読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

西尾維新

職業・肩書き
作家、マンガ家
ふりがな
にしお・いしん

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1981年生まれ。2002年『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』でメフィスト賞を受賞しデビュー。同作から始まる〈戯言〉シリーズで一躍ブレイク。〈世界〉シリーズ、〈物語〉シリーズ、〈刀〉シリーズ、〈美少年〉シリーズなど著書多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2002年
『クビキリサイクル』第23回メフィスト賞

「西尾維新」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

西尾維新×大暮維人『化物語』コミカライズ連載スタートに大反響!

西尾維新×大暮維人『化物語』コミカライズ連載スタートに大反響!

『週刊少年マガジン』15号(講談社)

 2018年3月14日(水)に発売された『週刊少年マガジン』15号より、大暮維人の新連載『化物語』がスタート。ファンから「これはとんでもないコラボきたな!」「連載開始待ってましたー!」と大反響が巻き起こっている。

 原作は小説家・西尾維新が2006年に発表した同名小説で、2009年には「シャフト」によってアニメ化もされた人気シリーズ。コミカライズ発表時には担当漫画家が伏せられて大きな話題を呼んだが、『エア・ギア』『天上天下』などで知られる大暮が担当することに。

 表紙&巻頭カラーを飾った同作は、表紙から「現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! マガジンにしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!」とのコピーを掲載。カラーページでは主人公・阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎが描かれ、「化物はやってこない」「はじめからそこにいる。いつも。どこにでも」というモノローグからスタートしている。

 大暮は巻末コメントで、「維×維コンビの『化物語』よろしくお願いします!」とアピール。コラボにファンは興奮を隠しきれないようで、「西尾維新×…

全文を読む

西尾維新×河下水希の豪華タッグ新作読み切りに反響続々「めちゃくちゃ面白いし女の子も超かわいい!」

西尾維新×河下水希の豪華タッグ新作読み切りに反響続々「めちゃくちゃ面白いし女の子も超かわいい!」

(C)西尾維新・河下水希/集英社

 2017年12月11日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』2・3合併号に、西尾維新×河下水希のタッグ読み切り『パートスリーズ』が登場。読者から「西尾×河下のタッグとか熱すぎるでしょ!!」「すごいパワーあふれる読み切りだった」「めちゃくちゃ面白いし女の子も超かわいい!」と大きな話題を呼んでいる。

 センターカラーで掲載された同作は、とある中学校で勃発した「三つ編み切り(スリラースリーキラー)」事件をめぐる学園ミステリー。原作は西尾が担当し、青春ラブコメ『いちご100%』の河下がマンガを描く。

 物語は廊下の掲示板に1本の三つ編み(パートスリー)が磔にされている場面からスタート。生徒会室は事件の解決に乗り出すものの、犯人どころか被害者の女生徒すら特定できない。そこで一癖ありそうな科学部の面々に協力を要請し、三つ編みの持ち主を特定させることに――。

 生徒たちの“髪型”がテーマの一つになっている同作。生徒会室の室長・幹本海樹は姫カット、書記・根来シャムはツインテール、会計・枝切そろばはアップといった具合に様々な髪型の女の子が登…

全文を読む

『いちご100%』河下水希が西尾維新とタッグ!『ジャンプ』人気作家による新作読み切りに期待の声

『いちご100%』河下水希が西尾維新とタッグ!『ジャンプ』人気作家による新作読み切りに期待の声

『ジャンプ』1号(集英社)

『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念プロジェクトの一環として、西尾維新&河下水希、古味直志、久保帯人といった人気作家の読み切り作品が登場することが明かされた。読者からは「新年からジャンプ豪華すぎるんじゃない!?」「どんな作品になるんだろう…!」と驚きの声が上がっている。

(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

 2017年12月11日(月)発売の『ジャンプ』2・3合併号には、『いちご100%』の河下水希が西尾維新とタッグを組んだ新作読み切り『パートスリーズ』が登場。次号予告には河下による3人の少女のイラストが描かれ、ある生徒会の物語であることが明らかになっている。

 さらに2018年1月6日(土)に発売される『ジャンプ』6号では、『ニセコイ』の古味直志による読み切りが登場。古味は2016年の『ニセコイ』連載終了以来久々の登場となるので、どのような作品が描かれるのかに注目が集まっている。

