人でお人好し。困っている人を見ると放っておけず、世直しに命をかけるあまり組員たちへの無茶振りもハンパない……。  そんな愛すべき親分率いる阿岐本組の悪戦苦闘ぶりが痛快な「任俠」シリーズ。『任俠書房』『任俠学園』『任俠病院』『任俠浴場』とこれまで発売された文庫本はシリーズ累計65万部を超え、映画化を期待する声も多かった。  しかし、「暴力団対策法や暴力団排除条例が施行された影響で、大手映画配給会社は軒…

もっと見る

原作者は「この映画が好き」と語り、西島秀俊も撮影秘話を披露。『任俠学園』決起大会をレポート!

原作者は「この映画が好き」と語り、西島秀俊も撮影秘話を披露。『任俠学園』決起大会をレポート!

 義理と人情を大切にする昔かたぎのヤクザたちが、傾いた会社や学校を立て直す……。痛快な“世直しモノ”としても、読んでためになる“お仕事小説”としても楽しめる今野敏の「任俠」シリーズ。  文庫本はシリーズ累計で64万部という大ヒットとなり、幅広い世代からファンを獲得してきたが、ついにその映画版が9月27日に公開に。映画化されるのは、荒れ果てた私立高校を再生するシリーズ第2作の『任俠学園』。西島秀俊×西田敏行のW主演というキャスティングも含め、公開前から話題を呼んでいる。…

もっと見る

あの一言が夫婦の“離婚スイッチ”を押した…信頼関係をブチ壊すNGワード

あの一言が夫婦の“離婚スイッチ”を押した…信頼関係をブチ壊すNGワード

(C)NTV  水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)は、ワケありの過去を持つ主人公・菜美(綾瀬はるか)がひょんなことから主婦となり、街で起こるトラブルを解決していくストーリーです。citrusでは本ドラマの連動企画として、各放送回で取り上げる社会問題にまつわる記事を掲載。さまざまなジャンルに精通したcitrusオーサーが、ドラマをより深く楽しむためのヒントを提供していきます。 ~『奥様は、取り扱い注意』連動企画 Vol.10~…

もっと見る