読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

西野亮廣

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
にしの・あきひろ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

お笑い芸人

「西野亮廣」のおすすめ記事・レビュー

過ちは「努力不足」ではなく「システムエラー」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑩

過ちは「努力不足」ではなく「システムエラー」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑩

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

キミの過ちは「努力不足」ではなく、「システムエラー」だ。

 働き方には三つの選択肢がある。

『専業』か『兼業』か『複業』のどれかだ。

 キミの人生は、どこまでいってもキミのものだから、

 職業を一つに絞る「専業家」になるべきか、

 メインの職業とサブの職業を持つ「兼業家」になるべきか、

 それとも複数の職業を掛け持つ「複業家」になるべきか、

 その答えを決めるのはキミ自身だ。

 キミの人生の責任を取ることができないキミ以外の人間が、キミの決断に口を挟むべきではないとボクは考えている。

 ただ、もしアドバイスを求められたら、今の時代なら、ボクは『複業』をオススメするかな。

 それはボク自身が、これまで複業の恩恵をたくさん受けてきたからだと思う。

 転機となった「25歳」

 ボクの人生の転機は忘れも…

全文を読む

キミの収入源は今の場所で合っているか? 西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑨

キミの収入源は今の場所で合っているか? 西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑨

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

メインの収入源を別に用意して、ライバルと差をつけろ。

「ノベルティー」って知ってる?

 あまり聞きなじみのない言葉だよね。

 ザックリ説明すると、企業が自社商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品のこと。

 ラジオのリスナープレゼントで貰える番組のタイトルロゴが入ったステッカーがあるじゃない?

 あれが「ノベルティー」だね。

 あのステッカーは、パソコンに貼ってもらったり、車に貼ってもらうことを目的としていて、ステッカーを見る度にラジオのことを思い出してもらって、番組の試聴に繫げているわけだ。

 あのステッカーは番組の「宣伝装置」なんだよ。

 起業家さん達が出しているビジネス書も、それ。

 自社のサービスに繫がるようなビジネス書を書き、その本の印税を全て「広告費」に回…

全文を読む

「本業を収入源にするな。」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑧

「本業を収入源にするな。」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑧

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

本業を収入源にするな。

 職業の掛け合わせの話をしたので、ここらで「本業」について一緒に考えたいと思う。

 キミは「本業」について真剣に考えたことがあるかな?

「本業」って、なんだろう?

 多くの人は、「本業=メイン収入」「副業=サブ収入」みたいな感じで決着をつけているけど、キミはどうだ?

 もしキミがこの感じで「本業」と「副業」を捉えていると、この先、結構厳しい戦いになってくると思うよ。

 どういうことか説明するね。

 西野亮廣の本って、そこそこ売れているらしいけど、印税は何に使っているの?

 生々しい話になってくるけど、腹を割って話すよ。

 たとえばボクは、こうして作家の顔も持っている。

 作家のメイン収入といえば「印税」で、印税の相場は、大体売り上げの10%ぐらいかな。

 1500円の本…

全文を読む

芸人・絵本作家・オンラインサロンオーナーの3つを掛け合わせた効果とは? 西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑦

芸人・絵本作家・オンラインサロンオーナーの3つを掛け合わせた効果とは? 西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑦

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

自分の「信用面積」を拡げろ。

『A』に1万時間を投下し、『B』に1万時間を投下して、キミが「1万人に一人」の人材になったら、次は、まったく別の分野の『C』に乗り出して、今度は、そこに1万時間を投下してみよう。

『C』でも「100人に一人」の人材になるんだ。

 キングコング西野の場合だと『C』は「オンラインサロンオーナー」だね。

『A』と『B』と『C』の三つを押さえた人間は、「1/100×1/100×1/100」なので、「100万人に一人」となる。

『A』に3万時間を費やすのなら、『A』『B』『C』にそれぞれ1万時間ずつ費やしたほうが希少価値を上げやすい。

 信用の三角形を作れ

 さて。

『A』『B』『C』の三点を結ぶと、三角形ができるよね?

 さっきまでは『B』と『B』を結ぶ〝線上〟が「需…

全文を読む

自分の価値を上げる「職業の掛け合わせ」の法則! 西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑥

自分の価値を上げる「職業の掛け合わせ」の法則!  西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑥

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

「職業の掛け合わせ」でキミの希少価値を上げろ。

『1万時間の法則』という法則があるんだけど、これがなかなか面白い。

 内容をザックリ説明すると、「一つの分野に『1万時間』費やせば、100人に一人の人材になれますよー」って話。あくまで目安ね。

 1万時間というと、毎日9時間頑張って……3年くらいかな。

 たとえばキミが3年間毎日9時間「お笑い」の学習を続けていれば、キミは「100人に一人」の人材にはなれる。

 ただ、厳しい話、「100人に一人」って、そこまで大したことじゃないんだよね。

 吉本興業には現在6000人の芸人が在籍しているんだけど、皆、お笑いに1万時間を費やした「100人に一人」の人材ばかりなんだもん。

 そして、多くの芸人がこの中で競争を始める。

 だけど、この中での勝敗は、…

全文を読む

「収入が高い人と低い人の違いは何?」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑤

「収入が高い人と低い人の違いは何?」西野亮廣『新・魔法のコンパス』⑤

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

キミの収入を増やすには、キミの希少価値を上げるしかない。

「収入の増やし方」についての話をするね。

 これは教育改革実践家の藤原和博さんから教えていただいて、ボ クが、ここ数年で最も感銘を受けた話。

 詳しくは『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)を読んでみて。

 とっても面白い本なのでオススメです。

 人から聞いた話を我が物顔で語れるのがボクの凄いところだ。

 そもそも、収入が高い人と低い人の違いは何?

 世の中には、給料の安い人と、給料の高い人がいる。

 その分かれ目は何だと思う?

「仕事の大変さ」かな?

 いやいや。

 仕事の大変さでいうと、深夜のコンビニのアルバイトや、真冬の 警備員なんて、メチャクチャ大変だ。

 でも、いわゆる「高給取り」じゃない。

「技術力」かな?

全文を読む

「お金を稼ぐことって、悪いことなの?」西野亮廣『新・魔法のコンパス』④

「お金を稼ぐことって、悪いことなの?」西野亮廣『新・魔法のコンパス』④

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

キミがお金を稼ぐと、 みんなの富が増える。

 ボクたち日本人は「お金」の教育を一切受けてこなかったから、お金に関する知識が乏しい。

 いや、絶望的に乏しい。もうホント、終わってる。

 唯一、お金に関する情報をボクらに提供してくれるのは「テレビ」なんだけど、しかし「テレビ」から流れてくるのは、詐欺やら脱税やら、なんだか悪いことをしてお金を儲けている事件ばっかり。

 おかげで、ボクらはすっかり「お金儲け=悪いこと」という印象を持っちゃった。

 質素倹約こそが日本人の美徳で、今日も「お金を稼いでいる人」が叩かれて、お金を稼ぐことは下品で、卑しい行為となっている。

 たしかに、テレビで取り上げられる成金って、やたらと札束をチラつかせるし、下品だし、ファッションから自宅の内装から、地獄的にダサ…

全文を読む

「お金は他者に提供した“価値”の対価」西野亮廣『新・魔法のコンパス』③

「お金は他者に提供した“価値”の対価」西野亮廣『新・魔法のコンパス』③

“現代の革命家”西野亮廣氏の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。時代に対応し、西野氏が「1時間前後で読める本にする」という意図で執筆した文庫本が『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)だ。めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方とは?

【第1章 お金】

お金は「他者に提供した 労働の対価」ではなく、「他者に提供した 価値の対価」だ。

「仕事量と給料が見合ってない」という不満をよく耳にするんだけど、キミはどうかな?

 そりゃまぁ、どうせ働くなら、なるべく多くの給料を貰いたいよね。

 そう考えるなら尚のこと、押さえておかなきゃいけないルールがある。

 これだ。

 お金は「他者に提供した『価値』の対価」

 お金というのは、他者に提供した『労働』の対価じゃなくて、他者に提供した『価値』の対価なんだ。

 ……ちょっと難しい表現になっちゃってるね。

 でも、これは、すご〜く大事な話なので、頑張って耳を傾けてください。

 たとえばキミが「おむすび」を握ったとする。

 その「おむすび」を、お腹いっぱいの人に売るのと、お腹ペコペコの人に売るのとでは、「提供し…

全文を読む

「西野亮廣」のおすすめ記事をもっと見る

「西野亮廣」のレビュー・書評をもっと見る

「西野亮廣」の本・小説

EMG3-0087 合唱J-POP 混声3部合唱/ピアノ伴奏 えんとつ町のプペル(ロザリーナ) (合唱で歌いたい!JーPOPコーラスピース)

EMG3-0087 合唱J-POP 混声3部合唱/ピアノ伴奏 えんとつ町のプペル(ロザリーナ) (合唱で歌いたい!JーPOPコーラスピース)

作家
西條太貴
西野亮廣
出版社
ウィンズスコア
発売日
2018-07-09
ISBN
9784815202026
作品情報を見る
バカとつき合うな

バカとつき合うな

作家
堀江貴文
西野亮廣
出版社
徳間書店
発売日
2018-10-26
ISBN
9784198647056
作品情報を見る

「西野亮廣」人気の作品ランキングをもっと見る