 ほかにも2018年の『ジャンプ』では、『BLEACH』の久保帯人、『ピューと吹く! ジャガー』のうすた…

全文を読む

西尾維新、初の展覧会開催決定にファン大興奮!「激アツ… 行くしかない」

西尾維新、初の展覧会開催決定にファン大興奮!「激アツ… 行くしかない」

 『クビキリサイクル』『化物語』『掟上今日子の備忘録』など、ヒット作を次々と生み出し続ける作家・西尾維新。同氏の展覧会「西尾維新大辞展」が2017年7月27日(木)から開催されることが決定し、ファンからは「これ行くまで死ぬわけにはいかない!」と興奮の声が上がっている。

 2002年、『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で「第23回メフィスト賞」を授賞しデビューした西尾。『クビキリサイクル』に始まる「戯言シリーズ」で「このライトノベルがすごい! 2006」1位を獲得。2005年から2006年にかけて発表された『化物語』は「物語シリーズ」としてシリーズ化され、アニメ・ゲーム化を果たす人気作に。2014年に発表された『掟上今日子の備忘録』は、主演に新垣結衣を迎えドラマ化された。

 今回開催される「西尾維新大辞展」は、速筆・多作で知られる西尾作品の中から、「戯言シリーズ」、「〈物語〉シリーズ」、『掟上今日子の備忘録』に始まる「忘却探偵シリーズ」の3シリーズを主軸として、西尾作品の世界を紐解く様々な展示が行われる予定だ。

 西尾にとって初の展覧会となる同…

全文を読む

西尾維新×中村光『十二大戦』アニメ化決定でファンから喜びの声続出中「最強タッグの作品がアニメで観れるとは!」

西尾維新×中村光『十二大戦』アニメ化決定でファンから喜びの声続出中「最強タッグの作品がアニメで観れるとは!」

『十二大戦』(著:西尾維新、イラスト:中村光/集英社)

 西尾維新と中村光という夢のタッグで生まれた小説『十二大戦』がテレビアニメ化されることが決定した。この知らせにファンからは「これはやっばい作品がアニメ化されるぞ!!」「最強タッグの作品がアニメで観れるとはありがてぇ!!」と喜びの声が続出中だ。

 殺し合いを生き延びたものは、どんな願いでもたった一つだけ叶えることができる――。同作は、自身の目的のために子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二人の戦士たちが猛り、殺し、涙する、バトルロワイヤル小説だ。

 集英社の雑誌各社で行われた西尾維新と有名漫画家の連続コラボ読切『大斬 -オオギリ-』で、中村光が漫画を担当した『どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い』の前日談にあたる同作。読み切り掲載時には「ニノさんとか、聖☆おにいさんとか人外感のあるキャラに定評のある中村光と人外大好きな西尾維新の組み合わせはベストマッチすぎるだろ!」「異能肉さんのビジュアル最強に好きなんだが!!」「俺の中で考えうる限り最高のタッグ」とファンか…

全文を読む

『3月のライオン』最新刊は、新たな恋の予感? 西尾維新のコラボ小説収録の特装版も発売!

『3月のライオン』最新刊は、新たな恋の予感? 西尾維新のコラボ小説収録の特装版も発売!

『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)

 ついに10月8日(土)よりTVアニメ放送が開始する『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)。『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が監督を務め、アニメ制作会社シャフトによる久しぶりの連続アニメ放送であり、原作ファン・アニメファン双方の期待を呼んでいる。来春公開の実写映画のビジュアルが解禁され、神木隆之介扮する桐山零のあまりに忠実な再現度も話題となり、ますます盛り上がりを見せる本作、待望の最新12巻がこのたび発売された。また、作家・西尾維新が書き下ろしたコラボ小説を収録した特装版も同時発売される。

 もはや説明する必要もないかもしれないが、本作は15歳にしてプロ棋士となった桐山零が、棋士としても一人の少年としても殻を破って成長していく物語。……にとどまらず、努力して、努力して、血反吐を吐くほど限界に挑んで、それでも辿りつけないかもしれない高みに挑んでいく棋士たちや、ときに不条理で理不尽が襲いかかってくる現実に懸命に立ち向かう周囲の人々を描いた、戦いの物語でもある。

 11巻では、零を暗闇からひっぱりだしてくれた…

全文を読む

『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

『掟上今日子の備忘録』で明らかになった西尾維新、もうひとつの魅力―ミステリー作家への原点回帰

『掟上今日子の備忘録』(西尾維新:著、VOFAN:イラスト/講談社)

 西尾維新氏は2002年にデビューを果たした時点ですでに人気作家の階段をのぼりはじめ、そして、今現在も人気作家であり続ける息の長い作家である。とは言っても、彼自身は未だ若い。デビューした時点でわずか20歳だったわけだからそれも当然のことだ。

 彼の作品の魅力はなんといっても会話劇にある。登場人物の饒舌さは留まることを知らず、話の本筋そっちのけで衒学、雑学、毒舌、言葉遊びなどを縦横無尽に駆使したマシンガントークを繰り広げるのだ。この恐るべき言葉の奔流を20歳の青年がすでに自分の作風としてものにしていたのだからこれは才能というほかないだろう。

 この異能というべき言語感覚と個性的なキャラクターたちを自在に操り、デビュー作でもある『戯言シリーズ』を人気作へと導き、たちまち多くのファンを獲得した。また、自らの作風をより洗練させた『物語シリーズ』はアニメ化もされ、アニメと原作の両方が爆発的なヒットを記録することになるのである。

 そして、今回紹介するのが2014年末に発売され、早々とドラマ化が…

全文を読む

恋愛小説としても、超極上! 西尾維新初心者、ミステリー入門者にもオススメしたい、「最初の1冊」

恋愛小説としても、超極上! 西尾維新初心者、ミステリー入門者にもオススメしたい、「最初の1冊」

『掟上今日子の備忘録』(西尾維新、VOFAN/講談社)

伝奇ミステリーとキャラクター小説の面白さを融合させた、西尾維新の〈物語〉シリーズが全18巻で完結を迎えた。間髪入れずに開幕した新シリーズはなんと、探偵小説だ。

第1作のタイトルは、『掟上今日子の備忘録』。一話完結型の短編がゆるやかに繋がっていく本作は、本格ミステリーとして充実の完成度を誇る。

密室状態の研究室から、実験データが入ったSDカードが消えた。いったい誰が、どこに隠したのか?

「お前の百万円は預かった。返してほしければ一億円用意しろ」。前代未聞の脅迫事件はなぜ起こったか?

日本を代表するミステリー作家が、遊び心で新作原稿を隠した。宝探しのヒントは4つ。隠し場所はどこだ?

トリックの質、ドラマの密度、解決に到るロジックの感触、サプライズの妙……。ミステリーならではの快感が、どの短編にもこれでもかと詰め込まれている。

そのうえで、だ。

本作には、超ド級の個性を持った名探偵が登場する、キャラクター小説としても抜群に面白い。その探偵の左腕には、黒色の太いマジックペンでこう書き込まれている。「私は掟上今日子…

全文を読む

「西尾維新」のおすすめ記事をもっと見る

「西尾維新」の本・マンガ

混物語 (講談社BOX)

混物語 (講談社BOX)

作家
西尾維新
渡辺 明夫
出版社
講談社
発売日
2019-02-06
ISBN
9784065132920
作品情報を見る
余物語

余物語

作家
西尾維新
VOFAN
出版社
講談社
発売日
2019-04-17
ISBN
9784065152256
作品情報を見る
化物語(3)特装版 (講談社キャラクターズA)

化物語(3)特装版 (講談社キャラクターズA)

作家
大暮維人
西尾維新
出版社
講談社
発売日
2018-11-16
ISBN
9784065133149
作品情報を見る
化物語(2) (KCデラックス)

化物語(2) (KCデラックス)

作家
大暮維人
西尾維新
出版社
講談社
発売日
2018-08-17
ISBN
9784065123331
作品情報を見る
掟上今日子の乗車券

掟上今日子の乗車券

作家
西尾維新
出版社
講談社
発売日
2018-10-05
ISBN
9784065132043
作品情報を見る
化物語(1) (KCデラックス)

化物語(1) (KCデラックス)

作家
大暮維人
西尾維新
出版社
講談社
発売日
2018-06-15
ISBN
9784065116173
作品情報を見る

「西尾維新」人気の作品ランキングをもっと見る

「西尾維新」の関連画像・写真

「西尾維新」の関連画像・写真をもっと見る